« インフルエンザ・ワクチン ¥4,500 | トップページ | Kindle本 一冊消える »

2013年10月27日 (日)

OSX 10.9 Mavericks 使ってみて

もともと 10.8だって全機能の半分も使ってないからレビューなんて言えないけど,数日使ってみた感じを書くにゃー。

○ iBooks アプリが追加された。
iBook Storeには Kindleにある本は殆どあるようだ。 コミックスはこっちで買って Macで読んだ方が断然見易いだろう。 早く出してくれればよかったのに! 既に Kindleで55冊買っちゃったよう。
日本語の文字の本(変な言い方)は,Kindle paperwhite が絶対優位。

○  マップ が追加された。
航空写真はまだまだで,浅間山はあるが谷川岳は無い。

○ セカンドディスプレイにも メニューバーとドックが表示されるようになった。
メニューバーは両ディスプレーに常に表示。
セカンド(メイン)ディスプレイの「貴重な縦方向」が狭くなるのでメニューバーは消したいが,いまのところ方法が判らない。

縦方向が狭くなるけど,メニューバーがいま使っているディスプレイにあるのはやはり便利。 表示しっ放しと,カーソルを持って行くと表示するのと,切り替えられたらもっと便利だと思う。 ドキュメントって縦方向に長いものだけど,どのディスプレイも横長なんだもんなぁ。

ドックを出したいディスプレイで,カーソルを画面一番下まで持って行くと表示される。

○ 全画面表示がいい
これまでは全画面表示にすると,デュアルディスプレイのもうひとつのディスプレイはブランクになってしまったが(この仕様が不思議だけど),どのディスプレイも独立して動作する。 ディスプレイの数だけ macがある感じ。

○ テキストエディットで 半角の横棒 - がつながる
これまで,半角横棒を複数並べると狭い空白の点線になったが 「 - 」を複数個書き終わった時点で,つながって直線に表示されるようになった。

○ ファイアウォール機能?が強化された
VirusBarrier X6 が入っているので,OSXのファイアウォール機能は「切」にしてある。 それでも Google Software Update と installd が引っかかり 「システム環境設定/セキュリティーとプライバシー/プライバシー」 で許可する必要があった。

ファイアウォールは付いてるんだから,windows defender みたいなアンチ・ウィルスソフトを付けてくれれば,市販ソフトを買わなくて済むのになぁ。

○ DiDi for 英辞朗 が使えなくなった。
クラッシュする。
最新の英辞朗第7版を買いたいが,Macへのインストールで問題が出ているようだし Mavericks(ちょっと長いぞ,この名前)に正式対応するはずの次の版を買おうと思う。 来年までオフラインの英辞朗は無しか ... 英辞朗は基本的には文例集なので,イディオムを探すには普通の辞書より使い易いんだよね ...

○ 瞬時にスリープに入るようになった。
OSX10.8 では,ここ2ヶ月ほど opt + cmd + eject を押しても,スリープに入るまで 10~15秒かかっていた。 ま~くは英文を読んでいる時間が長いため,スリープに入るまでの時間を長くしてある。 そのため離席する時にはすぐスリープに入れるようにしている。

ただ,2ヶ月前はすぐにスリープに入っていたので,OSのアップグレードで何かがリセットされた可能性が高い。

今のところ,これくらい。cat

|

« インフルエンザ・ワクチン ¥4,500 | トップページ | Kindle本 一冊消える »

マクブク日記2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/58456444

この記事へのトラックバック一覧です: OSX 10.9 Mavericks 使ってみて:

« インフルエンザ・ワクチン ¥4,500 | トップページ | Kindle本 一冊消える »