« 11.18 両神山 6 | トップページ | デュアル・ナビ はお勧め »

2013年11月27日 (水)

CONGO / Michael Crichton

コンゴ盆地でのこと。非常に稀な Ⅱb型と呼ばれる半導体の性質を持つダイアモンド鉱脈を探して調査団が入るが,消息を絶つ。

ヒューストンでモニターしていた資源調査会社で,24才の女性天才数学者 カレン・ロスがビデオを解析し,ゴリラが係わっていると推測する。

信頼できる外部団体の霊長類の研究者は,ピーター・エリオット博士だけだった。 カレンからの電話を受けると,ピーターはコンゴ調査隊に同行したいと言う,しかも彼が手話を教えたゴリラと一緒に …

クライトンの予測とは違い,光コンピュータは今も実現可能性を見せていないが,1980年の出版なのに,コンピュータ,蓋然性判断ソフトウェアについて,的確に書かれているのは,さすがだと思う。

しかしカレン・ロスのキャラが書き込まれていないため,感情移入しにくい。 ゴリラの方がヒロインってことなのかな。

Congo

|

« 11.18 両神山 6 | トップページ | デュアル・ナビ はお勧め »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/58617123

この記事へのトラックバック一覧です: CONGO / Michael Crichton:

« 11.18 両神山 6 | トップページ | デュアル・ナビ はお勧め »