« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

リヒテル D960 第一楽章の天国的な長さ

D960 シューベルト最後のピアノソナタ21番は,わたしがやや持てあましていた曲だった。 4楽章構成で 40分以上かかる大曲だが,ベートーヴェンのような運動性を持った音楽ではないし,どう聴いたらいいかよくわからなかったのだ。

しかも,リヒテルの第一楽章は 24:35 ある。わたしがいつもリファレンスにしているポリーニの演奏が 19:03 だから 5分以上も長い。

しかし聴き始めてみると,そこにふっと,リヒテルによって創られたシューベルトの音楽世界が浮かび上がる。 決して遅く無くて,(無音の)長い休止も必然的だ。

瞑想的と言うより,夢幻的だ。 美しく長い夢を見ているようだ。 それにしても,リヒテルのピアノの音は美しい。 フォルテシモで鳴り響かせる時でさえ,音は決して金属的にならない。

そしてわたしは,ピアノソナタ21番がとても好きになってしまっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

加湿機 と ガスファンヒーターをしまった

加湿機は Vics のこういうのを使っている。
ちょうどいい置き台はドッペルゲンガーの折り畳み椅子。(座面は布。)

Photo

2本の炭素の電極に直接 AC100Vをかけて水につっこむと言う仕組み。 水にわずかに塩を入れる。 交流なので水の電気分解は起きず,水の抵抗で発熱するという,物理的に最も簡潔な構造が気に入っている。

ほぼメンテ不要で,冬中に一度だけ水を入れ替えたくらい。 (あとは注ぎ足し。)
でも,一冬終わると,バラしてよく洗い,炭素棒の表面についた カルシウム?をガリガリ削り落とす必要がある。

現在,分解・清掃を終わり乾燥中。

ガスファンヒーターは壁のガスコンセントから外して,濡れタオルで拭いておしまい。

除湿器を出すと同時に押し入れ(と言っても幅1mしか無い)の下のモノを全部出して,掃除機をかけた。 ちょうど加湿機も乾いたので,元通り組み立てて,ガスファンヒーターと一緒にしまう。

除湿器は,床面積が小さいので,かなり広々(相対的に)した,かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

新 Google Map いいぢゃん

新 Google map はいきなりは使えない。 まず,招待をリクエストすると,一週間くらいで,招待メールが届く。 早速使ってみた。

デザイン(色使い)が少し変わったようで,見易くなった。

ワンクリックで渋滞情報が見られるのが,ちょー便利。 しかし,朝からよく渋滞してるにゃあ。sweat01  日本道路交通情報センターの発表している県内の渋滞情報より,遙かに細かく分かり易い。  この改良だけでもワンダホーだ。

乗換案内に切り替えなくても,場所を検索すると,自宅からのルートマップが表示されるのが,とても便利。

新 Google Map の仕様はよく練られていると思う。 どの機能も直感的で使い易くなった。

Google Map 使ってる人は,招待をリクエストして,新 Map に移行しようっ。 cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

夏めきオフ4

P5258381x

ハタノさんが,高城まで連れて行って見せてくれた。 いきなりの斜度がキツかったけど。

東北の山の中にしか咲かない,儚い夢のような花。 少しだけど,写真はここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

夏めきオフ3

Flickr のアカウントを作ってみた。  Yahoo Japanとは別会社なので,新規アカウントが必要。  アカウント作成画面は,まだ日本語化されていない。

とにかく,ちょこっと撮った写真を載せてみました。 ここ

文字は Unicode を使ってるらしく,日本語もちゃんと表示される。 最初に開くと,全写真が表示される。 どの写真でもクリックすると大きくなって,ま〜くが書いたコメントも表示される。 カーソル左右キーで,前後の写真が見られる。 コメント返しも可能なようだ。

ではご覧くださいませ〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

夏めきオフ2

帰りは関越道経由で帰って来た。

このオフ会を飲み会として評価すると,50点くらいだと思う。 みんなが飲むから飲み会なのであって,主にま〜くが飲んでいるのは飲み会とは言わない。 やはり,しっかり飲むメンバーも確保すべきだったと思った。

オフ会としては,ハタノさんの地元まで行ったと言うことで成功としたい。 一度は行っとかないとね。  ただ,年中掲示板でお喋りしているせいか 「久しぶりに会った感」 が全く無いのは,ネットの功罪半ばと言うところだろう。

ただ,正直に言うと,ま〜くは運転はキライではないが,阿賀野はちょっと遠い。 帰りは休まずに 330km一気に走ったらお尻が痛くなった。(もう治った。)

次回オフ会をやることがあったら,やっぱり浅井さんちでやろうよ。 それなら,ま〜くもそんなに遠くないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

夏めきオフ1

本当は「春めいたらオフしまうょう」と言うことで 「春めきオフ」のはずだったが,馬下(まおろし)保養センターの宿泊が大人気で,ハタノさんが毎週電話をかけ続けてくれて,なんとか 5.25 が取れたのだ。

ま〜くは5時前に家を出て東北道,磐越道経由で,10時には待ち合わせ場所の 道の駅「阿賀の里」へ着く予定だったが,途中で停まって1時間も寝てしまったため,11時に着くことに。

早く着いたら,ヒメサユリ見せてくれるとハタノさんから言われていたので 「11時でも大丈夫」 と聞いたら,大丈夫ってことで,ハタノさんの車で高城へ行った。

ヒメサユリは日当たりのいいところに咲いているとハタノさんが言ったので,お花畑みたいなところを想像していたら ... ただの登山道。 みんなハイキングの格好してるし! ペナペナのサンダルはいてたま〜くには大変登るのがきつかった。

ヒメサユリはぽつぽつ咲き始めたくらいで,一面の花というわけにはいかなかったが,何年かぶりにこの美しい花が見られてよかった。

関東の人は殆ど知らないと思うが,淡いピンクの百合なのだ。 なんだか儚い,夢を見ているような花だ。

ま〜く達が戻る頃には,みゃる姉が米沢牛と,馬刺し,レバ刺し などを買って来ていた。 馬下保養センターへ行く。

そうそう,ダイエット兎さんが,わざわざ来てくださって,濃厚プリンの差し入れをいただいた。 m.w. も随分昔から読んでくださっているとのことで,嬉しい驚きだった。

館内の食堂でラーメンも食べる予定だったので,まずシェフ・ハタノが米沢牛を焼く。 さすがにブランド牛。 柔らかい! 塩・胡椒だけで食べるのが最高に美味。

みゃる姉とハタノさんは馬刺し,レバ刺しを食べていたが,ま〜くは興味深く見守るだけにした。

ハタノさんは,ま〜くの持って行った赤ワインと,焼酎のダイエットコーク割りを少し飲んで,ずっと眠っていた。 合計10時間くらい寝たのではないだろうか。 あんなに眠る人を見たのは初めてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Her Last Scream / Jack Kerley

刑事 Ryderの年上の相棒 Harryは独身で,姪の Reinを自分の娘のように可愛がっていた。 Reinは Harryの膝の上で聞いた話に影響を受けてアカデミーに入学し,最高の成績で卒業して来た。

女性に異常な憎しみを持っていると思われる犯人に,極度に残虐で,最も長く苦しむ方法で殺された女性の死体が次々と見つかる。

警察は,家庭内暴力には無力だ。 夫を一時的に拘束したとしても,帰って来た夫は更にひどい暴力を妻にふるうか,殺してしまう。

警察とも行政とも直接的な関係を持たない,女性を守るための組織が存在していた。彼女らは無償で命をかけて,夫と永遠に離れる決心をした女性をリレーして遠い地に移し,ID を変え,仕事を見つけて生きられるようにする。

しかし殺されたのは逃げ延びたはずの女性達だった。女性を守るための組織にスパイがいるのか。

極度に危険な潜入捜査を買って出たのは,Harryの姪の Reinだった。 Harryは気が狂ったように反対するが ...

何人かの救出者の手を渡り,Rein はあるセーフハウスで,もう一人の女性 Treekaに出会う。 Treeka は Rein に未来を語り始めるが,その顔が大きく歪む。 銃を持った夫がそこに立っていた。

虐待された女性を守る組織,そのシテスムを逆利用して,救われたはずの女性を虐殺する,女を異常に憎悪する男達のシステムがあるのか ...

Herlastscream

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

クロネコポイントで水

ま〜くは Amazonのプライム会員で,さいたま市のお急ぎ便はクロネコヤマトが来る。 だから,クロネコポイントクラブに入った。 一回受け取る度に 10ポイント貯まる。 しかし,景品にはロクなものがなく,500ポイント貯まるのを待っていた。

500ポイントは 50回だけど,Amazonは一緒に頼んだものを,3回に分けて送ってきたりするので,意外と早く貯まる。

524kp1 クロネコポイント届いた

ドライバーさんが 「何入ってるんだろうなぁ」 と言ってたらしい。
これは勉強不足であって,この天然水は ヤマトの開発した商品であること,そしてクロネコポイントで嵩張る景品はこれしか無いこと,を知らなかったわけだ。

524kp2 立山の天然水

524kp3 ビニール袋だけど

524kp4 こういうカートリッジがあって

524kp5 立つのさ

2L x 6本の買い置きが,ちょうど賞味期限切れになったところだったので,良いタイミング。

その他に,クリスタルガイザー 500ml x 48本 がいつも買ってある。 48本買って,24本消費したら,また48本買う。 ま〜くが山に行く時は,冬は別としてネコカミ号と山の中で 5本は飲むので,常に賞味期限の切れていないクリスタルガイザーが,最低でも 24本 = 12L 保存されている。

非常時でも,ま〜くハハと 2人で 合計24L あれば,飲み水は足りるだろうと思う。

なお,賞味期限切れの水も 12Lは取ってある。 飲料水以外に使えるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

Flickrが 1TB無料に Google+ は …

Flickrは Yahoo! の買収失敗と言われていたし,他の写真共有サービスや Facebookの陰に隠れてしまったと思っていたが …

Yahoo! は,デザインを一新し,無料で 容量 1TBまで提供すると言う。

2012年に,Google から引き抜かれて Yahoo! CEO になった,マリッサ・メイヤー氏(かなり美人)もドヤ顔でインタビューに応えていた。

Marissa Ann Mayer は Google 20番目の社員で,初の女性社員。 人工知能とユーザーインターフェース設計の専門家で,副社長の中では最もメディア露出度が高かった。

Yahoo! での基本年俸は百万ドルで,株式と賞与で最大6千万ドルになるが,彼女は既に億万長者であり,Google では社長になる可能性が低かったことが,Yahoo! のオファーを受けた理由だと思う。 まだ37才だしね。

つい,マリッサ・メイヤーのことを書いてしまったが,1TB なら Flikr のアカウント作るかー! と思って,いま使っている Google+ をもう一度良く見たら,いつの間にか2048×2048 画素以下の写真は無制限に保存できることになっていた。

しかし,この容量に変更するインパクトを与えたのは 「 Retina ディスプレイが大きな変化を起こした。フル解像度でない写真はすぐに分かってしまう。」と メイヤーCEOが答えている。 iPad は長辺 2048画素あるので,Flickr の 1TB も Google+ の 2048×2048 無制限も,理にかなっている。( iPad を 4K解像度にする意味は無いだろうし。)

ま〜くも,これで写真を小さくする必要が無くなった。 1600 × 1200 くらいを基本的な大きさにしてもいいな。 しかし,ブログやウェブサイトをどうして行くのかは,よく考えないと。 ブログ,ウェブサイト用と google+用と2種類作ることになるのかにゃ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

iTunes クラシックのアルバムを分割させない方法

iTunes はクラシックを聞かない変わった開発者が作ったのか。 ( ま〜くは殆どの音楽を聴くが,クラシックも聴く。 クラシックを全く聴かない人は変わっていると考えている。 )

CD中のどの曲でも演奏者が変わらなければいいが,例えばピアノ曲とヴァイオリン・ソナタが入ると,演奏者が増える(変わる と認識される)ため,別のアルバムに分割されてしまう。

しかし,こんなことは ジャズやロックでもありそうだけど。 開発者はクラシックを聴かないと言うより,真面目に仕様を考えてないだけなのか。

アルバム一枚をそのままひとつのフォルダに入れるという,当たり前な機能が,なぜ付いていないのか実に不思議だ。

iTunes の優れた点は安定した高速なリッピングだ。 軽く x40 くらいでリッピングしてくれるのは有り難い。  残念ながら優れているのはこの一点のみ。bomb

今回 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ の11枚組をリッピングするのに当たり,少し実験してうまいこと行ったので報告する。

iTunes でリッピングしようとすると,まずネットに接続して,情報を取ってくる。 これがまた,英語,ドイツ語,日本語など色々だ。 データベースがしっかりしていない。 (CD売り上げが減少しているいま,データベースが向上することは望めないかも知れない。)

Disc 1 は Dietrich Fischer-Dieskau, Gerald Moore で全て演奏されているので,問題無いと思ってリッピングしたら,アルバム2つに分割されてしまった。

どういう こんがらがったデータベースなのか知らないが,日本語を含むデータは「演奏者」が Dietrich Fischer-Dieskau, Gerald Moore になっているのに,ドイツ語だけのデータは Dietrich Fischer-Dieskau だけになっている。 ジェラルド・ムーアはどうした。 伴奏に専念したピアニストだからって嘗めたらあかんど! フィッシャー=ディスカウは アカペラで歌ってるっちゅーんかい!(品が悪くなるま〜く。)

一枚のアルバムに対して,日本語データとドイツ語データが混在しているのも不思議だ。

こういう風にやったら理想的では無いが,うまく行った。

「環境設定」「CDをセットした時の動作」 を 「CDの読み込みを確認」にする。(理由は後述。)

iTunes を起動して,CDを入れると,リッピングするかどうか聞いてくるので 「しない」 を選択する。

Command + a で,表示されているCDの全曲のデータを選択し,右クリックしてメニューから「情報」を選択する。

「アーティスト名」を Dietrich Fischer-Dieskau だけに変える。 他のピアニストが伴奏したCDも出てくるからだ。

「アルバム名」も,日本語とドイツ語のデータが混在し,うまくやらないと順番に並ばないので 「1 EMI 美しい水車小屋の娘 他」 のように変えた。 半角数字を頭に持って来るのが一番安全だ。

(普通,3大歌曲集なら,それだけで一枚の CDにするが,この11枚組では CD1枚に 75〜79分と,ぎりぎりまで詰め込んである。)

「情報」を書き換えたら,リッピングを開始する。 先にリッピングしてから「情報」を変えると,リッピングし直す有り難い仕様になっている。 これが  「CDの読み込みを確認」 に設定した理由。

とにかくこの方法でアルバムは順番に並び,iPod nano に転送しても,順番に並んだ。 どっとはらい。

● 5.22 追記 ひろやす@gnf 様より情報いただきました。

「情報」−「オプション」タブ−「コンピレーションの一部」にチェックを入れればいーんじゃねーの? とのことです。

ま〜くもググっていて,コンピレーションにすればいいんじゃないかとは思っていたのですが,ま〜くの見たサイトでは 「情報」を開いた画面に 「コンピレーション」のチェックボックスがあり,iTunes はどんどん仕様が変わるため 「ちっ!無くしやがったな」と思ってしまったのです。

しかし 業界用語とでも言うべき compilation を 「コンピレーション」とカタカナ書きされたって判らないよなあ,と思う ま〜くでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの11枚組CDを買った

リヒテルの14枚組を買ったことは前に書いた。 こちらは,Dietrich Fischer-Dieskau(1925年5月28日 - 2012年5月18日)が,同じように EMIに残した全録音。

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウはドイツのバリトン歌手。 シューベルトの歌曲集や 「ドン・ジョバンニ」の伯爵役などが,ま〜くの記憶には残っている。

シューベルトの「冬の旅」はま〜くが愛する歌曲集のひとつだが,プライ盤を愛聴していた。 この作品は絶望の歌であると共に青春の歌でもあるから。 完璧にコントロールされることよりも,プライの若々しい声で歌われる絶望が好きだった。

しかし フィッシャー=ディースカウも プライと同じようにこの曲集を非常に重要なレパートリーとし,生涯で7回!録音している。 この記録は破られないだろう。

リヒテルは,20世紀最高のピアニストのひとり,と書いたが,フィッシャー=ディースカウは 20世紀最高のバリトン歌手と言ってしまっても,反対する人は少ないと思う。

11枚組と書いたが,11枚目は,インタビューと 全歌曲の英訳が PDF で入っている。 これは大変に有り難い! 歌詞の意味が判ると判らないでは大違いだ。

録音されているのは,シューベルトの3大歌曲集を含む,若き天才 フィッシャー=ディースカウ による,歌曲のすべて的な内容になっている。 これが import版で ¥3,600 だった。 アンビリーバボー。

↓ すごい。

●Disc1 シューベルト: 美しき水車小屋の娘 他
1.美しき水車小屋の娘 D795(1823)(全22曲)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1961年12月2-4日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

2.ます D550d(1820)
3.水の上で歌う D774(1823)
4.漁夫の歌 D881b(1826)
5.漁夫の恋の幸せ D933(1827)
6.船乗り D536(1817)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1965年2月24、25、28日、3月1日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc2 シューベルト:冬の旅 他
1.冬の旅 D911(1828)(全24曲)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1962年11月16、17日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

2.冬の夕べ D938(1828)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1965年2月24、25、28日、3月1日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc3 シューベルト:白鳥の歌 他
1.白鳥の歌 D957(1828)(全14曲)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1962年5月7、8日、9月7、9日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

2.草原の歌 D917(1827)
3.セレナード「聞け、青空にいるひばりを」 D889(1826)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1965年2月24、25、28日、3月1日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
4.孤独 D620(1818)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1959年1月9日、6月12、13日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc4 シューベルト 歌曲集
1.君こそわが憩い D776(1823)
2.夜と夢 D827(1825?)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1951年10月7日、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン録音(モノラル)
3.たゆみなき愛 D138(1815)
4.はなだいこん D752(1822)
5.孤独な人 D800b(1824?)
6.消滅 D807(1824)
7.さすらい人の月に寄せる歌 D870(1826)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1955年5月2、12、13日、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン録音(モノラル)
8.さすらい人 D493(1816)
9.音楽に寄す D547b(1817)
10.ブルックの丘にて D853(1825)
11.春に D882(1826)
12.シルヴィアはだれか告げよう D891(1826)
 1957年9月20、21日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
13.魔王 D328d(1815)
14.夜の曲 D672(1819)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1958年5月23、24日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドル録音
15.タルタロスの群れ D583(1817)
 カール・エンゲル(ピアノ)
 1959年1月9日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
16.夕べの星 D806(1824)
 カール・エンゲル(ピアノ)
 1959年6月12、13日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)
17.挨拶を送ろう D741(1822)
18.笑いと涙 D777(1823)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1962年5月7、8日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
19.野ばら D257(1815)
20.泉のほとりの若者 D300(1815?)
21.万霊節の日のための連祷 D343(1816ごろ)
22.至福 D433(1816)
23.死とおとめ D531(1817)
24、リュートに寄せて D905(1827)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1965年2月24、25、28日、3月1日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
25.夕映えの中で D799(1824?)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1967年2月20日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン、ライヴ録音

● Disc5 シューマン:リーダークライス 他
1.リーダークライス Op.39(1840)(全12曲)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1954年3月10日、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン録音(モノラル)

ロマンスとバラード 第1集 Op.45(1840)より
2.I.宝を掘る人
3.II.春の旅路
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1964年3月26、27日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
4.III.浜辺の夕暮れに
 ヘルタ・クルスト(ピアノ)
 1956年9月16日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)

5.リーダークライス Op.24(1840)(全9曲)
 ヘルタ・クルスト(ピアノ)
 1956年9月16日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)

6.君は花のごと(「ミルテの花」 Op.25-24)
悲劇~ロマンスとバラード 第4集 Op.64-3(1841)
7.I.私と一緒に逃げて
8.II.春の夜に霜が下りて
哀れなペーターI~III~ロマンスとバラード 第3集 Op.53-3(1840)
9.I.ハンスとグレーテ
10.II.私の胸に
11.III.哀れなペーターはよろよろと
12.私の馬車はゆっくりと(4つの歌 Op.142-4)(1840)
 ヘルタ・クルスト(ピアノ)
 1956年9月16日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)

ロマンスとバラード 第2集 Op.49(1840)より
13.I.二人の擲弾兵
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1951年10月10日、アビー・ロード・スタジオ、ロンドン録音(モノラル)
14.II.憎みあう兄弟
15.ベルシャザル Op.57
 ヘルタ・クルスト(ピアノ)
 1956年9月16日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音(モノラル)

●Disc6 ブラームス:美しきマゲローネ、他
1.ティークの「マゲローネ」によるロマンス Op.33(全15曲)
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 1970年7月24、25日、ビュルガーブロイ、ミュンヘン録音
2.野の寂しさ Op.86-2
 ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
 1972年3月、フランツィスカーネ教会、ザルツブルク録音
3.4つの厳粛な歌 Op.121(全4曲)
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ)
 1973年8月、フランツィスカーネ教会、ザルツブルク録音

●Disc7 マーラー:リュッケルトの歌、他
1.さすらう若人の歌(全4曲)
「子供の魔法の角笛」より
2.番兵の夜の歌
3.むだな骨折り
4.この世の生活
5.魚に説教するパドヴァの聖アントニウス
6.ラインの伝説
7.美しいトランペットが鳴り響く所
8.高い知性への賛美
9.死んだ鼓手
10.少年鼓手
5つのリュッケルトの歌
11.私は快い香りを吸い込んだ
12.美しさをあなたが愛するなら
13.私の歌をのぞき見しないで
14.私はこの世に捨てられて
15.真夜中に
 ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
 1978年2月5-10日、ジーメンスヴィラ、ベルリン録音

●Disc8 ヴォルフ: 歌曲集
○アイヒェンドルフ詩集
1.友人
2.音楽師
3.語らぬ愛
4.セレナード
5.郷愁
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1959年4月8&9日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
○メーリケ詩集
6.希望の復活
7.狩人の歌
8.鼓手
9.めぐりあい
10.散歩
11.世をのがれて
12.春に
13.旅路
14.庭師
15.古い絵に
16.朝早く
17.祈り
18.愛する人に
19.火の騎士
20.ヴァイラの歌
21.こうのとりの使い
22.別れ
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1957年9月14-18日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
○ゲーテ詩集
23.竪琴弾きの歌 その1
24.竪琴弾きの歌 その2
25.竪琴弾きの歌 その3
26.アナクレオンの墓
27.ねずみをとる男
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1960年4月14-20日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc9 R.シュトラウス: 歌曲集
1.献呈 Op.10-1
2.夜 Op.10-3
3.万霊節 Op.10-8
4.帰郷 Op.15-5
5.セレナード Op.17-2
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1967年9月4-7日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
6.私の思いのすべて Op.21-1
7.憩え、わが心 Op.27-1
8.ツェツィーリエ Op.27-2
9.ひそやかな誘い Op.27-3
10.あすの朝 Op.27-4
11.たそがれの夢 Op.29-1
12.夜の逍遥 Op.29-3
13.青い夏 Op.31-1
14.私は恋を抱いて Op.32-1
15.あこがれ Op.32-2
16.愛の賛歌 Op.32-3
17.ばらの花環 Op.36-1
18.わが子に Op.37-3
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1968年6月22-26日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
19.解き放たれて Op.39-4
20.懐かしい面影 Op.48-1
21.冬の霊感 Op.48-4
22.冬の愛 Op.48-5
23.森の喜び Op.49-1
24.見いだされたもの Op.56-1
25.東方の聖なる三博士 Op.56-6
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1969年7月21-26日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
26.単調さ Op.69-3
27.悪天候 Op.69-5
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1969年11月10-12日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音
28.小川 Op.88-1
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1970年5月4、5日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc10 レーヴェ、メンデルスゾーン、ワーグナー、リストとコルネリウス
○レーヴェ
1.魔王 Op.1-3(1824)
2.オーロフ氏 Op.2-2(1824)
3.宝堀りする男 Op.59-3(1836)
4.アーチボルド・ダグラス Op.128(1857)
5.詩人トム Op.135(1860ごろ)
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
 1967年9月4、5、7-9日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

○メンデルスゾーン
6.新しい恋 Op.19a-4(1833)
7.挨拶 Op.19a-5(1833)
8.歌の翼に Op.34-2(1835)
9.朝の挨拶 Op.47-2(1840)
10.ヴェネツィアの舟歌 Op.57-5(1842)
11.夜の歌 Op.71-6(1847)
12.月 Op.86-5(1851)
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ)
 1970年9月8、10、13、15日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

○ワーグナー
13.ワーグナー:樅の木 WWW50(1838)

○リスト
14.風はそよぐ S294(1845)
15.やさしく響け、わが歌 S301(1848)
16.山々に憩いあり S306(1848)
17.ふたたびあなたに会えるだろうか S322(1860)
 アルベルト・ライマン(ピアノ)
 1971年3月10-13日、ツェーレンドルフ・スタジオ、ベルリン録音

○コルネリウス
18.クリスマスの歌 Op.8(1856,改訂1870)(全6曲)
 ヘルマン・ロイター(ピアノ)
 1966年1月24、25日、2月1日、ゲマインデハウス、ベルリン-ツェーレンドルフ録音

●Disc11 ジョン・トランスキーの構成によるインタビューと歌唱(約44分)
プロデューサー、ジョン・トランスキーが2000年と2005年に行い放送されたインタビューを基に未放送の部分も加えて再構成されたドキュメント音源
1.シューベルト:「美しき水車小屋の娘」~どこへ
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
2.F=Dの青年時代、「冬の旅」についてのコメント
3.シューベルト:「冬の旅」~お休み
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
4.シューベルトを歌うこと、一般的に歌唱について、グリーグの歌曲についてのコメント
5.グリーグ:青春時代に Op.48-5
 ハルトムート・ヘル(ピアノ)
6.ヴォルフの音楽についてのコメント
7.ヴォルフ:メーリケ詩集~世をのがれて
 ジェラルド・ムーア(ピアノ)
8.近年の音楽界の変化についてのコメント
9.ヴェルディ:「オテロ」第2幕~ヤーゴの信条(冒頭)
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団、サー・ジョン・バルビローリ指揮
 ~「ヤーゴ」の役についてのコメント
 ~ヴェルディ:「オテロ」第2幕~夢
 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団、サー・ジョン・バルビローリ指揮
10.コメントに続き~マーラー:「子供の不思議な角笛」~死んだ鼓手
 ロンドン交響楽団、ジョージ・セル指揮

521fd1 ¥3,600

521fd2 インタビューと 歌詞PDFの入っている一枚

これでまた,積み上げられたCDが増えてしまったけど,このCD集の存在を知ったら(一枚ずつ買いそろえて持っている人はともかく) クラシック・ファンなら買ってしまうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

熊倉山 3 緑の水

520ky1 緑の水

新緑が 光を緑色にした

520ky2 木漏れ日

520ky3

520ky4 緑の沢

水が緑に染まるのは初めて見た。sweat01

520ky5 すべて緑に ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

熊倉山 2

519ky1 おたまじゃくし にゃよ

519ky2 花蓮が咲くんだよ

519ky3 白いのは花弁じゃなくて萼かな

519ky4

519ky5 スポットライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

秩父 熊倉山1 白久コースは通れない

山頂から,白久(しろく)コースへは下りないようという記述があり,道もふさいである。 だけど,白久コースの崩落は3年くらい前から始まっているので,その後にひどくなったのかは不明。

日野コースから登って山頂で聞いたら,白久コースから登って来たという人がいて「高巻きすれば平気ですよ」と言われた。

結論。 白久のコースのモノスゴク斜度の大きなところで,幅 2mくらいの鋭い土石流が起きたようだ。 いまは,親切な人が渡してくれたらしい数本の木を並べた橋が置いてある。

そーっと渡ったけど,もし落ちたら,いまは土埃の土石流跡だが,落ちたら止まらないと思う。(大怪我あるいは最悪のことも考えられる。)

高巻きは,もしやるとしたら数十m 必要で,実際的ではない。

白久コース,通らないことをお勧めします。 危険です。bomb

518ky1  上を見て すごい斜度

高巻きって言われても,どこまで登ればいいか判らない。

518ky2 下を見てもすごい斜度

慎重にこの 手作りの橋を渡ったが,溝に落ちたら止まらないと思う。

● 5/19 山行き記録を追加。

熊倉山

熊倉山の七つ滝コースがあった頃の話を,前に Neggyにした。 今登っても,そんなに楽しく無いですよと言ったが,一度登ってみたいらしい。

武州日野駅に8時に待ち合わせ,谷川岳や軽井沢よりも秩父の方が時間が読めない。 ま〜くは7時ちょっと前についてだらだら支度をして,ベンチで寝転がっていたら,7:40頃 Neggy が来た。

8時ちょっと過ぎに出発。 林道歩きが結構長いねと Neggy が言う。 駅からだと,登山道まで結構歩く。

登りは,杉林の中をひたすらジグザグに単調に登る。
途中沢を横切って行く辺りは,新緑で,水が本当に緑に染まって見えた。 これは初めての経験だなぁ。

その後また杉と檜の道になり,それでも好い感じに4時間で山頂到着。 標高差 1,100mあるので,ま〜くとしてはまあまあだと思う。

お昼を食べて,予定通り白久(しろく)駅へ下りようとするが,通行止めになっている。 でも,過去2回も崩落と書いてあったが,そんなに危険な状態ではなかった。 あれからもっと酷くなったのか。

山頂に休んでいた人に聞いてみると,白久から登ってきたとのこと。 「高巻きすれば平気ですよ」の言葉を信じて白久側へ下りたが,幅の細い鋭い土石流の跡が刻まれており,現在の土埃の状態でも,この溝に落ちたら止まらなそう。

親切な人が何本か棒を渡しておいてくれたので,何とか通れたが,ふだんハイキング程度の人だと,かなり危ないと思う。

白久側はかなり伐採されており,実に殺風景だ。 やはり単調にジグザグに下りて行く。 普通の山は下りてから疲れる感じだが,この山はリアルタイムに疲れを感じる。 変化に乏しいからかも知れない。

Neggy に「ここは修行,トレーニング向けの山なんですよ」と言ったら,納得してくれた。

登山口から白久駅まで,また結構舗装道路を歩き,30分待ちの上り電車で一駅,武州日野駅まで戻った。

518ky3 白久側登山口の沢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

明日は山へ行きます

ここのところ,うまく眠れなかったり 3:30に起きられても山へ行く気力が出なかったりして,しばらく山に行ってなかった。

明日は Neggy に誘われているので,寝不足だろうが体調不良だろうが,とにかく山に行く。 武州日野駅に車を停めて 熊倉山に登り 白久(しろく)駅へ下りて,一駅だけ秩父線で戻って来るつもり。

文字数を稼ぐため Neggy と 熊倉山について説明すると ...

Neggy(日本人)は,ま〜くが英会話学校に入って2年目くらいの時の先生。 もうひとり酒好きの生徒のノリさんというのがいて,よく3人で夜中まで酒を飲んだ。

教わったのは1年間くらいで,その後 ま〜くは池袋校へ移った。 英会話コースのレベルとクラス数はピラミッド形をしている。 初級コースはクラス数がすごく多いが,レベルが上がってくると,大宮あたりにはクラスが無く(今ならあるのかな)池袋,渋谷なんかへ行かなければならなかった。

Neggy は中学の頃 米国へ行き,米軍にも入って整備関係をやっていたらしい。 大学在学中に日本に帰って来て,Sophia University (上智大学 国際学部)を卒業している。 (かなり曖昧な記憶で書いております。)

現在も自動車部品会社で,英語を教えている。 共著で何冊か参考書,問題集を桐原書店から出版している。 Amazonで見ると6冊出していて,3冊は現在も売っている。 多少は印税もらってるな,きっと。

明日行く熊倉山は,ま〜くが 19才で初めて登った山。 詩人のKさんが連れて行ってくれた。 その頃は,沢を繰り返し渡って行く 「七ッ滝コース 」と言うのがあって,ちょうど登る時に沢に日が差すので,小さな滝が美しく人気のあるコースだった。

ところが,ある年の台風で崩落してしまい,それ以降 廃道になってしまった。
その頃は秩父線で行ってたので,白久(しろく)駅へ下りて来て,駅前の店でビールをがぶがぶ飲んで,ラーメン食べるのが楽しみだったんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

Windows Blues

表題は間違いではなくて,そろそろ Windows Blues なんて曲を誰かが書いてもいいんぢゃないかと思って。 (いや,きっと書いてると思うけど,気が利いてるかどうかだな。)

Windows 8 の 改訂版 Windows 8.1 は Windows Blue と呼ばれ,クリスマス前にアップデート可能になるはず。 Windows Blue と名前を変えたので,当然 有償になると思ったが 「あの」マイクロソフトが無償提供するとのこと。

ま〜くは macbook の VMwareFusion5 上で Windows8 を使っているが,GUI 以外は特に不便を感じていない。 しかし,MS が無償アップデートするくらいだから,何か問題があるか評判が悪いのだろう。 一億ライセンス以上売れたそうだから,使いにくいという声がかなり上がっているのかも知れない。

それでも今年3月の調査で 世界シェアは 3.1% になって mac OSX10.8 の 2.6%を抜いたところ。 とゆーことは,OSX10.8も 8千万ライセンスくらいは売れてるんだね。

少なくともスタートボタンは復活するだろう。 PC が得意でなくて,win7 から 8 へ移行せざるを得なかった人には同情する。

例えば,Adobeの主力ソフトがクラウド上へ移行したように,Windows に あるいは OS に依存する時代はいつまで続くのか,あるいはいつ終わるのか ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

そろそろクーラー

30℃までは,扇風機を天井に向けて回しておけば耐えられるのだが,31℃になってくるとちょっと無理。

自然の風がそよそよと入ってくるような家だったら耐えられると思うが,窓を開けっ放しにできない理由が幾つかある。 ( もちろん,空気のきれいな時を見計らって風は入れとります。 )

○ 隣の家のベランダで喫われるタバコ
○ 下の階の家のベランダで吸われるタバコ
○ 何を揚げているのか想像するのも恐ろしい(ホラーより怖い)近所の揚げ物のにおい。
○ 整備の悪いトラックの排気ガス,エンジンをかけたばかりの車の生ガスのにおい。
○ 大宮駅繁華街から大量に流れて来る,油を含む重苦しいにおい。
○ 30mも離れていない鉄道の騒音。(朝5時の貨物列車は時々地震と間違う。)

これらは,ま〜くが神経質だからと言うのはあるが,神経質と繊細さ(自分で言うか)は同じ根っこのものなので仕方無い。 芥川龍之介も「自分にあるのは神経だけだ」と言ってるぞ。

と言うわけで,いまクーラーを 30℃に設定して稼働中。 クーラーは高い位置にあるので,30℃にしても,macbookの辺りは 27〜28℃になってちょうどいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

やや引きこもり気味

誰か(某みゃる姉)の真似をしている訳では無いが,山に行く気力が湧かなかった。 昨日は朝 3:30に起きて,山に行ける状態で,準備もしてあったのに,何故か気力が湧かなくて行けなかった。

再チャレンジ!と言うことで,今日行こうと思って,昨夜も酒と薬を飲んだが,薬は2日続けて効いてくれなくて,1:00前に起きて,更に酒飲んでしまった。

山に行く前夜に飲む薬は,普段飲んでるカクテル(睡眠薬の)と違って,超短時間型の薬を複数含むカクテルなので,2日連続は無理なのかも知れない。

人って,まあ,なんかこういう悪いリズムの時もあるみたい。

18 か19に Neggy と熊倉山へ行くことになっているので,今週末晴れれば,心のリズムが取り戻せるかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

iPod nano 第7世代を買った

6年くらい前に買ったローズピンクの iPod nano だったが,電車出張しないため,ここ2年ほど使わなかった。

import 版のクラシックCDがめちゃくちゃ安くて,大量に買い込んだものの,一枚ずつじっくり聞いたら半年以上かかりそうなので,iPod に入れて,軽く耳を通したいと思った。

そして,iPodを出してきて充電したが,まったく反応しない。 思いつく限りのことをやってみたが,2年間の完全放電で壊れたようだ。

iPod nano 第7世代を買った。

513pn1 ¥12,217

6年も経てば随分変わる。 ガラケーと比べてもこの小ささ。  ま〜くでさえ小さく薄っぺらくて持ち難いくらいなので,米国人男性は扱えるのかと余計な心配をするくらい。
タッチパッドも素直に使い易い。 Bluetooth 4.0 が実装されている。

513pn2 ¥4,980 Logicool Mini Boombox

Logicool は,時々とんでもなく 価格性能比の高い製品を出すことがあるが,これもそのひとつ。 3.5cmのスピーカー 2コ,4cmのパッシブラジエーター(drone cone)という構成。 手のひらに乗るこの大きさで,リヒテルのピアノが破綻しない音を出す。 フルオーケストラは無理だが,クラシックが観賞できてしまう。

この設計は凄い。 一体どこの国の誰が設計したのだろう。 知りたいものだ。

iPad nano と このスピーカーで リヒテルのCD 18枚の耳通しをした。 無線なのでひじょうに使い勝手がいい。

513pn3 ちょんと触ると 曲飛ばしや音量調整の機能が現れる

iPad nano はほぼ完成形で,特に言うことは無いが,この Bluetooth スピーカーには感心した。 cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

OM-D EM-5 唯一の弱点 アイカップ

OM-D EM-5 は,持つ喜びを感じられるカメラだ。 ま〜くにとってカメラは道具なので,こんな感情を持つのは初めてだ。 ハイ・エンド機を持ったことが無いからかも知れない。

画質も素晴らしい OM-D EM-5 の唯一の弱点と言うより欠点は,アイカップが取れやすいことだ。 もうすでにひとつ落とした。

512ep1  標準アイカップ EP-10 2つ買った

今度落としたら,接着してしまうつもりだ。(本気。)

512ep2 外撮り用 アイカップ EP-11

メガネをかけているま〜くには殆ど無意味な製品だった。
外れやすいのは EP-10と同じだが,更にメガネをかけていると画像の全体が見えず縁がケラれる。 長方形なのとゴムが硬いので,外光を遮断できない。 これでは付ける意味がない。bomb

512ep3 VF-2 用アイカップ  EP-9

円形でゴムが柔らかく,外光を遮断してくれる。 こういうアイカップが必要。

OM-D EM-5 のファインダー部は,すぐにでも設計を変更していただきたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

初夏になって血圧が下がってきた

ま〜くは20代から高血圧だ。肥ってないから,遺伝的なものだと思う。 30代から一番軽い高血圧の薬を飲んでいる。

アムロジピン 2.5mg
カルメゾシン(カルデナリン) 1mg

それぞれ朝一錠。

アムロジピンはカルシウム拮抗剤で,最もよく使われている薬のひとつ。 狭心症の薬でもあり,脳,腎臓,手足,目の網膜 など体全体の血流を改善する効果もあるらしい。 一般的な使用量は 5mg(最大 10mgまで)なので,ま〜くはその 1/2 飲んでいる。

カルメゾシンは α遮断剤で,血管にある交感神経のα受容体を遮断して、血管を広げる。  一般的な使用量は4mg(最大 8mgまで)なので,ま〜くはその 1/4 飲んでいる。

ずっとこの量を飲んでいるが,睡眠薬とは違って,効かなくならない。

それでも真冬の一番寒い日になると,140-96 くらいに上がるし,冬全体では 130-90 を少し超える日が月に数日ある。

毎日,朝晩の血圧を記録してるけど,今朝なんか コロッと下がって 104-64 だもん。

赤道上に移住すれば,血圧の薬要らないかも。 cat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

英語本に帰って来た

今年は色々とデジタル的な変化があった。

○ 電子書籍
☆ Kindle paperwhite 2コ (1つはま〜くハハ用)
古典は Amazonが青空文庫でバラバラになってるのを一冊の本にして ¥100くらいで売っているので,古典を本棚から無くすことができた。

青空文庫は,エッセイ2〜3枚のものでも,一作品として置いてあるのが使いにくかったのだが,それを整理してまとめてくれる ¥100は安い。 しかし,Amazon は 青空文庫に幾らかでも支援しているのだろうか?

☆ Kindle Fire HD
paperwhite が文字に特化してるのに対し,こちらは 汎用のAndroidタブレットの一種。 Androidアプリも使える。 Fire で無いとコミックスを読むのは厳しい。

持っていたコミックス 60巻分(紙の本もページが取れたりし始めていた)を電子版で購入。本棚がずいぶん空いた。

○ NAS(1TB)
評判のいい,Western Digital My Book Live を買ったが,ネットワークにつないだだけで共有されて,とても使い勝手がいい。

YouTubeから落としたPVを整理してここに保存すると,wifi で Kindle Fire HDから見られてとても便利。

○ フレッツ光
面倒だったけど,やっと導入した。

ネットを見るには,サーバー側がボトルネックになって速くなった感は無いが,ファイルのダウンロードは確かに速い。
速度は 70Mbps 程度あって,ADSLの10倍以上出ている。 集合住宅タイプをま〜くひとりで使ってるからね。 (^x^;

○ 2TB 外付け HDD
自分で買ったDVDをHDにコピーするために買った。
12年10月にコピーコントロール技術である CSS を解除する行為自体が違法になった。 つまり自分のDVDをコピーすることもできない。
ま〜くはへそ曲がりなので,この機会?に,自分で買った DVDを全て HDDへコピーすることにした。 残念ながら,ソフトの購入方法については書けない。

DVDのディスクを,いちいちプレーヤーに入れなくて良くなり,格段に使い勝手が良い。

○ DAC付ヘッドホンアンプ
192KHz, 24bit のハイレゾ音源に対応する DAC付ヘッドホンアンプを導入。 ハイレゾ音源の凄さに鳥肌が立つ。

アップサンブリング対応のオーディオプレーヤー・ソフト Audirvana Plus を導入。
アップスケーリングした DVD映像が明らかにきれいになるように,アップサンプリングすると音が柔らかくなる。

○ Shureのヘッドホン
なぜこんなに安いのか判らないが 1万円以下で買えて,まさに Shureの音がする SRH440 を買った。 カールケーブルが邪魔なので,オヤイデのケーブルに交換,更に音が良くなる。

○ 音楽を再び聴き始める
import 版のCDがものすごく安くて「人類の宝」を,こんなに安く売ってもいいのか! と思ったものの,クラシックCDを買うのはクラシック音楽のためにもいいと思い,すでに30枚くらい買った。
現時点では,ざっと耳を通しただけだが,これから音楽を聴くことが多くなると思う。

○ OM-D EM-5
これは素晴らしいカメラだ。 ポートレート写真も撮るようになった。 とゆーか,もう軽く数千枚は撮った。

そんなこんなで,今年のここまでは 電子書籍を読んだり,映画を見たり,音楽を聴いたり,写真を撮ったりしていたのだが,英語本は開かなかった。

ところが昨日から一冊読み始めて,良いミステリーはステキな娯楽(特に英語で読むとしっかり読むので)だということを思いだした。 やっと,英語本に帰って来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

豆乳で half and half

日本で half & half と言うと,黒ビールと白ビール(そんな言葉は無い)を半々に混ぜたものを指すでしょ。  米国では,牛乳とクリームを半々に混ぜたのもそう呼ぶらしい。 コーヒーに入れたりシリアルにかけたりするそうだ。

ま〜くは最近豆乳を飲んでいる。 牛乳より低カロリーだしそれなりに美味しいが,調整豆乳でも,やはりわずかに豆腐っぽい。

朝は豆乳,寝る前に少し焼酎を飲むときに牛乳,を飲んでいたが,いい方法を思いついた。

豆乳と牛乳の half and half 。 これは,さっぱりした牛乳!という感じの飲み物になる。 お勧め。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

Yahoo 知恵袋 そろそろ抜けないと ...

Yahoo 知恵袋にハマった 話は,既に書いた。 デジカメのカテゴリマスターだったが,数日前,カテゴリマスターから滑り落ちた。

カテゴリマスターは各カテゴリに 5人ずついて,3人は絶対的に実績のある人,2人は急速に実績を上げている人だ。 ま〜くは後者になったのだと思う。

カテゴリマスターではなくなったので,主に パソコン と オーディオ のカテゴリで答えていたが,時々はデジカメにも回答していた。

すると昨日から,再びカテゴリマスターに! Yahoo 知恵袋もやり方がうまいな。
知恵袋の面白さは,ベストアンサーを取るべく,他の回答者と競争すること,困っている人が相手なので,相手のレスポンスが非常に速いこと,かも知れない。

現在 回答数 633,ベストアンサー 360,ベストアンサー率 57% グレード4-1 で,デジカメのカテゴリマスターだ。

しかし,こんなことをやっていると結構時間を食う。 今日からは絶対に一日5問までしか回答しないことに決めたぞ!

知恵コインも 50,250枚貯めたけど,使い途無し! まだ質問は2回しかしてないし,質問のお礼くらいにしか使えないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

夏タイヤに交換

ま〜くがタイヤを預けている店は,オートショップ 「マーク」 という品のいい名前だ。 圏央鶴ヶ島IC下りてすぐだけど,昼間 国道16号を通って行かなければならないため,30km も無いのに,高速1区間使っても 70分かかった。 ふだん ま〜くは早朝しか 16号は走らない。

帰りも16号を走るのはヤなので,圏央道に乗り桶川北本ICで下りて,北本を通って ま〜くの抜け道 で買い物しながら帰った。

507kt1 荒川土手

風の強い日だった。 ネコカミ号は背が高いので,100km/hくらいで走っていても結構振られる。

507kt2 エビさんの脱皮かな

唐揚げにして食べようかと思ったけど,3cm くらいしか無いのでやめた。bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

髪を夏バージョンに

もう秩父辺りの山に登ったら確実に汗をかく。

髪を夏バージョンにカットしてもらった。 うしろは生え際いっぱいで,全体はスカスカに梳いてもらった。 こりは軽い。catface

ちょうどスタンプカード一枚たまったようで,一応プロ用のシャンプーとコンディショナーくれたよ。

506hb1

ふつーのドラッグストアで売ってるのと違うのかにゃ〜? cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

情熱八百屋

大栄橋 をくぐろうとしたら,ダンボールを持ったひとりの青年に声をかけられた。 (例のごとく オクサンと思われた可能性は高い。)

行商をやっているのだが,リンゴ5個と 漬け物2袋 が残ってしまったので,安くするから買ってくれないか,と言うのだ。 好青年風だったので,一応見せて貰う。

漬け物は ¥600で売っているものだが,¥450でいいと言う。 (ネットで調べたら ¥525だった。 ¥600で売ってる店もあるかもね。)

全部売りたかったようだが,そんなに買ってもうちでは食べられないので,柴漬けと小さいリンゴ2コ を買った。 ¥702 とは,どんな計算をしたのだろうか。sweat01

505jy1 かなりちゃんとした会社風の領収書をくれた

でもって,柴漬けはとても美味しかった!

505jy2 青森の葉付きリンゴ

葉っぱのあとが残ってるね。

やや安く買ったかな,という感じ。 あの青年は大宮駅につくまでに,もうひとり客を見つけられたかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

七匹の子ぶた

大宮駅からちょっと歩くのにもかかわらず,かなり長く存続している店。 ラーメン屋だけど,夜メニューではお酒の飲める営業形態で,できたころは新しいね,と感じたものだった。

504nk1 花巻蒸しパン

夜メニューのお通し。 ディップはチャーシューディップと書いてあるけど,マヨが入っているため,チャーシューかツナかよくわからない。 でも美味しい。

504nk2 トマトと卵のあっさり炒め

これは台湾家庭料理ですにゃ。

504nk3 中華そば 玉葱トッピング

醤油ラーメンですら,脂が強いだろうと思い,玉葱(みじん切り)をトッピングして 八王子ラーメン 風にしてみた。

いまのラーメン屋は,とんこつベースが多くなり,量も多く,脂過多,超高カロリーになっていると思う。 (ラーメン屋に限らないけど。)

この頃歩いていると,米国人のように肥っている人を時々見かける。 外食店メニューのこういう変化と無関係では無いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

鶯谷 大功軒 5

鶯谷北口10秒,大功軒の全メニューを食べる企画,続行中。 大功軒1〜4は 「たべもの」カテゴリーから見てくださいね。

503tk1 レバニラ単品

503tk2 肉そば ¥650

どんなモノが出てくるかと思ったら,青椒肉絲 っぽいモノが載っている麺だった。 青椒肉絲を意識しているためか少し甘い。  ま〜くはこれはハズレとしたい。

503tk3 チャンポン ¥600

長崎チャンポンとは全く別のモノで,タンメンに細切りナルト等で彩りを加え,溶き卵を流したもの。 チャンポンぢゃない?! いいえ,いいのです。 東京の中華屋さんはこれをずっとチャンポンと呼んで来たのです。 これも絶滅危惧麺☆
東京チャンポンとでも呼びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

今年もノハラワスレナグサが咲いた

あにゃこさんに,アラスカ土産の野生のワスレナグサの種を貰ったのは 2009年2月。 2010から咲き始めて,もう4年目。 種がこぼれて,翌年も自然に葉っぱが出てきて,花が咲くの。

502fmn1 ちっこい花だよ

502fmn2 野薔薇

4弁で白い,香りのいい花が咲くよ。

502fmn3 アケビ

うちでは実が成るほど,大きくしてやれないけど。

502fmn4 クサボケ

もうどんどん咲いてる。 実が付くといいなあ。

502fmn5 カエデ

今は元気だけど,このベランダ 炎熱なので,紅葉前に葉が落ちちゃう。 (TxT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

北本の猫 2

501kt1 ホントに暗くなってきた

501kt2

501kt3 2匹で探検

510kt4

501kt5 振り向いた

さすがに,センサーも限界らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵文字( SiteSucker表示用 )

1ヶ月に一度掲示します。

suncloudrainsnowthundertyphoonmistsprinkleariestaurusgeminicancerleovirgolibrascorpiussagittariuscapricornusaquariuspisces
sportsbaseballgolftennissoccerskibasketballmotorsportspocketbelltrainsubwaybullettraincarrvcarbusshipairplanehousebuildingpostoffice
hospitalbankatmhotel24hoursgasstationparkingsignalertoiletrestaurantcafebarbeerfastfoodboutiquehairsalonkaraokemovieupwardrightcarouselpony
musicartdramaeventticketsmokingnosmokingcamerabagbookribbonpresentbirthdaytelephonemobilephonememotvgamecdheart
spadediamondclubeyeearrockscissorspaperdownwardrightupwardleftfootshoeeyeglasswheelchairnewmoonmoon1moon2moon3fullmoondog
catyachtxmasdownwardleftphonetomailtofaxtoinfo01info02mailby-dd-pointyenfreeidkeyenterclearsearchnew
flagfreedialsharpmobaqonetwothreefourfivesixseveneightninezerookheart01heart02heart03heart04happy01
angrydespairsadwobblyupnotespacutekissmarkshineflairannoypunchbombnotesdownsleepysign01sign02sign03
impactsweat01sweat02dashsign04sign05slatepouchpenshadowchairnightsoononendclockappli01appli02t-shirtmoneybag
rougedenimsnowboardbelldoordollarpcloveletterwrenchpencilcrownringsandclockbicyclejapaneseteawatchthinkconfidentcoldsweats01coldsweats02
poutgawklovelygoodbleahwinkhappy02bearingcatfacecryingweepngclipcopyrighttmrunsecretrecycler-markdanger
banemptypassfullleftrightupdownschoolwavefujiclovercherrytulipbananaapplebudmaplecherryblossomriceballcakebottle
noodlebreadsnailchickpenguinfishdelicioussmilehorsepigwineshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »