« 佐野SAの佐野ラーメンには魅力がない | トップページ | OSX 10.9.3 »

2014年5月15日 (木)

RAW か JPEG Fine か

3ヶ月ほど RAWで撮っていた。 RAWを Apertureで処理すると,JPEGよりもかなりレタッチの自由度が広がる。

しかし ... わたしは枚数を撮る。 モデル撮影では 3時間で3千枚以上, ネコカミ号でふらっと出かけた時で,300〜400枚。

300枚だったとしても,写真を選択するために全ての RAWを iPhotoに投げ込むと途轍もない時間と,危険なCPU温度を体験することになる。

そのため,RAW + Jpeg で撮って,Jpegを iPhotoに投げ込んで写真を選別し,使えるかなと思った Jpegだけ RAWフォルダに戻して,Jpegと同じ番号の RAWファイルだけを残して削除する。 その後,選択した RAWファイルを Apertureで処理していた。

これは物凄く面倒だし,手でファイルを消しているので間違いも起きる。

最終的には Jpegにするわけだが,RAWで処理した写真の方が確かにいい。 ただ,わたしはナナオのかなり良いディスプレーを使っているから,RAW→Jpeg と 撮影時Jpegの違いが判るが,母の安い VAIOのディスプレーでは判らない。

と言う訳で残念ながら,Jpeg Fine に戻すことにした。

わたしはパソコンは 3年で買い替えることにしている。 やりたいことやソフトが重くなって,3年程度しか使えないからだ。 いま使っているのが,Late2011 だから今年の年末までに Late2014を買うことになる。

その時 Haswell Refresh(Intelの新CPUのこと)のモバイル版が出ていなくて,マクブクにデスクトップ版を載せて出してくるようなことがあったら,2015年の春まで待つ可能性はある。 当たり前だがデスクトップ版の方が消費電力が大きいからだ。(より熱くなる。)

とにかく Corei シリーズはストンと温度が上がる。 T-junction(コアの限界温度)が 100℃だとしても,わたしのマクブクは重いタスクを与えると,すぐに 90℃まで上がる。

そしてマクブクは外から扇風機やファンで風を当てても気休め程度にしかならない。 内蔵ファン頼みの設計になっているようで,ユーザーの工夫でCPU温度を下げることはできない。

と,話は少し逸れてしまったが,新マクブクを入手したら,実用的に RAWが扱えるようになることを期待している。

|

« 佐野SAの佐野ラーメンには魅力がない | トップページ | OSX 10.9.3 »

マクブク日記2」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/59648532

この記事へのトラックバック一覧です: RAW か JPEG Fine か:

« 佐野SAの佐野ラーメンには魅力がない | トップページ | OSX 10.9.3 »