« 山用のニット帽を買った | トップページ | 武尊へ向かう »

2013年2月 5日 (火)

iTunes がクラシック向きでないこと

スティーブ・ジョブスは教養のある人だったと思うが,クラシックは聴かなかったことが,iTunes を使うと判る。 主にクラシックを聴く人には,iTunesはよいアプリではない。

たとえば アーティストでソートしたい場合,指揮者でソートしようとしても,CDのアーティスト名には 指揮者+管弦楽団 が入っているために,すべて別の演奏者と認識されてしまう。

ピアニストでも,協奏曲を弾く場合は,アーティスト名が ピアニスト+指揮者+管弦楽団 になって,別の演奏者になってしまう。

更に声楽を含んだ場合,酷いときには,一枚のアルバムが3つに分割されてしまったりする。 例えば モーツァルトのミサ曲 と アヴェ・ヴェルム・コルプス の入ったアルバムでは,前者はソロ4人が入るが,後者は混声4部だけなので,違うアーティストになり,違うアルバムになってしまう。

このアルバムがバラバラにされるのは実に不便な仕様だと思う。 一枚のCDだと言う認識はできるはずだから,素直にCD一枚単位でまとめてくれればいいのに。

Rock や Pops を一曲単位で管理することを想定しているソフトだから,こういう仕様になるのだろう。

更に輸入盤が混じっていると,マウリツィオ・ポリーニ と Maurizio Pollini は別の演奏者になる。( これはCDを作る側の問題だけど,演奏者や曲名は全部,原語で入れるように決めたらいいと思うのだが。)

それなら,どうしたらいいかと言うと,アルバムを右クリックして「情報を見る」を開き,アーティスト名を書き換えるしかない。 一度に100枚近くリッピングしたので,この書き換えは大変な手間だった。

フィガロの結婚はディスク3枚なのだが,disc1からうまく列ばず,曲名を 1フィガロの結婚〜3フィガロの結婚のような,乱暴なアルバム名にして解決した。

そして,iTunes では,作曲家でのソートができない。 「情報を見る」に「作曲家」の欄があるにもかかわらず。 もし,それが出来るやり方を知っている方がいたら,ぜひ!教えてください。

なんか,もっとシンプルな 音楽ファイル管理ソフトが欲しいなあ。 と言うより,クラシック向きの音楽プレーヤーが欲しいなぁ。cat

|

« 山用のニット帽を買った | トップページ | 武尊へ向かう »

オーディオ」カテゴリの記事

マクブク日記2」カテゴリの記事

コメント

そうですよね、iTunes だと指揮者+オケで別のアーティストに分類されたり、英名になったり日本語名になったり、合唱パートだけ生き別れで別に分類されたりするんですよね。本当に不便です。ちなみに私の持っている「フィガロ」も、何故か途中から指揮者ではなく歌手で分類されたりして生き別れにされていました。
手動で書きかえれば済む話なんですが、面倒くさいのでよほど生き別れになっていない限りそのまま放置しています。もっと簡単に何とかできる便利な方法はないですかね。

投稿: ニヤリ本舗 | 2013年2月 5日 (火) 13:35

おお。 これでクラシックの話のできる人がひとり増えたな。(にやり。)

iTunes は いくないです。 他にも,調べて見るとかなり凝った音楽ソフトはあるみたいなので調査中 ...
調査完了したら,報告致しますっ!

あ,ツタヤから Stand Alone Complex が届いてしまったっ punch

調査完了は少し遅れるかも知れないであります,隊長っ bomb

投稿: ま〜く | 2013年2月 5日 (火) 18:06

いや、でも、私は多分クラシックのCDを100枚も持っていないので、ま~く様の方が絶対詳しいと思いますが。
SACはどうぞゆっくりごらんください。明日から日本全国天気も悪くなるようですし。

投稿: ニヤリ本舗 | 2013年2月 5日 (火) 20:01

ま〜くも,100枚は持ってません。 Bartok からクラシックに入って行ったので,相当偏りがあります。
Beethoven の後期ピアノソナタ を,音楽として最も尊敬しています。

と言いつつ,ここ10年以上コンサートにも行っていません。 (^x^;

投稿: ま〜く | 2013年2月 5日 (火) 20:19

あれ〜、そうだっけ?アルバム毎にならない?

アーティストでソートとかしたことないから、も一つ話が見えてないんだけど、なんか、新しくなる毎に使いにくくなるような気はする。

これが便利!これが美しい!と押し付けてくるところがちょっとむかつくけど、私はクラシックでもiTunesダウンロードなんかで済ませてしまう人なので、そのまま使っている。

投稿: Pumpkinface | 2013年2月 6日 (水) 05:29

ならないよ〜。

そして,version up の度に Apple に都合のいいような改変がされるので,version up 毎に使いにくくなっているのは確かですね。

クラシックについては,iTunes を使わない方法を試しているところ。

投稿: ま〜く | 2013年2月 6日 (水) 11:10

ところで,ニヤリ本舗さんは,どんな分野の方ですか?

ま〜くは,オリジナルには電気屋だけど,学校では大したことは教えてくれなかったので,OPアンプ回路,TTL回路,プログラミングなどは独学しました。 その後,ずいぶん長く実験屋を続けていたのですが,早期退職する前の数年間は,ほとんどサービスエンジニアで,測定システムの提案とソフトウェアの仕様なんかをやってました。
測定器は,レーザーを波動光学的に,つまり波として使うものでした。 その測定器の解析システム(ハード含む)のベース部分は自分で設計しました。

投稿: ま〜く | 2013年2月 6日 (水) 11:17

えっ、測定器の解析システムを自分で設計って、すごいですね。機械に詳しそうだとは思っていたのですが、予想以上に詳しい専門家だったのですね。
私は一応文系の歴史系(察しはつくでしょうがもちろんイギリス系です(笑))なので、機械は昔からそれほど強くないというか、説明書なんか(必要になるまで)読まない・適当に操作すれば何とかなるという感じできているので、機械に強い人には尊敬のまなざしです。棚とかもっとアナログ的なものは自分で組み立てたり改造したりはするんですけど。
そして、ベートーヴェンは私もよく聞きます。ピアノソナタは、特にどれが1番というのはないのですが、やっぱりミーハーに3大ピアノソナタですかねえ。たまにハンマークラヴィーアとか聞きたくなったりもしますが。最近はブラームスもいいなあと思います。

投稿: ニヤリ本舗 | 2013年2月 6日 (水) 19:48

基本シテスムを作ったのは一世代前のことなんで,今は何もできません。(泣)

ちなみに,コンピュータ関係者は取説は読まないですよ。 だって Unix系の OSを買った時なんて,取説10冊は付いてきたし,そんなもの読んでたら先に進まないし ... 言語処理系の場合は少なくとも必要なところは読まざるを得ないですが。 基本的には培った経験(失敗を多く含む)と野生の勘で使うものだと思っています。

たしかに3大ソナタって,文句の付けようは無いんですよね。 だって,良いから。 でも,たまにハンマークラヴィーア聴きたくなる人は,割と少ないと思います。 レパートリーとして演奏会で引くピアニストも限られるでしょう。
ディアベリ変奏曲と言うのも凄い代物ですね。 しかし,ディアベリって,どれだけ音楽的才能の無い人だったのかと呆れるばかり。 あれ以上つまらない主題は発明しにくい。 ベートーヴェンは,どんなに主題がつまらなくても物凄い変奏曲が書けることを示してみたかったんでしょうか。 (^x^;

ま〜くはわずかに双極性障害的なものを持っていて,双極性障害だった シューマンに同期してしまう部分があります。 ピアノソナタ一番,クライスレリアーナ,なんか特に好きかなぁ。

あ「 The laughing man 」モノスゴク面白かったです。 しかし,ハリウッドのSF映画って,ものすごい貧弱な歴史しか持ってないような気がする。 ブレードランナー以外には何が?

投稿: ま〜く | 2013年2月 6日 (水) 23:23

コンピュータは経験と野生の勘ですか、なるほど(笑)。私もそんな感じなので、何だか納得です(笑)。
そして我ながら確かに「ハンマークラヴィーア」は珍しいセレクトかと思うし、誰だったかが一生のうちに何度も弾くような曲ではないと言っていて、まさにその通りだと思うんですが、たまに後半の息詰まるような感じを味わいたくなるという。それも変な趣味ですけど(笑)。
あ、そして今気づいたんですが、Stand Alone Complex、第1シリーズの方だと思うんですが、YouTubeで20日まで全話無料視聴になってます。すみません、先に気づいていればわざわざレンタルしなくてもよかったのに。よければ「笑い男」以外のエピソードもご覧ください。ラストの方が特にシリアスなんです。
そしてハリウッドのSFといえば、近年の「マトリックス」も実は攻殻機動隊の影響を受けているという話。「スターウォーズ」はオリジナルだと思いますし、特撮技術の進歩はすごいんですけどね。

投稿: ニヤリ本舗 | 2013年2月 7日 (木) 12:23

マトリックスも第1作目は,新しい映画だスゲーと思いました。 (椎名誠が同じことを書いてました。) そして3作目まで見て,バカ映画だと言うことが判りました。(またしても,椎名誠が同じことを書いてました。)

新しいアクション映像はとにもかく,なんだか勿体ぶった言い回しをするだけの,芯になるものが無い作品だと思いました。

新スタートレックは好きだけど,攻殻機動隊なんかに比べると幼稚な気がします。 日本のアニメのレベルは高いですね。 これも,手塚治虫のお陰なのかなあ。 スターウォーズみたいなのは苦手です。(^^;

投稿: ま〜く | 2013年2月 7日 (木) 13:45

あれれ、アルバムごとにソートできてましたけど。
今はできなくなってるのかな?
バージョンアップの度にモデルチェンジするのでよくわからんちん。

マトリクスは映像が斬新だっただけで内容がないよう。
あれは特撮を愉しむ映画どす。
甲殻のパクリだし。
原作はスゲーわけわかんないしさ、数学者の考えることはわからん。
スタートレックは西部劇で御都合主義のアメリカ的映画どす。
コンバットみたいなもん。笑。
スターウォーズは西部劇&松本零士のパクリだし。
でもエンターテインメントとしてシリーズ化するところがすごい。

投稿: きく | 2013年2月 8日 (金) 00:14

アルバム毎にソートできたとしたら,全曲同じ演奏者かのかも。 あるいは,どんどん使いにくくなっている iTunes の仕様がどこかで変わったかですね。

マトリックスは本当に内容が無くて,よくあれだけ無内容で映画を作れたもんだと感心。sweat01

スタートレックのご都合主義は,カーク艦長の頃からの伝統ですからっ!

投稿: ま〜く | 2013年2月 8日 (金) 00:35

コメント失礼しまーす

確かタグ情報のアルバムアーティストを設定すると
同じアルバムに入れられた気がしますよ!
あと作曲家とかで参照したければ右上の検索バーに作曲家名を入れると検索できたと思います!

投稿: | 2013年2月24日 (日) 08:42

名無し様,ご親切にコメントありがとうございます。

使い方が判ってなかっただけなんですね。 (^x^;

ただ,ま〜くは Rock と Pops だけ iTunes で管理して,クラシックは Finder で(主な)演奏者毎にフォルダ分けして,聞きたい音楽ファイルだけ,音楽プレーヤーに放り込むことにしました。 いままで,Decibel を使っていたのですが ... 新しく購入した音楽プレーヤーについては,もう少し使い込んだら書こうと思います。

Mac と オーディオの親和性の良さに驚いています。

投稿: ま〜く | 2013年2月24日 (日) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56695374

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes がクラシック向きでないこと:

« 山用のニット帽を買った | トップページ | 武尊へ向かう »