« ネコカミ号 (ソニャオ) 走り納め 3 | トップページ | 冬の鎌倉・江ノ島 4時間旅 2 »

2016年2月21日 (日)

冬の鎌倉・江ノ島 4時間旅 1

わたしは,もう何十年も睡眠障害をやっていて,効く眠剤も無くなった。 山に行かなくなったのも,早起き(早寝)ができなくなったから。

湘南新宿ラインができて,うちから鎌倉まで遠いとは言えなくなった。 それでも,ドアツードアでは2時間見る必要があり,早起きしないとゆっくり回れないのは確か。 そうすると,足が遠のいてしまう。

発想を転換して「尾崎」でお昼を食べられればいいぢゃん,ということにした。 11:50に尾崎に行ったら,もう開店していた。 12:10くらいまで待たされることもあるのでラッキー。

刺身定食 ¥ 1,050。
味噌汁も漬物も美味しい。 ご飯は半分にしてもらった。

11

いい魚しか出ない。 タコは地物だと思う。

12

カリふわ 鯵フライも,単品で頼んだ。

13

う〜む。 余は満足ぢゃ。

こちらは,鎌倉にはびこる台湾リス(江ノ島植物園の飼育オリが壊れて逃げたらしい)の食事跡。 写真を撮ろうとしたら,リスは逃げた。

14

< 撮影 2月10日 STYLUS 1s >

|

« ネコカミ号 (ソニャオ) 走り納め 3 | トップページ | 冬の鎌倉・江ノ島 4時間旅 2 »

たべもの」カテゴリの記事

コメント

新鮮なお刺身の写真を見ていると目がハートになる関西人なのでした(笑)。
あー、食べたい!!! ごはん、半分でこの量なんだね。充実の献立で
この価格は安いよね。良心的だ。鎌倉、行ってみたい街がまたひとつ増えた。

投稿: 関西人HIROKO | 2016年2月22日 (月) 20:10

そうですか,目がハートになりましたか。

鎌倉は見るところいっぱいありますよー。お寺もたくさんあるし,海があるしねー。

海街diary という映画をいまやってるか,やってたと思うけど(わたしは 吉田秋生の漫画だけで十二分に楽しんだので見ていない)これは,鎌倉が舞台です。 海街diaryは,鎌倉の知ってる場所がたくさん出てくるのも嬉しいんだよね。

投稿: ま〜く | 2016年2月22日 (月) 21:23

吉田秋生、昔よく読んだな~。古くは『カリフォルニア物語』とか。『吉祥天女』もよかったし。『海街ダイアリー』コミックスで2巻まで読んだ。

あと鎌倉はおチビさんが住む豆粒町があるところだよ。それに栞子さんと大輔くんのビブリア古書店もある。うーん、いいところだ。ゆっくり歩いてみたい街だなぁ。

投稿: 関西人HIROKO | 2016年2月23日 (火) 21:31

Banana Fish でさぁ。 アッシュが美少年てことになってたけど,最初の頃はそうでもなくて,でもそれから何年もかけて 吉田秋生の描線がどんどんキレイになっていったよね。

海街diaryでも 「ここ」 「ここで決める」 っていう場面の,彼女たちの横顔がホントにきれいなんだよね。 海街diary 7巻まで出てるので,続きもお読みください。

海まで含めたら,鎌倉はホントに広いよね。わたしも,またすぐに歩いてみるつもりです。

投稿: ま〜く | 2016年2月23日 (火) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の鎌倉・江ノ島 4時間旅 1:

« ネコカミ号 (ソニャオ) 走り納め 3 | トップページ | 冬の鎌倉・江ノ島 4時間旅 2 »