« ミスFLASH2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 7 | トップページ | ミスFLASH 2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 8 »

2014年10月20日 (月)

Yosemiteで ATOK2011を手動削除する

Yosemite を使い始めて 2日目に,突如すごい勢いでファンが回り出した。 使ってもいないATOK2011が CPUを90〜100% 使っている。 頻繁に起きる。

Yosemite では「ことえり」ではない新しい日本語入力になったそうなので,使ってみようと思う。

「システム環境設定」「キーボード」「入力ソース」を選択。
画面左下の +キーを押して,右の欄から 「あ 日本語入力」を選択する。

再起動して,Yosemite純正日本語入力になっていることを確認。

ATOK 2011にはアンインストーラーが付いているので,起動 .....
しない。 Orz

いままで,動作保証の無いソフトを使っていた自分が悪いけど。

手動で削除だ。

「システム環境設定」「キーボード」「入力ソース」を選択。
ATOKと書いてある複数の入力ソースを選択。 画面左下の −キーを押して削除する。 再起動する。

AppCleaner (フリーソフト,AppStoreには無い。 Macの絶対必須ソフトのひとつ。)を起動して 「アプリケーション」「その他」で検索して ATOKの名前の付いているソフトを削除する。 「その他」で検索したソフトの中に本体があったようだ。

そんな風に ATOK2011を手動で削除して,いまは JapaneseIMと呼ぶらしい,Yosemite付属の日本語入力を使っている。 もうちょっと細かい設定ができるといいんだけど,差し当たり困っていない。 cat

|

« ミスFLASH2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 7 | トップページ | ミスFLASH 2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 8 »

マクブク日記2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/60516071

この記事へのトラックバック一覧です: Yosemiteで ATOK2011を手動削除する:

« ミスFLASH2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 7 | トップページ | ミスFLASH 2015 宮崎まこ@四谷ボナスタジオ 8 »