2016年1月24日 (日)

Crash & Burn / Lisa Gardner

ヴェロという少女は実在するのかしないのか,そして本当の ヴェロは誰なのか。

読者は何度も何度も騙される。

飲酒運転で,渓に落ちたニッキーは,娘のヴェロがいないことに気づき,超人的な力で川岸から道へ這い上がり,助けを求める。

保安官事務所のワイアット刑事は,緊急治療室でニッキーの夫トーマスに会う。 ニッキーは数ヶ月の間に,この事故を含め 3回も脳震盪を経験して,認知症に近い症状に陥っていると言う。 ヴェロも実在しない …

ワイアット刑事は,一家誘拐事件で一緒に仕事をした,元警官で調査会社のテッサ・レオニとデートするようになっていた。 テッサの娘,9才のソフィーには嫌われてもいないが,まだ懐かれてもいない。しかし真剣に結婚を考えている。

ニッキーは テッサの調査会社に「何らかの」調査を頼んでいて,回答の電話を受けた直後に家を飛び出していた。ニッキーが家を出て,渓に落ちるまで,十数時間の空白の時間があった。

ニッキーは半分混濁しながらも,ワイアット刑事に,事故現場に行きたいと言う。 ただの交通事故が,22年前の悪夢の扉を開ける。 ヴィクトリア調の大きな家に,親から売られてきた少女達 …

事件は大きく広がってしまった。 FBIに事件を持って行かれるまでに一日しか無い。

ワイアットは,ニッキーに関する守秘義務は理解するが,ニッキーを守ることの方が優先するとテッサを説得し,テッサも全面的に協力して捜査を続ける。 ( ボストン警察の D.D.ウォレンも,過去の失踪者の調査に協力して,ちょっとだけ登場する。)

救われない物語だが,最後は,贖罪を含むが苦いハッピーエンドになるのはよかった。

Crashandbrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

Touch & Go / Lisa Gardner

非常によく書かれた作品。 85% くらい読んだところで「あれ,もしかしてこの人物なのかな」と思わせるが,謎解き・論理的にも非常にきれいに完結する。

主役は,州警察官から私立探偵になった テッサ・レオニ。ソフィーという8才の女の子を持つシングル・マザーだが,魅力的な人物像だ。 今回始まったこのシリーズは,続いて行くと思う。  ボストン警察の女刑事 D.D.ウォレン(別のシリーズ)も事件の初めに登場する。

リスクも利益も巨大な建設会社で,自ら現場で陣頭指揮をする社長のジャスティン・デンベ。 ジャスティン,妻のリビー,15才の娘 アシュリンの一家がボストンのタウンハウスから,3人のプロにより誘拐される。 大邸宅はデンベ社により建てられており,セキュリティーが破られるはずは無かったが …

拘束された場所は,デンベ社が建設した,まだ使われていない刑務所だった。 監禁されているうちに,一家が実はバラバラだったことが判る。 ジャスティンは浮気をしていて,それを知った 妻・リビーは鎮痛剤(麻薬)中毒になっており,一家は半年の間,会話をしていなかったに等しく,娘・アシュリンは当てつけのように妊娠していた。

バリバリのFBI も出てくるが,テッサと行動を共にする レンジャーのワイアットがとてもいい。 でしゃばらず,助手席に座っているだけで,テッサを和ませるし,相手の前に座っているだけで,尋問されている人間は自然と話し出してしまう。

しかし Lisa Gardner作品では捜査官の睡眠時間が余りにも短い。 もう少し眠った方がいいように思うのは,大きなお世話か。(^^;

Touchandgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

The Burning Room / Michael connelly

LAでは犯罪が大きく減少したため,Open-Unsolved Unit (未解決事件課)が3倍に拡張された。多くの人員が流入したため,ベテランと若手のパートナーに組み直しされた。

ボッシュは 延長雇用の最後の一年になり,最年長の刑事になっていて,メキシコ系の若い女性刑事ソトとパートナーを組むことになった。ボッシュは,未経験な刑事に何かを伝えられたら,いい終わり方だと思った。

ソトには刑事になった理由があった。 7才のソトがいた無認可保育所があるアパートが放火され,彼女だけが助かり他の子供も先生も死んだ。 ソトは独自にこの事件を捜査しようとしようとしていた。

マリアッチ(メキシコ風の楽団)で演奏していた マーセドは突然腹を撃たれ,背骨で留まった弾丸により 10年後に敗血症で死んだ。 市長のゼヤスはマーセドを政治キャンペーンに利用しており,マーセド殺人はボッシュらに任せられた。

マーセドの背骨から殆ど潰れているとは言え,弾丸が取り出されたことにより,銃器がほぼ特定され,捜査の方向は変わった。

身を削って捜査を続けるボッシュとソト。 やがて,マーセド殺人と放火事件に関係が見え始める。

事件を解決したボッシュは署長に呼び出される。 古い情報が掲載されている資料を見るために,署長室に忍び込んだところが録画されていたのだ。

ボッシュは停職を命じられた上,刑事とは名ばかりで事件ひとつ解決したことのない上司から「君はもうすぐ定年なんだから,もう辞めたらどうだ」とさえ言われる。

荷物をまとめて立ち去ろうとするボッシュに,ソトが拍手を送り,やがて刑事達全員が立ち上がって拍手を送る。

時系列順に書かれるとすると,ハリー・ボッシュ シリーズの次回作はあるのか心配になる結末であった。

Theburningroom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

The Apostle / Jack Kerley

似非宗教家達の計画する プロジェクト 1025-M とは何か?
復活の日に何が起きるのか!

いつも書くけれど,病的な犯行なのに,読後の後味が良いのは,刑事カーソンや同僚たちの心と体が健康だからだ。 南部の自然と食べ物も,魅力的だ。

今回は,再会! というように,かつての登場人物が帰って来る。

刑事カーソンと恋人関係でもあったが,アル中でモビール警察をクビになった,アバ・ダヴェンニール博士は,カーソンの兄・ジェレミーの友人になっていた。
アバは,カーソンの所属するフロリダ州警察に法医学者としてやってくる。

カーソンの新しいパートナーになった,若い女性警官 ホリー・ベラフォンテの切れのあるプロ意識と,特殊警棒の腕前が凄い。

良い?サイコパスの 兄・ジェレミーは,アバの力を借りて,自分を抹殺し,もう警察に追われることは無い。 とんでもない IQで株を動かし,金は幾らでもある。

心理学の修士だったカーソンを刑事にしたかつての相棒,ハリー・ノーチラスは引退して,運転手になるが(刑事の退職金は安いのかな)雇い主は,金儲け似非キリスト教の教祖・オーズリーだった。 ハリーは運転手だけでなく,ボディーガードも頼まれ,カーソンのいるフロリダにやって来る。

信徒が殺到して金をばらまく,宗教的テーマパーク「ハレルヤ・ジュビリー」は胡散臭い場所だった。

ハリーがフロリダに来ていることを知ったカーソンは,ハレルヤ・ジュビリーを観察してくれと頼み,ハリーも運転手より面白いので快諾する。 ハリーと親しくなった オーズリーの16才の娘 レベッカも頭が良く大胆だ。

神の使徒として犠牲を捧げる,ジーザスの後頭部を,背中に入れ墨した男。

犠牲者は娼婦達で,目隠しされたまま鈍器で殴られ,布にくるまれ,ナフサとオリーブ・オイルをかけられ,生きたまま焼かれる。 娼婦達はかつて,ハレルヤ・ジュビリーで働いていた。

Theapostle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

The Memory Killer / Jack Kerley ( J.A. Kerley )

犯人が透明人間のように見えずに,振り回される。 しかし,モビール郡の警察からフロリダ州警察に,エリート捜査官として引き抜かれた刑事ライダーは,署内のごたごたから解放され,捜査の方向に苦しみながらも自由に動けるようになった。

複数の同性愛者が,植物由来の毒を盛られ,レイプされたあと,ゴミのように捨てられる。

犯人と思われる DNAが検出されるが,それは自分でベッドから起き上がれないほど肥満した男だった。 その男には生まれてすぐ死んだ一卵性双生児の兄弟がいた。
ライダーは,地元シェリフの協力を得て墓を掘り起こすが,棺は空だった。 死亡証明書を書いた医師は,植物を使う民間療法を行っていたと言う。

やがて犯罪者は,毒だけではなく,物理的な損傷を与えるようになる。やがては犠牲者の顔を … 

刑事ライダーは,異常に高いIQを持つ逃亡中のサイコパスの兄ジェレミーに助言を求めるが … 驚いたことにジェレミーはライダーのかつての恋人で,アルコール中毒だった病理学者 アヴァ博士と共に現れる。

捜査は DNAを追って行われてきた。 しかしそのDNAは …

植物由来の毒は3つ。

robinia = black locust = ニセアカシア/ハリエンジュ  馬や牛が死ぬ例がある
datura = チョウセンアサガオ 幻覚を見る
dieffenbachia = ディファンバキア = サトイモ科の観葉植物 喋れなくなる

日本の野草の本には,ニセアカシアの花はテンプラで食べられると書いてあるが,他の部分に強い毒があることはあまり触れられていない。 牛や馬のように食べなければ大丈夫なのだろうけれど。

Thememorykiller

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

Fear Nothing / Lisa Gardner

8人の売春婦を拷問・殺害して埋めた父ハリー・ディ,サイコパスの姉シェイナ,無痛症の妹アデリーン。 姉は11才で初めて人を殺し精神障害者施設に隔離されるが,患者や看護人も殺して独房に居る。

精神科医になった妹と,姉は月に一度会うようになった。

刑事 D.D.ウォレンは,侵入の形跡の無い犯行現場が,意図的に創り上げられたものだと感じ,ひとりで考えるために,真夜中の犯行現場に戻るが … D.D. は発砲しながら階段を転げ落ち,激しい苦痛を伴う数ヶ月のリハビリが必要な状態になってしまう。

無痛症のアデリーンは,遺伝子学者の養父に育てられて,痛みを専門とする精神科医になっており,D.D.を診ることになる。痛みと対話することにより,痛みはある程度制御できるらしい。

連続殺人者ハリー・ディを模した殺人が次々と起こる。 しかし殺人の動機は思いもよらないものだった。

「愛とは血液だ」とハリー・ディは言った。 痛みを感じない妹アデリーンと愛を感じないはずの姉シェイナは … 血液の色をした耽美的とさえ言えるような …

Fearnothing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

Kindle (Amazon) の 「コミック無料お試し」が凄いと思う

Kindleのプライム会員には,オーナー・ライブラリーというのがあり,ライブラリ(全ての本ではない)の中から一冊ダウンロードして一ヶ月無料で読むことができる。 ちょっと興味はあるけど,レビューも無く,モノスゴクつまらない可能性のある本を読む時など便利だ。

それとは全く別に 「コミック無料お試し」 という凄いサービスが始まっているのを,さっき知った。  このサービスはプライム会員で無くてもいい。

ま〜くは殆ど Kindle Fire HDは使っておらず(画面が小さいし,その割に重いから),Yoga Tablet 10 が主なタブレットになっている。 もちろん重いから持てないが,折りたためるスタンドが付いているし,縦で読みたい時は iPad用の安いスタンドを使う。

10インチ無いと,漫画や雑誌は読みにくいと思う。

いや「コミック無料お試し」の話だった。 コミック無料は第1巻だけ¥0になっているものもあるが,期間限定で,シリーズの3巻 までが無料で読めるサービスが始まっていた。  これはいい。

ま〜くの Yoga Tablet には Android用の Kindleがインストールされていた(と思う)が,(たぶん)デフォルト設定で使っている。

ホーム画面で,漫画の表紙が並んでいる状態にすると,画面の下に一列,無料コミックが表示される。 いまダウンロードできるもので 20冊あるようだ。 早速 9冊ダウンロードして,いま 3冊読んだところ。

読んだことのないシリーズ物は,最初の何冊か読んでみないと,買うに値するかどうかの判断が難しい。 できれば 5冊読みたいが 3冊で判断できるシリーズもある。 これは読者にも Amazonにもメリットのある方法のような気がする。 期間限定だけど,3冊無料で読ませて,20〜30冊買って貰おうという訳だ。

Kindle for Mac / Amazon.co.jp が出ないため,Kindleの漫画は,Macでは読めない。 だから,買う時は Mac版のリーダーがあり,クラウドの管理システムが Amazonと比べてチョー使い易い,eBook Japanで買うけども。 ま〜くは Amazonで,年に50件以上は買い物するから,これくらいは許してくだされ。

さすが Amazon! なサービスなので,どんどん出版社と著者を説得して,3巻無料をやって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

人はなぜミステリー小説を好むのか & わたしの好きなシリーズ物

人はなぜミステリー小説を好むのか。

それは人が殺されるからだ。

たぶんヒトにとって最も重要なのは,誕生と死だ。 しかし,赤ちゃん誕生より,ミステリーの方がずっと書き易いだろう。

英語本の読者(英語学習者含む)にとって,シリーズ物のミステリーほど読みやすいものはない。 第一作を読めば,ストーリーが進行するためのバックグラウンドがほぼ理解できるからだ。

( 辛いのは,単発のハードSFだと思う。 バックグラウンドが私達の日常と全く違うために,一から理解しなければならない。 だから 純SFよりも,テクノスリラーと呼ばれる超近未来SFの方が好まれるのかも知れない。 ← 統計データを全く持たずに推論しています。 )

しかし,最近のミステリーは犯行が病的過ぎて,読むのが辛くなって来ている。 世界的ベストセラーになった ドラゴンタトゥーの女・3部作 だって,犯行は気分が悪くなるほど病的だ。 ミステリーのシリーズ物でも,幼女虐待・子供の虐待を含むものが非常に多くなっていて,読むのが苦しい。

犯行を病的にしなくても,素晴らしくリアルでスリリングな小説が書けるのは,超一流(別格)のMichael Connelly (マイクル・コナリー)くらいしか知らない。 ハリー・ボッシュ・シリーズ最新作が今年中に出るので楽しみにしている。

Jeffery Deaver (ジェフリー・ディーバー)のリンカーン・ライム・シリーズも,キャラが活き活きと動き,ストーリー展開も素晴らしいが,もやはり犯行は病的だ。

人気はいまひとつのようだが Jack Kerley(ジャック・カーリー)のカーソン・ライダー・シリーズは好きだ。 もともと,サイコパス・ソシオパス専門の捜査なので,犯行は病的にならざるを得ないが,カーソン・ライダーの心理的・肉体的な健康さと,著者の故郷である南部の濃密な自然が書き込まれていて救われる。

Lisa Gardner(リサ・ガードナー)は,ストリーテリングに長けている。 D.D.Waren (殆ど邦訳が無いようで発音不明) シリーズの犯行は残酷な虐待が多く含まれる。 今のところ7冊書かれていて,6冊まで読んでかなり辛くなって来ているが,あと一冊なので読んでしまおうと思う。

ミステリー作家の方にはぜひ,これ以上刺激を求めて,より病的にするのは止めていただきたい。 連続殺人は必須ではなく,人が一人 事故死しただけで面白い小説は書けると思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

Catch Me / Lisa Gardner

母は代理ミュンヒハウゼン症候群だった。 母は少女を刺したが,少女は最後の力を振り絞って母を燭台で殴り倒した。少女は妹のアビゲイルも殺されたと思っていたが,救急搬送され叔母に救われてからは,全ての過去を記憶から消し去っていた。

少女 シャーリーンは 民宿を経営する叔母に引き取られた。 独り立ちするとボストンで警察のパトカー通信指令係になった。 シャーリーンが26才の1月21日,親友のランディーが密室で絞殺された。 抵抗した跡は無かった。 一年後の同日,もうひとりの親友ジャッキーが同じように死んだ。二人ともシャーリーンの 8才の時からの親友だった。

シャーリーンは 地元警察で最も優秀な刑事と言われている D.D.に会って頼んだ。 床もベッドも漂白した。犯人の残留物だけが部屋に残される。 殺人者が来たら,できる限りのDNAを伸ばしてある爪に残す。 ボクシングもできるし,22口径で15m先の的を打ち抜ける。 でも,わたしが殺されたら,捜査して欲しいと。

Catchme

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

読書中 ...

余韻が残らないとか,ややけなしていた リサ・ガードナーだけど,ストーリーでぐいぐい引っ張って行く力はすごい。 さすがに,ベストセラー作家だ。 自分で「descriptiveな作家ではない」と言うように,頭に浮かぶ絵としては少し弱い気はするけど。

ちなみに,リサ・ランドールは5次元時空を提唱する美人過ぎる理論物理学者だ。 (ここでは関係無いし,5次元のことはわたしの理解を超える,ばき。)

早ければ明日には読み終わると思うが,読み終わってから2日くらいしてから感想文は書いた方がいいと,最近思っている。

少し英語本を怠けていたので 「マイケル・コナリーの新作が出ました」「ジェフェリー・ディーバーの ... 」「ジャック・カーリーの ... 」というメールが Amazon.com (US) から次々と来るのでちょっと焦る。 sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧