« Macで Suicaをチャージ | トップページ | 足場が組まれた »

2013年1月10日 (木)

DVDFabリッピング

2012年10月1日から,著作権法が改正され,CSS(コピーガード)を解除して,DVDからリッピングする 「行為」 が違法になった。

わたしは,DVDコピーソフトは違法にするべきだと思う。 DVDは壊れるものではないし,そのバックアップを取る必要は無いからだ。

しかし,DVDのリッピングができないのは行き過ぎだと思う。

自分で買った DVD の音楽ビデオ等をリッピングして,例えば MPEG-4/Divx/XVID/H.264 AVI/MP4 に変換して,ファイルをNASに置いて,Pad系デバイスで見ることまで許さないのは行き過ぎだ!

現在日本で販売されている DVDリッピングソフトでは,市販DVDのリッピングはできない。 ただ,他の国(C国が多いと思われる)のサイトに,そのソフトに組み合わせる解除ソフトが置いてあったりする。

ここで 「自分で買った市販DVD 」のリッピングができるソフトの入手方法を書く。

サイトで販売されている,DVDリッピングソフトの試用版を4種類ほどダウンロードしてみたが,そのままリッピングできたのは,DVDFab だけだった。

まず,DVDFab で検索すると,ダウンロードできるサイトが出てくるので,ダウンロードして試用する。 試用版では画像に DVDFabのロゴマークと文字が入る。 ちゃんとリッピングできたら購入。

DVDFab は中国のソフトウェア会社が作っている。 それを Avangate というアムステルダムに本部を置くソフト販売会社が扱っているはずだ。

なお,この購入はかなり複雑であり,ネットでソフトを買うことに慣れている人,英語の読める人以外は手を出さない方が無難かも知れない。

販売サイトに行くと,各機能が切り売りされている。 DVDコピー,Blu-rayコピー がデフォルトでチェックされているが,それを外して,DVDリッピングを選ぶ。

現在ディスカウント中とかで,3千5百円(2年使用できる版)で買える。 これを選ぶと「全ての機能が入ったフルセット・無期限版」が勧められるが無視する。 2年後のサイバー世界のことなんか誰にも判らないし。

購入時点で,デフォルトで,やや小さい文字で 「2年毎に自動更新する」 にチェックが入っているので外す。  2年毎に自動更新するつもりでいると言うことは,このサイトはカード情報を保持するのだろう。 カードは,年会費をがっつり払ってるからサポートもちゃんとすると想定し(サポート使ったことは無いが),海外に強そうな Amex を使った。 トラブル予防と言う意味で。

購入すると,メールが3通来る。 その情報で DVDFabのサイトでアカウントを作成すると,そのアカウントとパスワードが解除キーになる。

理由不明だが,このソフトは2度ほど,試用ソフトに戻ってしまい,解除し直したことも書いておく。

DVDFab(DVDリッピングしか購入していないが)は,実に使い易いソフトだ。 こなれている。 そしてファイル変換も 「汎用」以外に各デバイス用があり,既に Kindle Fire HD 用のmp4変換も用意されていた。

なお「設定」の 「DVD/Blu-ray リッピング」「変換」から「ターボCPUを有効にする」のチェックを外しておかないと,CPUを全部使われてしまい,ま〜くの MacBook Pro Late2011 Corei5 では,軽く90℃あるいはファン5千回転に達する。 危ないから外しておこう。

最後に書いておくが,DVDコピー,Blu-rayコピーのソフトは買わないこと。 これらのソフトは,レンタルDVD/Blu-ray を違法コピーする以外に必要無いはずだ。  著作権を尊重し,自分で買ったDVDのリッピングだけをしよう。(違法だけど。)

刑事罰は無いようだが,こんな風に法律を改正すると,リッピングして Pad系で見たいという巨大な数のDVD購入者を減らすことになると思うけど ... cat

|

« Macで Suicaをチャージ | トップページ | 足場が組まれた »

Kindle」カテゴリの記事

デジタル」カテゴリの記事

マクブク日記2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56512164

この記事へのトラックバック一覧です: DVDFabリッピング:

« Macで Suicaをチャージ | トップページ | 足場が組まれた »