« 土樽5 | トップページ | 土樽6 »

2013年1月24日 (木)

小野子山+85分

冬に登れて標高差が 1,100m〜程度ある山と言うと,両神山,雁腹摺山くらいしか知らなかったが,去年,十二ヶ岳(4低山の縦走)が,大変にタフであることを再発見したので,行った。 ここは駐車場まで 14%の坂があるが,四駆が轍を作ってくれたため,なんとか上がれた。 雪が降ったすぐ後や,凍った時は無理だと思う。 かと言って,小野上駅から歩き始めたら,登山道入口まで一時間以上かかる。

この日の桐生(きりゅう)の予報は  -1℃ / 7℃ で,真冬にしてはとても暖かい日だった。 最初だけミレーのジャンパーを着ていたが,その後は,ユニクロのフリースシャツの下にモンベルのジオライン中厚手の下着だけで登った。
雪は思ったよりあった。 雨乞山までは大丈夫だったが,その後はミドルカットの靴ではスパッツが必要なくらいあった。 スパッツも軽アイゼンも携行していたが,ま〜くはちょー不器用なため,スパッツを付けるだけで15分くらいかかって,時間の無駄なので止めた。 フリースの靴下を履いていたし,気温が高かったので足が冷たくなることは無かった。

え〜と。 十二ヶ岳まで登るつもりだったのだ。 しかし,小野子山に着いたら,12時のチャイムが下界から聞こえた。 ここでパリジャンサンドと牛乳,お茶,蜜柑など食べて身支度すると 12時半になった。 夕方から曇る予報だったので,13時には戻るつもりだった。 ここから中ノ岳の間には 200m近くの下りがある。 下りた。 13時ちょうどに,小野子山と中ノ岳の中間のボトムまで来た。 ここで帰る。 30分で下りた道は,55分かかって登り返した。

つまり今日は,小野子山+85分だった。 雪があると,かなり時間を食う。 この山は登山道の陽当たりがよいところが多く,春先は真っ先に緑になると思う。 春の十二ヶ岳も楽しみだ。

|

« 土樽5 | トップページ | 土樽6 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56624470

この記事へのトラックバック一覧です: 小野子山+85分:

« 土樽5 | トップページ | 土樽6 »