« ドライブレコーダーを替えた | トップページ | 親指シフト Teslaから KeyRemap4MacBookに変更 »

2013年10月10日 (木)

Kill Decision / Daniel Suarez

この著者の作品は,テクノ・スリラーと呼ばれているが 「超」近未来SF と言ってもいいと思う。無人攻撃機(ドローン)が戦争の主力になる日はもう来ているのかも知れない。

米国各地でドローンによる暗殺が始まっていた。 そのドローンは暗殺ターゲットを自動的に判断して爆殺する。ドローンを送り込んでいる組織は全く不明だった。

アリの集団的知性について最先端の研究をしている女性アリ学者マッキニーが,タンザニアのフィールドから米軍の秘密組織に(殆ど拉致のように)救出される。

彼女が研究していた,地上で最も攻撃的な生物 weaver ant というアリのソフトウェア・モデルが盗まれ,暗殺ドローンに使われていた。

オディンという作戦リーダーが寡黙で強靱で魅力的だ。 国防総省のネットワークすらハックされており,上官として作戦中止を命令してきたのは,ボーカロイド(初音ミクみたいなヤツ)だった。 オディンは完全に独立・孤立した作戦の実行を余儀なくされる。

数千のドローンを積んだ大型輸送船が 「ドローンのデモンストレーションのために」ある港から送り出される …

Killdecision

|

« ドライブレコーダーを替えた | トップページ | 親指シフト Teslaから KeyRemap4MacBookに変更 »

Kindle」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/58326917

この記事へのトラックバック一覧です: Kill Decision / Daniel Suarez:

« ドライブレコーダーを替えた | トップページ | 親指シフト Teslaから KeyRemap4MacBookに変更 »