写真

2016年1月 1日 (金)

冬は無いことにしたいと思う

ま〜くは寒いのがとても嫌いだ。
現在,写真撮影日と掲載日が少しずつズレて来ている(掲載日が遅れてきている)が,わざとやっている。sweat01

秋の写真が無くなったら,熱帯植物園,雪が降ることはまず無い鎌倉,等々で写真を撮って,冬の終わりを待つつもりだ。 降り積もった雪の写真は掲載しないつもりだ。

冬は無いことにしたいと思う。

事情が許して,信頼できるコーディネーターがいたら シンガポールに移住したいくらい,ま〜くは夏が好きなのだ。 cat

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

Narrative Clip って こんなカメラ

Narrative Clip2 という新製品の発売日が決まっているが,Bluetoothが付いていて,たぶん 技適マーク が付いないと思われ,国内で使うと違法になる可能性が高いため,Narrative Clip の方にした。 $149,円安はこういう時はありがたくない。

Fedex で送られて来た。 国内は西濃運輸が運んでいるようだ。

Nc1

箱が汚れてるのは,ま〜くの指にインクが付いていたため。 ごめんちゃい。sweat01
Apple製と言われたら,信じてしまうようなデザインだ。

Nc2

ちょっとした リーフレットと,USBケーブル一本が入っている。

Nc3

Nc4 16g

レンズ面を下にして置くか,真っ暗にしない限り,30秒に一枚ずつ写真を撮り続ける。
付いているインターフェースは,μUSBと,充電時に光る 白色LEDだけ。

Android , iOS, Windows, Mac 全てのソフトがあり,撮影した Narrative Clipを接続すると自動的に画像が読み込まれ(一時的にローカルディスクに読み込むが)全てクラウドに送られる。 クラウド側では適当なアルゴリズムで(適当な説明だな)グルーピングを行う。

これは一時間以上,時間がかかると思った方がいい。 ただ,クラウド側の処理なので,こちらのコンピュータの電源を落としても関係無い。

グルーピングが終わると代表的な写真(どうやって選択するかは不明)のサムネイルが表示される。 もちろん,全写真を表示するスイッチもある。

面白いかな,と思う写真を拡大表示して,よさそうならダウンロードする感じ。

時々面白いモノが写ったりするのを楽しむ画像記録装置なのだ。 cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

デジタルカメラ 20年 / カメラの解像度にモニターが追いつかない

カシオの QV10が発売されたのは,1995年3月だった。 今年でちょうど 20年になる。 わたしの最初のデジカメは 1996年に買った QV10Aだった。

320x240画素という,いまなら「サムネイル?」と言われそうな大きさの画像で,内部メモリに保存,RS232C(シリアル通信)でPCに取り込むという仕様だった。 それでも楽しかった。catface

現在のコンデジは QV10を高機能にしたに過ぎない。 それほどQV10は先進的だった。 何故って液晶ディスプレイが付いていたのだ。

よく考えて欲しい。 銀塩写真の時代には,焼き付けするまで「写り」は判らなかったことを。 液晶ディスプレイは飛躍だったと思う。

わたしは高校生の頃には何とか一眼レフを手に入れ,家の北側の一畳ほどのスペースをビニールの暗幕で覆って暗室を作り,白黒フィルムの現像と紙焼きをやっていたが,大量に写真を撮り始めたのはデジタル時代になってからだと思う。

だから,わたしは自分を Digital Photographer だと考えている。 QV10A以降の19年間,どんなデジカメを何台買ったかは覚えていない。 少なく見積もって 30台は買った。 たぶん,もう少し多いだろう。

現在,低価格のデジカメにはスマホに取って代わられて殆ど無くなり,プレミアム・コンパクトと一眼が生き残っている。

( プレミアム・コンパクトは和製英語のようで,英文の記事では Advanced compact camera という表記が多い。)

デジカメの性能向上は目覚ましいが,残念なことに PCのディスプレイが追いついていない。 前にも書いたが,例えば μ4/3(マイクロフォーサーズ)の画像をきれいに見るためには 4K液晶が必要だ。 フルサイズのセンサーなら 8K液晶が欲しいだろう。

しかし,いまだに Windows XP が 10数% 残っていることを考えると,1024x768 の 1K液晶も相当残っていると思う。 1K液晶は色域も非常に狭い。

μ4/3機 を壊したばかりなので負け惜しみに聞こえるかもしれないが,少なくとも sRGBの色域をカバーした 4K液晶が普及するまでは,プレミアム・コンパクトで十分かも知れない。

OM-D E-M5 が,感度を2段階くらい上げたセンサーを積んできたら,その時はわたしの心も動くかも知れないが ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

STYULUS 1s 鉄道博物館 4

東海道新幹線には非常にお世話になった。 のぞみ になってからは速すぎて,それまで一泊で行けた出張が日帰りになって悲しかった。

4tp1 これは0系

初期の新幹線は,空気バネにゆらゆらとした低周波が残り,新大阪まで行くと ま〜くは少し気分が悪くなった。

4tp2 転車台が回るところ

4tp3 C57と一緒に回る お姉さん

なぜ一緒に回るのかは不明。

4tp4 0系新幹線

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

STYULUS 1s 鉄道博物館 3

平日だし冬だし,空いてたのだ。

3tp1

3tp2 D51の図形展示

3tp3 パノラマデッキから富士山が見えた

3tp4 ステンドグラス

どこかの駅にあったとかではなく,鉄道をモチーフとして新規に作られたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

STYULUS 1s 鉄道博物館 2

米国製で,北海道を走った機関車らしい。
初めて見た人は 「かっちょえぇー!」 と思っただろうな。

2tp1 弁慶号

2tp2 横書きが右から左に書いてある

しかも しんばしの「し」は変体仮名が使われている。
変体仮名って,筆で書くのにはいいけど,鉛筆では書きにくそうだ。sweat01

2tp3 真ん中で転車台に載ってるのは C57

2tp4 鼻を並べているところ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

STYULUS 1s 鉄道博物館 1

風邪で初めて医者に行った時, 翌日は状態が悪くなる気がして,動けるうちに スタイラス 1sの試し撮りに鉄道博物館へ行った。 会社時代 JRにはモノスゴク良く乗ったが,鉄道自体には興味が無いので 2007年10月開業なのに関わらず,博物館に入場したのは初めて。

身も蓋もなく言ってしまうと,鉄道に興味の無い人が ¥1,000払って入る価値は無い。 ま〜くは家から歩いて 10分だから,大して時間が無駄にならないからいいけど。

1tp1 これは博物館の外にある

1tp2 C57

前にも連結器が付いてる。 機関車って登坂力無いから,客車を前から引いて,後ろから押す時に使ったんだろうと想像。

1tp3

1tp4

「とき」 は見たことあるけど 「ひばり」 は何故か記憶に無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

STYULUS 1s を買った理由

STYLUS 1 は理想的にバランスのよい プレミアム・コンパクトだと思う。
STYLUS 1s はハード的にはほぼ同じで,ソフトが機能強化されている。 ところが! STYLUS 1 は,オリンパスの大盤振る舞いなファームウェア・アップデートにより,殆ど STYLUS 1s と同じ機能を持つようになってしまう。

何のためのマイナーチェンジなのか,1s は首をかしげるカメラだ。

そのため 1s は余り人気が無く,去年11月半ばの発売にもかかわらず, Amazon価格では 1 と 2千円ほどしか違わない。

ここで調べた人は気づくのだが,1s は 2015/1/15まで販促キャンペーンをやっていて,指一本で長さの変えられるストラップか,電池 BLS-50が貰える。  ま〜くは必ず予備電池を持つので,5千円以上する BLS-50が貰えるのはありがたい。

つまり,1/15までに購入・登録すれば 1 と 1s の価格は逆転してしまい,新機種である 1sの方が 3千円安くなる。

これは予備電池が欲しいなら,という条件だが,予備電池が要らない(枚数を撮らない)ユーザーには,STYLUS 1s は勿体無いだろう。

1/1.7 という小さいセンサーをバカにする人もいると思うが,例えばフルサイズ一眼を持っていたとしても,それを活かした写真をネットにアップできるだろうか。

わたしは μ4/3 でさえ,4Kディスプレイが一般に普及するまで,その画質をネット上で十分に見せることはできないと考えている。 (実際,これまで,泣く泣く 画像を縮小してきたのだ。)

それなら,換算 28-300mmが気軽に持ち歩ける プレミアム・コンパクトで十分かも知れない。 それをこれから試してみるつもりだ。 cat

それともうひとつ。 これは完全な憶測だが,ここまで差の無い 1s は,STYLUS 2 が出た時にソフトだけで機能アップできる部分を,ファームウェア・アップデートしてくるのではないか。 そうでないと,STYLUS 1 への大盤振る舞い過ぎるアップデートの説明が付かない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

STYLUS 1s 阿字ヶ浦・信濃追分・神流湖・北本 6

天使と悪魔が戦いそう。

Pc3101301

さすがに,夕方の荒川土手にはネコカミ号しかいないぞ。

Pc3101332 さぶそうだにゃ

Pc3101353

こんな道まで,パトロールしてるんだね。

Pc3101394

さて,STYLUS 1s いかがだったでしょうか。

ま〜くの印象としては(OM-D EM-5と比べてだけど)

少し色が浅い
ホワイトバランスがやや弱い
テレ端AFが遅い

だけど,素晴らしいのは携帯性と使いやすさ,ストロボが付いてること。 非常に完成度の高いカメラだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

STYLUS 1s 阿字ヶ浦・信濃追分・神流湖・北本 5

さすがに,元日にいるのは ネコカミ号だけ。

Pc3101061

このあと,県境を越えて秩父へ向かう。

Pc3101172 トンネルを抜けると埼玉県

この道路の正式名称は 「 群馬県道・埼玉県道71号高崎神流秩父線(ぐんまけんどう・さいたまけんどう71ごう たかさきかんなちちぶせん) 」

コペンが溝に落ちていたのは,ここからかなり走ってから。 この辺は人家が全く無く,携帯は通じない。

北本へ戻る。

Pc3101233

日が長くなった,と思う。

Pc3101244 残照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧