« 蓼科1 | トップページ | 大雪 again (TxT) »

2014年2月15日 (土)

The Death Box / Jack Kerley

刑事カーソン・ライダーはフロリダに新設された,新しい犯罪捜査組織に招かれ,フロリダ・キーズに家を借りた。

現地メンバーとの顔合わせもしないうちに,巨大な死体のモニュメントとでも言うべきものが工事現場で掘り出される。
組織の責任者ロイ・マクダーモットは,カーソンにこの事件を担当しろと言う。 しかし,この組織には超腕利きの刑事しかおらず(全てロイが集めたのだが),誰もカーソンに協力しようとしない。

カーソンは,死体は一体ずつ順に固められたのではなく,セメントミキサーに放り込まれて,穴に流し込まれたのだと推理する。

捜査を進めるうちに,犯罪はサイコパスよりも,人身売買の問題が大きくなって,DHS(国土安全保障省)が事件を持って行ってしまうが … 病理学者の力を借りて,ライダーはなんとか事件を取り戻す …

善人の皮を被ったサイコパスが,大金持ちの異常な小児性愛者が姿を現す。 人身売買のための入管記録を書き換え,捜査状況を漏らしていたのは …

最後の最後にまさかの人物が現れて,さすがのライダーも口あんぐり。

Thedeathbox

|

« 蓼科1 | トップページ | 大雪 again (TxT) »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/59098255

この記事へのトラックバック一覧です: The Death Box / Jack Kerley:

« 蓼科1 | トップページ | 大雪 again (TxT) »