« 蓼科 3 | トップページ | 蓼科 4 »

2013年9月29日 (日)

ダイハードなテレビと録画機

ダイハード を 「派手に死ぬ」だと勘違いしている人がいたけど 「しぶとくてなかなか死なない」という意味でふ。

テレビ,録画機共にかなり古くて不調。

録画機は電源を入れても " WAIT "のまま起動しないことがあり,その時は電源ケーブルを抜き挿しすると再起動するらしく直る。 しかしこの半年くらいはちゃんと動いている。

テレビも画面が出なかったり,画像や音が止まったりするが,やはり電源ケーブルを抜き挿しすると直る。 「B-CASカードのエラーです」なんていうのも出る。

ケーブルの抜き挿しが面倒なので,録画機とテレビはスイッチ付き二口電源タップに挿して,電源を簡単に元から切れるようにした。

しかし,昨日からテレビがデコードが追い着かないような症状で,頻繁に画像と音声が止まる。 元電源を切ってもダメなので,HDMIケーブルとB-CASカードを挿し直してみた。 その後はちゃんと動いている。

録画機は CPUが遅く,録画予約は「もっさり」どころか,画面をパラパラと描画しているのが判るくらい遅くて,もう壊れてもらってもいいのだが,不調になってからもう2年も使えている。

まあ,どちらも使用頻度は高く無いし,無駄な出費をすることも無いので,ガタボロのまま動き続けていただきたい。

|

« 蓼科 3 | トップページ | 蓼科 4 »

できごと」カテゴリの記事

デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/58280063

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハードなテレビと録画機:

« 蓼科 3 | トップページ | 蓼科 4 »