« ベランダ復活 | トップページ | Lyrics Master 2 の歌詞表示が便利なこと »

2013年1月31日 (木)

小野子山+150分

先週よりも雪は少なくなっていたが,駐車場に行くまで,轍でネコカミ号が左右に振られるし,シュルシュルと氷で滑る音を立てながら何とか登るところもあった。

一時間早く登り始めたので,小野子山(1208.3m)には一時間早く着いた。 前回は 13時になったら帰ることにしたが,今日は 12時半に帰ることにした。 一時間早く着いているので,一時間分遠くまで行けることになるが,この山は登ったり下りたりが続く山なので,帰りもかなり時間がかかると見た方がいい。

小野子山から 60分下りて(この前ボトムだと思ったのは,まだボトムではなかった)90分かかって登り返した。 雪は日陰斜面でスパッツの長さくらいある。

小野子山の手前の雨乞山(931.4m)までは雪が殆ど無いが,1,000mくらいから雪山になるので,軽アイゼンを付けた。 しかし,硬い雪ではないので,それほど効果は無い。 登る時に少し滑りにくい程度かなあ。

この時期の雪の低山は転ぶ。 氷の上に雪が乗っていたり,雪が無くなっても登山道がドロドロになっていたり。 左肘と左膝が打撲傷と擦過傷(服で擦れた)になっておりまふ。

いい運動になった。 天気は前回よりもよく浅間も谷川連峰もすっごく良く見えた。 山座同定の好きな人なら,小野子山山頂で30分は楽しめただろう。

|

« ベランダ復活 | トップページ | Lyrics Master 2 の歌詞表示が便利なこと »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56679611

この記事へのトラックバック一覧です: 小野子山+150分:

« ベランダ復活 | トップページ | Lyrics Master 2 の歌詞表示が便利なこと »