« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ユニクロでジーンズを買った

ジーンズを買うのは面倒だ。 脱いだり着たりが面倒だし,裾上げを待つのも半端な時間だ。 手持ちのジーパンが10年以上前に買った一本切りになってしまったので,ネコカミ号で出かけたら買おうと思っていた。

日光から帰って北本へ行くようにナビに入れたら,圏央道の 白岡菖蒲IC で下りろと言う。 下りてユニクロを検索したら,比較的近くにあったので行って見ると無い。 車の整理をしているおじさんに聞いたら,ユニクロはすぐ近くの大きな商業施設に移ったと言う。

そっちへ行く。 ネコカミ号を停めて,どこがユニクロか聞くと建物の反対側だと言う。 ちょっとその施設の大きさをなめていた。 5分くらいかかった。

(アリオという商業施設で,ユニクロ鷲宮店だった。)

ウルトラストレッチの細い ¥3,990 と,ストレートのストレッチ ¥2,990 を履いてみた。 ウェストは28で余裕があった。 両方共裾上げしてもらう。 半端な時間で空いていたらしく,15分でできた。 5分かかってネコカミ号にもどって,ユニクロの近くに駐車したので,時間をつぶすのも楽だった。

228uni1 隣の車に残されてたワンちゃん

ちょっと淋しそうにゃ。

228uni2

ウルトラストレッチ(黒)は非常に細く,短いようだが,履くとストレートと同じ長さになる。

< 日光–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

北本の空

極寒の日光から,ホームポジション・北本まで戻って来た。

227kit1  真冬に夏みかん

一番寒い頃が夏ミカンの季節なのはなぜ。 2袋買った。catface

227kit2 荒川土手から

227kit3 昼の月

換算 600mm 手持ち。 E-PL5 結構すごい。

227kit4 時計と雲

< 日光-北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

金精道路入口から戻る

226kon1 金精道路はもちろん通行止め

少し雪が少ないかなぁ。

226kon2 湯の湖

しっかり凍ってると思う。

226kon3 滝1

いろは坂 下り から見た滝。

226kon4 滝2

小さい滝は,凍りそう。

< 日光–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

マドカのある夜

225mad1

抱き合ってるのか,支えてるのか。

225mad2 平民達はパンが無ければお菓子を食べればいいじゃない

と,マリー・アントワネットは言わなかったらしい。

225mad3 マドカさんのお友達

スッピン? 十分かわいいよね。 ま〜くだっていつもスッピンだお,ばきぼかげし☆

225mad4 DVD観賞中

ご主人の瓜田さんは,映像プロデューサーでもある。

255mad5 「借りぐらしのアリエッティ」的な ...

マドカさん,小さめ。

<この記事はコメントを受け付けていません。>

| | トラックバック (0)

湯の湖で レスキューが訓練してた

海上保安庁 特殊救援隊 が,凍った湯の湖で訓練していた。 こんな場所でも訓練するんだね。 訓練には最適な,最悪の天気だった。

225res1 海上保安庁!

225res2 訓練日和 sweat01

225res3

テキパキと何かしていた。 何の訓練かはよく判らなかったけど,大変そうだ。

< 日光–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

ルーマニア・マンホール生活者たちの記録 / 早坂隆 Kindle版 ¥400

読んで楽しいという本では無いが,知るべき事実がある。

著者はルーマニア語を習い,ルーマニアに2年暮らして,マンホール生活者と交流している。 時期は 2001~2年。 現在も EU最貧国と言われるルーマニアだが,これは EU 加盟前の話。

マンホールに住む子供達は自分達が「チャウシェスクの息子」と呼ばれていることさえ知らない。 物乞いや掻っ払いで金を得て,シンナーだけが安息という子供が殆どだ。

ルポの最初に(清潔好きの日本人なら)かなり引いてしまう環境で暮らす,一番絶望的な子が出てくるが,そこを耐えて読み進むと,明るい話題も少し出てくる。

ルーマニア人の中間層は,マンホールに住む子を差別するか,存在を知らないか,知らないふりをする。 ロマ族(ジプシー)は更に差別される。

ある日,そこに住む人々が目障りだからという理由でマンホールのフタが溶接されて,ルポは終わる。

世界中に拡がる経済格差。 貧困者が貧困から抜け出すのは絶望的に難しい。

自分自身の経験でも,貧困から抜け出せたのは,自分の努力(もちろんした)と高度経済成長のお陰だったと思う。 これからの世界には高度経済成長も無い。 格差を減らすには,政治的手段しか無いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場ヶ原は霞んでいた

224sen1 ガスじゃなくて

物凄い風で,細かい雪がブッ飛んでいるようなのだ。sweat01

224sen2  微粒子地吹雪

224sen3 足下ガリンガリン

凍った舗装道路で転ぶと,大変危険。 そっとそっと歩いた。

< 日光–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

中禅寺湖はざむがっだ

中禅寺湖まで来たら,ものすごい風になった。 短時間,車外に出て写真を撮っただけなのに耳と手がじんじん痛い。 体感温度 –15℃くらい。 物凄い装備をしないと,山に入ったら,遭難すると思う。

223chu1 寒さに耐えるハクチョウさん

223chu2 波立ってる

223chu3 キクキク〜 この鳥さんは〜

追記 キンクロハジロ (キクキク博士よりご教授いただきました。)

223chu4  白波が打ち寄せてる

< 日光–北本 >

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

明智平

222iro1 いろは坂

222iro2 男体山

電線みたいなのは,ケーブルカーの線。 観光シーズンに来たことが無いので,このケーブルカーが運転しているのは見たことない。

222iro3 展望台

ギネス級に短いケーブルカーなんだけど,往復 ¥710らしい。

< 日光-北本 >

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

六方沢橋

221kir1 晴天

霧降高原が晴れるのはとてもめずらしい。 それとも冬は晴れることが多いのかな。

221kir2 六方沢橋から見下ろして

六方沢橋は,谷底まで 130mくらいあり東洋一らしい。 しかし,ここから飛び下りる人がいるのだ。 去年も警察が出て調べているのを見た。

221kir3 フェンス増設

二段フェンスになって,去年よりフェンスが高くなった。 でも本当に飛び下りたい人を抑止する効果は疑問だ。 登る気なら登れるし。

自殺は悲しい。 本当に悲しい。 わたしも 「自殺しよう」 と決心する時,どれほど悲しいかを知っている。(そんな時は,自分が死んだら悲しむ人のことまで考える余裕は無い。)

こんな美しい場所で,どうか,自殺しないでください。 もう一度だけ,考え直してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacMP3Gain

これはまだ App Store には無いけど,とても単純に便利なので紹介したい。

アルバムによって,音量って違うでしょ。 POPSの場合,幾つかのアルバムから曲を集めてくると,妙に音量の低いアルバムとかあって,曲によってボリュームを上げたり下げたりしなきゃならない。

音量を一定にしたい音楽ファイルをどこかのフォルダに置く。

MacMP3Gain を起動し 「 Radio Gain Mode 」を選択する。 「 Choose Folder 」で,音楽ファイルが置いてあるフォルダを指定し 「 Start 」ボタンを押す。

再エンコード等はせずに(音質は変えずに)音量だけ調整するらしい。 そんなことできるんだね。

注意! スタートボタンを押すと フォルダ内の音楽ファイルは 「警告無しに」 音量を調整して上書きされるので,フォルダにはコピーしたファイルを置くこと。 この仕様は,ま〜くは,使い易いと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

霧降高原

日光に行った。 まず霧降高原道路へ。

210kir1 いい圧雪

210kir2 駐車場

210kir3 足跡

これはウサギさんでしょうか?

210kir4 大笹牧場

定休日だったけど,開いているので勝手に入る。sweat01
羊さんは,こんなところで避寒してた。 牛さん達はもっと低いところに移動してるのかな〜。

< 日光–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリーニ バッハ 平均律クラヴィーア第1集

ポリーニ  2008/2009

チェンバロ独奏が好きになれない。 ダイナミックレンジの小さい,芯の無い音に,わたしには聞こえてしまう。 鍵盤楽器なら,進化の極限に達していると思われるスタインウェイがいい。

とは言え,ブランデンブルグ5番は ピアノ協奏曲のような構成だが,昔,オーケストラとピアノの演奏を聴いたことがあって,やはり非常にバランスが悪いと思った。あれは,ピアノで弾いちゃ駄目。

Mac でハイレゾ音楽再生環境を作った わたしは,少しずつ音楽を聴いて行こうと思う。 わたしの趣味範囲は Mozart からで,Bach は音楽の捧げもの,フーガの技法,ブランデンブルグくらいしか知らない。

最近,あまりにも有名なグールド81年盤のゴールドベルグ変奏曲を聞いた。 美しいと思った。 しかしグールドは語り尽くされているし,わたしにこの演奏について書くだけの音楽的教養は無い。と言うより,わたしには音楽的教養は全く無いのだ。

ポリーニのこの盤も,買ったままで, Bach なので封を切らずにいた。
表紙に Bach / The Well-Tempered Clavier 1 と書いてあって不思議に思った。 well-tempered って「機嫌がいい」のかと思ったのだ。 temper を辞書で引くと「楽器を調律する」という意味があった。

この well-tempered は「平均律」と訳されているが,Bachの頃は平均律だったと断定はできないようだ。 最近の研究ではそのまま「適切に調律された」として,24の長短調が演奏できれば,12平均律でなくても良かったのではないかと言われている。

この曲集は,練習曲として書かれたとされている。 だから,Bach以降の作曲家は美しい練習曲を書かざるを得なかった。 練習曲集や前奏曲集がたいてい24曲なのも,この作品が存在するからだと思う。

今年 71才と,演奏家としては晩年を迎えているポリーニ。 わたしはポリーニにピアノ音楽の全てを教わったと言ってもいい。 彼の透徹した演奏が無かったら,ベートーヴェンの後期ピアノソナタが,音楽の頂点だと言うことが理解できなかったと思う。

ポリーニ以前のベートーヴェンの演奏はドイツ的で重厚で重々しいものが多かった。 ポリーニは何の躊躇いも無く作品に光を透過させた。 わたしにでさえ,作品がよく見えるようにしてくれたのだ。

グールドは美しい,彼は演奏を作曲していた,と言っていいと思う。 ポリーニも美しい。 もし Bach がポリーニの演奏を聴いたとしたら,まずスタインウェイの音量とダイナミックレンジに腰を抜すだろう。 しかし,Bach は自分の意図した音楽が完璧に演奏されていることに感激し,涙を流してポリーニを抱きしめるのではないか。

ポリーニの音は異常に美しい。 第一曲が始まると,空から光が降ってくるのが見えた気がした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

Fiber To The Mark*

Mark に The が付いてるのは,FTTH(Fiber To The Home) を捩ったから。 FTTH という言葉を初めて見たのは,20年くらい前じゃないかと思う。

NTTはメタル回線と光回線の両方を維持することはできない。 2025年にメタル回線は廃止する予定になっている。

以前,集合住宅タイプは 6世帯からだった。 ここは大家さんを含めて 5世帯しか無い。  しかも前に聞いた説明だと,大家さん宅に分岐装置を置いて,そこからDSLで配線すると言うのだ。 ここの大家さんは長期旅行に出かけてしまうことがあるので,それだと分岐装置に故障があったら困る。

風の強い寒い日にNTTの営業がやってきて,現在の集合住宅タイプは,建物外壁に分岐装置を取り付け,各家庭にファイバーで配線すると言う。

ま〜くは2回ほど,大家さんにPCを教えたことがあり,光回線については好きにしていいと許可が貰ってあった。

219ftm1 いきなりファイバーを突っ込む

集合住宅タイプでは,普通分岐装置は1階に付けるらしいが,この建物は2階に付いていることが判った。

219ftm2  梯子待ち

219ftm3  届きました〜

219ftm4 フタの開いてる箱が分岐装置

外壁と同じ色になってるから,ペイント補修工事している間に取り付けたはずだ。

219ftm5 NTTのモデム兼ルーター でかいsweat01

営業の人は,今まで ADSLにつなげていたルーターに PPPoE の設定がしてあるなら,そのまま接続すればつながると言った。

つながらなかった。 bomb

つながらないことは想定内だった。 その場合は,中国製ではないかと疑われる PLANEXのルーターは素直に諦めて,NTTのルーターを使うつもりだった。

設定したがつながらない。 asahi-netの方はいつでもつながる状態になっているはずだが ...
ルーターのログを見ると認証がうまくいっていない。 認証方式を 「自動認証」から「PAP」に変えたら,すんなり接続できた。

asahi-netの関連ページには,フレッツ光ネクストの認証方式は「CHAP」だと書いてあるのだが,CHAPでは認証できない。 にゃんで?

PAPはパスワードを平文で流してしまうので,ちょっと怖い感じもするが,インターネットを流れるわけではなく,プロバイダーまでは電話線を流れるので,盗まれる可能性は低い。

この巨大NTTルーターには無線機能は付いていないので,いままで使っていたルーターを AP(アクセス・ポイント)として接続した。 無線LANはすんなりつながった。

ユーセン・スピードテストで測定してみたら,ADSLの時は 6Mbps ちょっとだったが,77Mbps 出た。 ま〜くには十分だ。

契約したのは,フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ(ミニ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

リヒテル 展覧会の絵

スッキリするような音楽が聴きたい。 そうだ,リヒテルの展覧会の絵が聞きたい,と思ったら持っていなかった。 リヒテルの展覧会の絵のCD は廃盤になっていて,Amazon の mp3 しかない。 しかし 256kbps 可変ビットレート なら,そこそこの音はするはずだ。

Richter - Schumann: Bunte Blatter - Mussorgsky: Pictures at an Exhibition ¥1,500

それでも,ま〜くの持つ音源の中では唯一の非可逆圧縮音源になってしまうけど。

BBC Legends という BBCの音源のようだ。 1968年のライブ録音。 ¥1,500は少し高いと思う。 FLACファイルでの販売も本気で考えて貰えないでしょうか。 > Amazon殿。

リヒテルの展覧会の絵と言えば,ピアノ音楽好きは,ソフィア・ライブでがつんと衝撃を受けたはずだ。 モノラル録音だったし,派手に音を外したりするのだが,その音楽のスケールは凄かった。 「キエフの大門」の巨大さ! こういうCDを廃盤にしちゃダメだと思う。

コンサートの構成は,ちょっと短いけど,なかなか魅力的で

1)シューマン 色とりどりの小品 14曲
2)ムソルグスキー 展覧会の絵
(アンコール)
3)ドビュッシー 映像第2集から 葉ずえを渡る鐘の音

このライブでの「キエフの大門」はど派手ではないが,丁寧にしっかりと弾かれている。 文句は無い。

展覧会の絵というのは,不思議な位置にある音楽だと思う。 ショーピースと芸術作品の中間くらい? 分かり易いのがいけないのか。

例えばポリーニがこの曲を演奏することは無いだろう。

でも,この音楽には20世紀の音楽へつながって行く新しさがあると思う。 巨匠あるいは名ピアニストと言われた人で,展覧会の絵をこれだけ多く演奏し録音を残したのはリヒテルだけだ。

やさしい巨人のやさしい展覧会の絵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

シューベルト 冬の旅

ヘルマン・プライ 録音1984年

歌曲集「冬の旅」を 「24の絶望変奏曲」と呼んだ評論家がいるが,その通りだ。 絶望を主題とした変奏曲。 あらゆる絶望を描いてゆく。

プライのこれより若い時の録音を,繰り返し繰り返し聞いていた時期が,わたしにはある。 真冬の底のいま 「冬の旅」を久しぶりに聞いてみようと思う。

プライというと,まず陽気なフィガロが思い浮かぶ。 しかしシューベルトもとても大切にしていて,最後のコンサートは冬の旅になるかも知れないと言っていた。 心臓発作で亡くなったので,果たせなかったのではないか。

連作詩の歌詞は単純だが,かえってシューベルトにとって,彼の旋律で描くためには,扱いやすかったかも知れない。 D911と最晩年(と言っても31才で亡くなるのだが)の作品だ。

ピアノの音数は少なく,ピアニスティックではなく,ただの伴奏のようだが,途轍もなく深い内容を持っている。 最終曲の冒頭の分散和音には,絶望を超えた虚無が感じられる。

ストーリーは単純で,(たぶん)金持ちの娘を恋人にして,裏切られた青年が雪の中をどこまでも歩き続けるだけだ。 曲集の始めの 1/3 は,まだ彼の心の中に怒りの火がくすぶっているが,8曲目「かえりみ」以降は,時に幸せだった頃の夢や,偽りの希望が彼の心をよぎるが,絶望は物憂く,諦めに近くなってゆく。

そして24曲目の「ライアー回し」では,冒頭の分散和音が 哀しく美しく,美しく哀しい。 もう青年は死のこちら側にいるのか,あちら側にいるのか,聴き手にはわからないほどだ。

ライアー(ライエルと発音している)は,手回しの自動オルガン。 オルゴールのようなものだが,発音機構はパイプオルガンだ。

村はずれで,裸足の老人がライアーを回している。 老人の前に置かれた皿に金を入れる者はいない。 老人はいつまでもいつまでもライアーを回し続ける …

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

E-PL5 曇天撮影3

Olympus E-PL5, ED14-150mm(F4〜F5.6),色調は Natural,Pモードで撮影,レタッチ無し。

216olp1 天せいろ

天麩羅は こんな白っぽい色だった。

216olp2 氷川神社

216olp3 夕方見ると ちょっとこばひ

216olp4

216olp5 陽は落ちた

もう商用車は車幅灯を点けている。

216olp6 換算 300mm

ブレているが,夕暮れの光でこれだけ撮れる。

OM-D EM-5 と同じセンサーの高感度と,自然な写りがよいと思った。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

雁腹摺山 – 姥子山分岐まで

215gan1

凍ってなくて嬉しい。

215gan2 鳥さん オレンジのとこがある

笛を吹かなくても,キクキク博士が教えてくれるでしょう。

215gan3 黄緑 ま〜く

215gan4  雪がある

この山で,こんな雪に出会ったのは初めて。

215gan5 ここで引き返す

215gan6 斜めってるネコカミ号

この駐車場は前後左右に斜めでかなり怖い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

E-PL5 曇天撮影2

Olympus E-PL5, ED14-150mm(F4〜F5.6),色調は Natural,Pモードで撮影,レタッチ無し。

215olp1

215olp2 モノリス

エヴァの死海文書(しかいもんじょ)とは,このようなモノではないか。 人類以前の文書なら,こんなモノリスに書かれていておかしくない。

215olp3 デジタルテレコン 換算600mm

215olp4  デジタルテレコン

カメラを構えたら猫が飛び出した,偶然の一枚。

215olp5

食べ物写真も撮りたくて,仕方無く! ビールも頼む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

雁腹摺山 – 姥子山分岐まで

天気予報を見て驚いた 27時間連続晴天なのだ。 春の天気予報が幾ら当たらないといっても ,少し霞むくらいだろう。

2時頃目が覚めてしまったので,メール・チェックした後,3時に出る。
登山口駐車場に 6時半に到着,7時には歩き始める。 天気予報は見事に外れ,重たい曇天だ。 10時頃日が差して来たが,一日中ピーカンにはならなかった。

思ったより雪がある。 そのわりに橋が凍ってなくて嬉しい。 (沢にかかる小さな橋がたくさんあるが,冬になると見事に凍るのだ。) 誰も使わない広い林道の少し上で,パリジャンサンドを食べる。 今日はハムのがあった。 なんだかレタスが山ほど入っていた。

この山はカモシカさんがいるんだけど,しばらく会わないなあ。

やはり雪があるとペースが落ち,ちょっと気になることもあって早く帰ろうと思っていた。 姥子山への分岐点で 12時になったので帰る。 14時半に駐車場に着き,15時に出発。

この山の難点は,圏央道の料金が高いこと。 だから坂戸ICを下りて16号を使わず帰った。 17時に家に到着。雁腹摺山の登山口から2時間は記録だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E-PL5 曇天撮影1

完全な曇天の3時,大宮公園へ向かう。

Olympus E-PL5, ED14-150mm (F4〜F5.6),色調は Natural,Pモードで撮影,レタッチ無し。

214olp1

214olp2  オオバン(大鷭)

追記 埼玉県では絶滅寸前(絶滅危惧種Ⅰ類)となっています。 いぢめないように!

214olp3

214olp4 PLシリーズは接写は不得意

S-AF + MF に設定して,MF でピントを合わせた

214olp5 デジタルテレコン

この写真はブレているが,曇天 600mm手持ちを考えれば立派。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

オリンパス E-PL5がやってきた

おにゃにゃっ,こんなモノが届いたっ。cat

213olp1

オリンパスの PEN シリーズは凄く売れたが,OM-D EM-5 は新世代の超高感度センサーと7軸手ぶれ補正を持って,まさに殴り込んで来たカメラだった。 発売後7ヶ月経っても価格が落ちてこない。 これはデジカメとしては驚異的だ。

OM-D EM-5が欲しいのは山々だが,少し重いのと,予備電池やアクセサリーを含めると,かなりいい価格になってしまう。 ま〜くのカメラは山で落とされる可能性もあるのだ。sweat01

E-PL1s を2年くらい使ったら OM-D が出た。 ま〜くは OM-Dのセンサーが PLシリーズに搭載されるのを待っていた。 そしてついに,E-PL5 が! E-PL1sは,ま〜くとしては長く使ったカメラだと思う。 途中で 14-150mmの万能ズームを米国から(米国の方が一万円くらい安かった)買ったのも,長く使った理由のひとつかも。

213olp2  開けた

213olp3  色々入ってる

213olp4 ストロボは取り外し可能

PL1s と 電池は同じだし,EVF(今でも2万円する)も使える。 標準ズームのフィルター径も同じだから,プロテクター(フィルター)も付く。

まず,Olympus Viewer2 をインストール・再起動した。 OV2を起動するとアップデートがあり,再びインストール・再起動。 ファームウェアの確認は OV2からもできるが,OLYMPUS デジタルカメラアップデーターというアプリがあったので,それを使った。

PL5 と Mac を USB接続すると PL5の液晶画面に マス・ストレージが選択されたかのように表示されるが,カメラのハードのOKボタンを押さないと選択されず,Mac に認識されない。 軽いトラップが気持を和やかにしてくれる,ばき。

ファームを見ると,PL5本体も 14-150mm も 1.0 → 1.1 のアップデートがあった。 アップデートする前に,くれぐれも満充電の電池を使うことを忘れずに!

晴れの予報なのに,どんより曇った午後3時,超高感度を試すのにはちょうどよい天気ではないか。 ま〜くは大宮公園に向かった。  この話,あと3日くらい引っ張るだろうことは,賢明な皆様の推測通りである。

Stay tuned !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

iTunes を使わないで クラシック音楽ファイルを管理する

ファインダーを使う。 punch いや,マヂでこれが一番柔軟性があって使い易いです。

iTunesを起動して,クラシック音楽アルバムを全て削除する。 削除する時に 「ファイルを残す」がデフォルトになるので,そのまま,ファイルを残す。

「Classic」 等の適当なフォルダを作り, iTunes/iTunes Media/Music から,クラシックのアルバムのフォルダを移動する。 アルバムの分類は,何しろファインダーなんだから,自分の好きにできる。 ま〜くは,演奏者ごとに分けた。

音楽ファイルの再生は iTunes以外で行う。 iTunesは一回再生すると,そのファイルを Musicフォルダにコピーしてしまって面倒なので。

ま〜くは App Store から Decibel (¥2,900)というのを買った。 このソフトは Play → Ayrewave → Decibel になったとのことで,この名前になったばかりらしく,Decibel でググっても殆ど何も出て来ない。

このソフトの売りは
○全ての演算を 64bit浮動小数点で行っている。
○バッファリングを超えて,音楽ファイルを,再生前にメモリ上に全て読み込む機能がある。
○オーバーサンプリングしてるらしい。

仕様も英文マニュアルも無いのは淋しいが,そのうち作られるでしょう。

音は iTunes より柔らかい感じがするが,なにしろ iTunes と比較するのは面倒なため(前にも書いたように iTunesで再生すると,音楽ファイルをコピーされてしまうため)大した比較はしていない。

このソフトで次のように設定した。

○プレイリストを保持しない。
○音楽ファイルをメモリ上にロードする。
○サンプリングレート・コンバーターのquality を Maximum にする。
○アルバム・アートワークをプレイリストの後ろに表示。
○プラグ・インの iTunes Browser のチェックを外す。(機能は不明だが,とにかく iTunesと係わりたくない。)

これで,Decibel を起動すると,まっさらのプレイリストで起動するので,その時聴きたい曲をファインダーからドロップすればいい。

この方法,シンプルでいい。 気に入ってまふ。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

アキバ・オフ

211bj1

211bj2

昨日のアキバ・オフの写真。 美女に会ったのを自慢したいだけの記事です。punch

(この記事はコメントを受け付けていません。)

| | トラックバック (0)

蒙古タンメン中本で お食事券をもらった

何のイベントかも全く知らされず,アキバに呼び出された ま〜くだったけど,なかなか楽しかった。  そう言えば,イベント中(7時間!)ピザの小片ひとつ以外は酒しか飲んでなかった。

大宮に着いたのは 0時を回った頃,蒙古タンメン中本へ行くと 「2時まで営業中!」の頼もしい看板が出ていた。 この三連休中は少し遅くまでやるみたいだ。

いつものように,一番辛い 「冷やし味噌ラーメン」 を頼む。

211mo1  凶烈なスープ

カプサイシンが蒸発して,すするとむせてしまうため,スープにつけたら,静かに口に移動する。

店の人がやってきて,女性のお客様から 11日(ちょうど11日になったところだ)から 14日までに,義理チョコをいただくと,ラーメン券を差し上げております,と言う。

そうだ,イベントでチョコボール(推定¥100)もらったけど,ま〜くは甘いもの苦手なのだ。 さっそく差し上げる。

211mo2  770〜800円の価値あり

チョコボールが激辛ラーメンに化けた夜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラケースをトートバッグに換える

武尊から帰って来て,東松山ICすぐのビバホームに入る。 6角レンチセットを買いに行ったのだが ...

211ht1 イベント・ジャンパー ¥686

ま〜くは,この色を見ると欲しくなる。sweat01  春の低山のウインドブレーカーに使えるといいな。

211ht2 プラケース

車の中に箱を入れておくと便利なのだが,なにしろ箱なので,四角くて固くて融通がきかない。

211ht3 しまむらで買ったトートバッグ

211ht4 ピッタリ入った

都合のいい所に,ひょいっと置けるのがバッグのよいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

荒川べり

武尊から北本まで戻ると季節が違う。

210ht1 光る沼

210ht2 一日中強い風が吹いていた

210ht3 メダカさんはどこへ行った

夏はメダカがたくさんいたんだけど ... 冬はどこかで冬眠してるのかな。 沈んだ枯葉や枝の下にいるのかしら。

210ht4 春が来た

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

川場谷野営場の入口

209ht1 なだれ危険 sweat01

その先の斜面が緩むと,雪崩れる可能性がありそう。

普通,こういうところには 「ぐんまちゃん」 が居るものだが ... 川場村 と ぐんまちゃんは 反りが合わないのかな?

209ht2 川場谷野営場入り口

209ht3 書かなくても判るっ

通行しろと言われても,雪上車ぢゃなきゃ走行できないぞ。
看板自体埋もれかけてるし。sweat01

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

アサルト・ガールズ なんだこりゃ

「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」あたりから才能を発揮しはじめて,「攻殻機動隊」で頂点に立ったかと思われた 押井守 だったが ...

「スカイ・クロラ」はそれほど好きになれなかったが,世界観は一応判る。 大人にならないキルドレが,戦争という行為を必要とする世界の維持のために,企業に雇われて代理戦争をする。 キルドレのパイロットが「明日死ぬかも知れないのに,なんで大人にならなきゃいけないの?」と問うシーンは納得できた。

しかし実写版の電脳ゲームの映画 Avalon は,アマチュア映画のようにさえ見える。 何を表現したいのかよく判らない。

Avalon(f) という電脳ゲームの話なので,その続きと思われる 「アサルト・ガールズ」は,正直言って観た時間を返して欲しいくらいだ。

「なんじゃこりゃあ!」まで力が入らず「なんだこりゃ(しょぼん)」だ。

押井塾の神山賢二は 「攻殻機動隊SAC」 で,あんな素晴らしい仕事をしてるじゃないか!

まだ観てなかった「崖の上のポニョ」も観た。 子供向けだと思っていたが,十分に面白かった。 ファンタジーとは言え,細かい伏線や設定も無く,クライマックスへ向かって,まさに怒濤のように進行する。 ハッピーエンドなのも良い。 王道アニメを作り続ける 宮崎駿 の力を見せつけられた気がした。

押井監督,アニメへ戻ってくれ!punch

| | コメント (10) | トラックバック (0)

奥利根ゆけむり街道で帰る

208ht1 日が差してきた

208ht2 眩しいにゃ

208ht3 トンネル

208ht4 四駆がブッ飛んで来る

四駆だって,滑ったら同じなんだぞ〜。

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

武尊牧場スキー場

207ht1 ネコカミ号 定位置

あの雪の山の向こうが,夏は原っぱなんだよ。

207ht2  ドライ草

207ht3 倒れちゃダメにゃっ punch

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

武尊牧場スキー場

206ht1 夜は凍るかなぁ

206ht2 すぐそこ

206ht3 すこぅし降ってた

206ht4 駐車場

駐車場の手前で,二人のおじさんが,花咲かじいさんみたいに,手で塩カル撒いてた。sweat01

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪 ふたたび

雪と霙が交互に降っている感じ。 積もらないといいのだが ...

206snow1  大家さんちの庭

206snow2  クロネコさん

雪の中を激走! いつも来てくれる,ヤマトのお姉さんだ。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

武尊へ向かう

夏に写真を撮りに来ていた武尊牧場スキー場に,初めて冬に来た。

205ht1 荒山沢

205ht2  きれいに圧雪

やや寂れてるけど スキー場だし。

205ht3 この雪なら走り易い

205ht4 真夏はすてきなプールなんだ

流れが静かだから,寒中水泳にもいいかも知れない。 わたくし? いえいえ,貴方からどうぞ。(奥床しい。)

< 武尊–北本 >

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes がクラシック向きでないこと

スティーブ・ジョブスは教養のある人だったと思うが,クラシックは聴かなかったことが,iTunes を使うと判る。 主にクラシックを聴く人には,iTunesはよいアプリではない。

たとえば アーティストでソートしたい場合,指揮者でソートしようとしても,CDのアーティスト名には 指揮者+管弦楽団 が入っているために,すべて別の演奏者と認識されてしまう。

ピアニストでも,協奏曲を弾く場合は,アーティスト名が ピアニスト+指揮者+管弦楽団 になって,別の演奏者になってしまう。

更に声楽を含んだ場合,酷いときには,一枚のアルバムが3つに分割されてしまったりする。 例えば モーツァルトのミサ曲 と アヴェ・ヴェルム・コルプス の入ったアルバムでは,前者はソロ4人が入るが,後者は混声4部だけなので,違うアーティストになり,違うアルバムになってしまう。

このアルバムがバラバラにされるのは実に不便な仕様だと思う。 一枚のCDだと言う認識はできるはずだから,素直にCD一枚単位でまとめてくれればいいのに。

Rock や Pops を一曲単位で管理することを想定しているソフトだから,こういう仕様になるのだろう。

更に輸入盤が混じっていると,マウリツィオ・ポリーニ と Maurizio Pollini は別の演奏者になる。( これはCDを作る側の問題だけど,演奏者や曲名は全部,原語で入れるように決めたらいいと思うのだが。)

それなら,どうしたらいいかと言うと,アルバムを右クリックして「情報を見る」を開き,アーティスト名を書き換えるしかない。 一度に100枚近くリッピングしたので,この書き換えは大変な手間だった。

フィガロの結婚はディスク3枚なのだが,disc1からうまく列ばず,曲名を 1フィガロの結婚〜3フィガロの結婚のような,乱暴なアルバム名にして解決した。

そして,iTunes では,作曲家でのソートができない。 「情報を見る」に「作曲家」の欄があるにもかかわらず。 もし,それが出来るやり方を知っている方がいたら,ぜひ!教えてください。

なんか,もっとシンプルな 音楽ファイル管理ソフトが欲しいなあ。 と言うより,クラシック向きの音楽プレーヤーが欲しいなぁ。cat

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

山用のニット帽を買った

小野子山の下りで何度か滑って転んだ。 雪の下に氷が隠れていたり,雪解けで土がズルズルになっていたり。 その時,帽子を落としたらしい。

モンベルの野球帽型の帽子だった。 落としても気付かなかったのは,温度が上がって帽子が無くても寒くなかったのと,うっとおしいターミネーターサングラス(メガネの上にかけられる)に気を取られていたせいだと思う。

野球帽型なのに,耳覆いが内蔵されているすぐれものだった。 6年くらいは使った。

冬用の帽子は難しい。 山用品屋さんに行ったとしても,その帽子がどれくらい暖かいか判らないからだ。 低山だと,暖かすぎても被っていられない。 そこで2つ買うことにした。

24knit1 24knit2

ドイツ製 ウォッチキャップ ¥1,400 (写真よりもう少し明るい緑色だ)
モンベル ウールビーニー(名称意味不明) ¥2,300

ウォッチキャップは軍仕様に準じているようで,Thinsulate で暖かそうだ。 しかし,暖かすぎる可能性が高いと思い,モンベルも買った。 これは帽子も浅いし(耳は隠せる)暖かすぎることは無いだろう。

次回の山歩きに2つ持って行ってテストする。

chick 追記
パフ姉が教えてくれた。 ビーニー( beanie )とはニット帽のこと。

ただ,ま〜くの知る限り wool には名詞しか無いので,正確に言うなら a woolen beanie となるかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

足場が無くなった

1月13日に山から帰ってきたら,突如として出来ていた。 「 scaffolding(足場) だ!」と何故か英語が先に浮かんだ。 それくらいびっくりした。sweat01

2週間以上のお付き合いだった。 足場自体は邪魔ではなかったが,ペイントの溶剤にはかなり苦しめられた。 それと,上がる気なら誰でも上がって来られるので,寝る時にサッシの鍵を忘れないようにする必要があった。

23sca1  ポンポコ取り外して行く

23sca2 半日できれいに無くなった

23sca3  スッキリ

この後,階段を塗り直すんだと思う。 どうするのかな,縦半分ずつ塗るしか無いよね。 chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

ファミマ 3種の石窯パリジャンサンド

このパリジャンサンドしか無かった。  「ハムとブロッコリー」気に入ってたのにな。

全家便利商店(←中国名 ファミリーマート) 3種の石窯パリジャンサンド。 商品名に石窯と入れた場合,本当に石窯で焼いたパンなのか。 そこまで規制する法律は無いので,石窯は雰囲気だけではないかと思うま〜くは考えすぎか。

202pari1 小野子山で

味は,次の写真を見れば判る。

202pari2 何が挟んであるか詳細に記述されている

理由は,それぞれの量が少なくて,何を食べているのか判らないpunchため!
基本,ひとつの食材で勝負せい! > ファミマ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

Lyrics Master 2 の歌詞表示が便利なこと

自分のCD全てを Apple Lossless でリッピングして NAS に入れたことは書いた。 これからは iTunes(マクブク) → 光デジタル → DAC付ヘッドホンアンプ → ヘッドホン で聴くことになる。

iTunes を使っていて欲しいなと思うのは,歌詞表示。 歌詞は,日本語ですら聞き取れないことがあるのに英語では無理。

Lyrics Master2 と言うソフトを見つけた。(AppStoreには無い)  OSX10.8 にも対応している。 Lyrics Master をインストールした後,アプリのフォルダ内にある iTunes Script を実行しておくと,iTunes の「ウインドウ」と「ヘルプ」のメニューの間にスクリプトのアイコンができて,ここから Lyrics Master を開くことができる。

Lyrics Master を開いておくと,曲を再生する度に自動的に歌詞を検索してくれる。 ま〜くの持っている,J-POP, ブリティッシュ・ロック では,いまのところ歌詞が表示されなかったことは無い。

ロックの歌詞が表示されるのは有り難い。 これで,しまいこんだブックレットを引きずり出したりしなくて済む。

さすがに ドイツ・リートやモーツァルトのオペラやミサ曲には対応していないが,よく考えたら表示されても,ドイツ語,ラテン語,イタリア語 は読めないからっ。sweat01

有償でいいと思うソフトだ。 iTunes使ってる人にお勧めしまふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »