« DVDFab 9.1.1.9 | トップページ | 一時的連続飲酒状態 »

2013年12月23日 (月)

メガネは3年毎に作った方が良さそうだ

酔って自転車で転んだ時に,パソコン用のメガネを無くしたので作った。 これは弱い近視のメガネで,¥4,990 で作れた。 かけてみて,フレームのしなやかさに驚いた。 メガネのフレームも進歩しているのだ。

いま,ネコカミ号の運転&山歩きに使っている 1.2に矯正したメガネを作ったのは 8年前だ。 少しキズも付いたし,コーティングも部分的に傷んでいる。

1.2 と 0.8 くらいの2本のメガネを作ろうと思って,大宮アルシェの Coolensへ行った。 チタンで縁なしのフレームを選んで検眼してもらった。

8年前は乱視は少しある程度だったが,かなり悪くなっているようだ。 fullmoon月が複数個に見えないのは,乱視が少ないのではなく,近視でひどくて月が見えないからだった。sweat01

ま〜くの裸眼は 0.09〜1.0 だが,1.2 までは矯正できると,はんなり美人の眼科医・杉本先生に言われている。

まず 1.2 で検眼した。 近視の度を落として,乱視を入れた方が,前のメガネよりよく見える。

次に 0.8 を作ろうとしたら,1.0 まで見えてしかも近くも見えるレンズを提案された。 近近両用レンズだ。 ま〜くの場合近眼がひどいので,遠近両用では近くが見にくいのだ。

約 8千円の縁なし チタン・フレームを選んだので,2本で 2万円程度を考えていたが,ひとつは 2焦点レンズになったのと,乱視が強くなって,普通のレンズでは厚過ぎる。 薄型にするか超薄型にするか悩んだが,今回は薄型で作ることにした。

2本作ると,1本は 2割引になるが,それでも 2万7千円になった。 2焦点レンズと 2本共 薄型レンズなので仕方ない。 8年前に 1.2のメガネを作った時は,一本でそれくらいしたと思う。

Spectacles

写真では判りにくいが,一番手前が 8年前のメガネ。 後ろのメガネに比べると金属部分が太い。 重さは 14g → 8g と軽くなった。 14g でも負担は感じなかったので,8g だとかけているかどうか判らないくらいだ。

視力あるいは眼の状態は 2年くらいで変わるらしい。 3年毎にメガネを買い替えるのはアリかも知れない。  眼は大事にしないとね。 cat

|

« DVDFab 9.1.1.9 | トップページ | 一時的連続飲酒状態 »

できごと」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/58799350

この記事へのトラックバック一覧です: メガネは3年毎に作った方が良さそうだ:

« DVDFab 9.1.1.9 | トップページ | 一時的連続飲酒状態 »