« 葛西臨海水族園 1 | トップページ | 葛西臨海水族園 2 »

2016年1月29日 (金)

ハスラー Gターボ 慣らし運転 1

二年前に,ネコカミ号(ソリオ)で走っていて,夜中に道に飛び出した猫を避けて,空いてる駐車場に飛び込んだつもりが,電柱にぶつかり,縁石でバーストしボロボロにしてしまった。
修理に80万円かかると言われたので 「車検が通る分」 10万円分だけ直してもらった。

前後のバンパーが外れることはないが,緩んでしまったため,タイヤケースとでも呼べばいいのか,後ろのプラ部品が外れて落ちてきて,タイヤをこするようになってしまったのを,針金で留めて乗っていたが,最近 前のプラ部品も落ちてきたので,それも針金で留めた。

電動スライドドアは中まで壊れてしまったため,高速を走ると壊れた部品がカタカタ鳴り続けるし,ドアノブが緩んだのも,重合するタイプのセメダインで自分で留めた。

5年弱で 8万キロなので,ちょっと勿体無かったが,ハスラーGターボにマイナーチェンジで Sエネチャージが付くという裏情報を得たので,12月1日の発売と同時に発注した。

ま〜くの場合は,高速道路走行が必須なので,高速の様々な割引が全部無くなってしまったため,軽にしたかったというのもある。

ハスラーは,最低車高が 18cmと ソリオより 2cm高く,タイヤもソリオGが R14だったのに対し,軽のくせに R15なので,かなり走破性は高くなるはずだ。 夏に草で見えない切り株につっかかってロードサービスを呼んだり,黒姫や土樽で思ったより深い雪からの脱出に一時間かかったこともあったが,少し改善されると思う。

ハスラーは派手な色が多いが,新色のシフォンアイボリーという,薄ぼけた黄色いようなアイボリーのような色にした。 ネコカミ号の名にふさわしい。catface

1月26日納車で,雪が溶けるかドキドキだったが,細い道を除けばなんとか溶け,最低気温 -8℃の日だったが,発注しておいた冬タイヤ(ブリザック)を取りに行った。

現在の車は,慣らし運転は要らないという説もあるが,1,000kmまでは 3,000rpm以下で走ることにした。

パワーウェイトレシオは,ソリオGの方が少しいいはずだが,Sエネチャージのモーターアシストのせいか,ハスラーGターボの方が出足はいい。 ソリオのもっさり感が無い。 アイドリングストップも,セルを回すのではなくモーターアシストなので,違和感が無い。

デジカメやパソコンは,もうこれくらいで十分な感じの枯れたステージに入って来ていると思うが,車は自動運転を含め,まだ進化の余地があるように思う。

まず,大洗海岸へ行った。 いい天気だった。

11

なんかの神様。

12

海辺に近いところにブイが浮かんでた。

13

冬の波。

14

|

« 葛西臨海水族園 1 | トップページ | 葛西臨海水族園 2 »

ネコカミ号」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ハスラーかぁ、いいなー。CMも好きだな。なんか元気が出る感じの軽だね。わたしもほしいなぁ。

投稿: 関西人HIROKO | 2016年1月29日 (金) 20:51

うん。 いい感じだよ。
普通車と比べると,軽だから縦横共短く,振動周波数が高いので,長距離を走るとちょっと疲れるけど。 (ま〜くの長距離の定義は 400〜500km。)

死角の少ない,周りのよく見える車だと感じる。 タイヤが 165/60/R15なので,冬タイヤとかちょっと高くなるけどね。

投稿: ま〜く | 2016年1月29日 (金) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/63138115

この記事へのトラックバック一覧です: ハスラー Gターボ 慣らし運転 1:

« 葛西臨海水族園 1 | トップページ | 葛西臨海水族園 2 »