« 日光–金精道路-武尊-北本 4 | トップページ | 日光–金精道路-武尊-北本 5 »

2013年7月10日 (水)

The Girl Who Played with Fire / Stieg Larssson

ドラゴンタトゥーの女,第2作。

Lisbeth は南の島で過ごしていた。 彼女は全ての謎解きが好きで数学に興味を持ち,フェルマーの定理については7週間も考えていた。

法的保護者なのにもかかわらず,Lisbeth をレイプし,それをビデオに撮られ,体に「レイプ魔の豚」と Lisbethに入れ墨された Bjurman は,Lisbethへの復讐だけを考えて生きていた。

雑誌ミレニアムに,ロシアからの人身売買に関する記事が持ち込まれた。 発表されれば,秘密警察から政府までを震撼させる重大な記事だ。

記事を持ち込んだ,ジャーナリストと犯罪学者のカップルが原稿完成間際に,アパートで射殺される。 現場に落ちていたピストルには Lisbeth の指紋が付いていた。

Lisbeth は新しい大きなアパートを法人名で購入していた。 警察は彼女を見つけることができず,Lisbeth ひとりが犯人に迫るが,彼女と犯人には信じられないような関係が ...

突っ走る Lisbeth を(前回,彼女に命を救われた)ジャーナリストのBlomkvist が必死で追うが …

Thegirlwhoplayedwithfire

|

« 日光–金精道路-武尊-北本 4 | トップページ | 日光–金精道路-武尊-北本 5 »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/57764229

この記事へのトラックバック一覧です: The Girl Who Played with Fire / Stieg Larssson:

« 日光–金精道路-武尊-北本 4 | トップページ | 日光–金精道路-武尊-北本 5 »