« 高峰高原1 | トップページ | 高峰高原2 »

2014年7月10日 (木)

KeyRemap4MacBookがバージョッアップで Karabinerに

KeyRemap4MacBookがバージョンアップと同時に Karabinerに名称変更された。 名前が変わっただけで,KeyRemap4MacBookの設定はそのまま引き継がれる。

KeyRemap4MacBookの名前は確かにちょっと長かったが,いきなり Karabiner(カラビナ)になった理由は不明。 この秋に登場する OSX Yosemite にも,既に対応している!

わたしは親指シフトを愛している。 ローマ字入力のほぼ半分の打鍵数(2鍵を同時打鍵するので,ほぼ半分の打回数がと言った方が正しいのかな)で,思考を中断せずに入力できる。

元々は富士通のOASYSワープロのために開発された入力方式だったが,富士通が巨大企業らしい怠慢さを発揮して,この天才的発明の普及に力を入れなかったために,すっかりマイナーになってしまった。down

しかし,親指シフトを強く愛する人達はいて,PCでも「変換・無変換」 Macだと「英数・かな」キーを親指シフトキーとして使う親指シフト入力ソフトがフリーソフトとして提供され続けている。punch

(注意) Macの日本語キーボードの配列は理想的だが,PCのキーボードは種類がありスペースバーが長すぎると使えない。

Keyboard こういう配列が理想的 catface

1) PC用ソフト 親指ひゅん(公開中止)→ やまぶきR
2) Mac用ソフト Tesla(開発中止) → KeyRemap4MacBook
3) Linux  Anthyという IMEが親指シフトに標準対応している

やまぶきR,Karabiner 共に旺盛に開発されている感じが伝わって来る。

わたしは Windowsを使っている時期が長かったので,Windows95から使い始めた「親指ひゅん」に一番長くお世話になった。(作者の方,本当に有り難うございましたsign01

しかし,Karabinerは製品として発売した方が自然なくらい洗練されている。 こんな素晴らしいソフトを無償で提供していただいて大変に嬉しいが,5千円以上で売っていいのじゃないかと思うくらいだ。 作者の方の SNSは英語で書かれていることが多く,米国在住の凄腕プログラマなのかも知れない。

親指シフトに話を戻すと,現在は Nicola日本語入力コンソーシアムというところで仕切っているはずだが,ちゃんと活動しているようには見えないなあ。

小説家や文筆業者に親指シフターは多い。 ポメラ(KING JIMが発売している モバイル文字入力専用機)が親指シフト対応したことから推定しても,大量の文字を入力する人に親指シフターが多いことが判る。 出張の嵐だった数年前なら,わたしも買っていたと思う。

まとまりの無い文章になったが,わたしは 親指シフトが好きだー,好きだー(エコー)。heart02
それが個人のプログラマの善意だけに頼り切っている状態が少し不安だ。

|

« 高峰高原1 | トップページ | 高峰高原2 »

マクブク日記2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/59959173

この記事へのトラックバック一覧です: KeyRemap4MacBookがバージョッアップで Karabinerに:

« 高峰高原1 | トップページ | 高峰高原2 »