« 蓼科2 | トップページ | 蓼科3 »

2014年2月16日 (日)

AKG K272HD エージング

AKG(アーカーゲー)の公式情報は非常に少ない。 ヨーロッパのサイトにも大したことは書いて無いし,日本では製品により ハーマン と ヒビノ のふたつの代理店に分かれて販売している。 製品毎に代理店が違うのは非常にめずらしい状態。

AKG272HD を買った理由は,もう10年以上使っている K271studioの耳パッド部分が変形してきたから。 パッドだけ買い替えることはできるが,新しいヘッドホンも聞いてみたい。

K271studio → K271mk2となり,K271mk2 と K272HDがほぼ同レベルの製品だと思うが,違う代理店が販売しているため,それぞれがどんな位置付けなのかはっきりしない。

僅かだが 271mk2はよりモニター向けで,272HDは同傾向でリスニング向けという評価がしてあるブログがあった。

と同時に Amazonのカートに一週間ほど入れておいた 272HDの価格が ¥15,271 → ¥13,271 と一気に 2千円安くなり,271mk2とほぼ同価格になったので,決めた。

新しいヘッドホンと言っているが,272HDは 2008年に賞を取っているヘッドホンで,製造開始から6年も経っている。 ただ,この6年間に変化があった。 AKGは最上位機種以外を中国で作り始めたのだ。 しばらくの間,AKGのヘッドホンは 「オーストリア製だった(^_^)」「中国製だった(T_T)」などという声を聞いた。

製造開始6年なら,完全に中国へ移行して,もう生産管理もこなれているだろう,というのが 272HD でもいいと思った理由。

前置きが長くなったがエージングについて。 いきなり鳴らしてみたところ,楽器のアタック音がややうるさく,付帯音がある感じ。 子音もやや強調されている。 これは AKGの音では無い。

ポリーニ/ショパン ピアノソナタ2番を 12時間,小沢・サイトウキネンのNYでの幻想交響曲を 6時間,ショパン・ポロネーズ集を 6時間。

24時間のエージングではっきり良くなったが,リヒテルのピアノが金属的に聞こえる部分があった。 リヒテルの出さない音だ。

エージングで面倒なのは音漏れ。 昨日はフリース2枚でくるんだが,それでも フォルテシモでは聞こえる。 ほぼ音の漏れない方法を見つけた。

216akg1 箱に穴を空けてケーブルを通す

216akg2 もちろんフタをして

216akg3 掛け布団でくるむ

今日は King Crimson /Red を12時間鳴らす予定。 エージングしながら使ってゆこうと思う。

|

« 蓼科2 | トップページ | 蓼科3 »

オーディオ」カテゴリの記事

デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/59135734

この記事へのトラックバック一覧です: AKG K272HD エージング:

« 蓼科2 | トップページ | 蓼科3 »