« 安曇野4 | トップページ | 安曇野5 »

2014年7月25日 (金)

落雷は困る

昨夜の雷雨は凄かった。 物凄い音を立てて 対地雷が 2つ落ちた。

ま〜くは電子機器をかなり多く持っているので,雷サージ・電源スイッチ付の電源タップを介して壁コンセントに接続している。 エアコン,光モデム,テレビ・ビデオも同じようにしている。

最近ではエアコンのような強電機器でも,コンピューターを内蔵しているので,雷サージに対しての強さはあまり変わらないと思う。

ま〜くは,もともと電子屋だし,経験的にも雷サージの怖さはよく知っている。 すぐ近くに落雷すれば,本来 0Vである地面の電位が10万V程度まで上がる。 近距離落雷には殆ど どんな対策も無意味だ。

( 落雷時の電圧は200万~10億ボルト、電流は1千~20万、時に50万アンペアにも達する。 -Wikipedia- )

栃木県などでは,アースをしていた機器だけ壊れた,という例も多い。

昔々,テレビ番組の取材で,栃木県大谷の洞窟(大谷石を掘った跡)で,大型レーザーを使って実験をしていたことがある。 夕方になって,栃木県特有の強力な雷雨が来たので,ディレクターに,危険だからもう終わりにしてくれと頼んだが 「あと10分だけ」と食い下がられて撮影を続けていたら,雷停電で電源が落ちた。

当時のレーザーが弱かったというのもあるが,大電流回路を制御していたメサ型トランジスタ(パワートランジスタ)50個全部が焼けた。

その後,作っていた装置が海外へ輸出されてしまうようになって,雷被害は続々と増えた。 仕方無く 常時インバーター型のUPS を付けることを条件に輸出したりもした。

ま〜くは数十件の雷被害の記憶がある。

だから,雷雨が始まったら,壁コンセントから,特に重要なパソコンを含む電子機器類と エアコン(買ったばかりなの)の電源プラグを抜くことにしている。

光モデムも切っているので,タブレットを使うこともできない。 モバイルWiFiルーターの導入も考えたが,結局大画面LCDが使えなければ 生産的なことは何もできないので止めた。

そんなわけで,雷様どうか来ないでください,と天に祈るしかない。 今夜も雷注意報が出ている。 これからどんどん東南アジア型気候に移行すると思うが,そうなると,無為に過ごす夏の夜が多くなってしまいそうだ。 cat

|

« 安曇野4 | トップページ | 安曇野5 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/60040917

この記事へのトラックバック一覧です: 落雷は困る:

« 安曇野4 | トップページ | 安曇野5 »