« 北本無人販売所 ドライフラワー | トップページ | Amazon トップ1000 レビュワーになった »

2012年12月13日 (木)

オクサンと呼ばれた日

大宮駅のバス亭の一番前で待っていたら,後ろから 「オクサン!」 と声をかけられた。 日本語の意味が判らず当惑していると 「俺,オクサンの後ろね」とサラリーマン風60代が言った。 そうか「奥さん」と言ったのか。

ちょっと微笑って,話しかけられないようにあっちの方を見ていた。

これまで,お姉さん,彼女,アガシ,小姐(シャオチェ),She is ... と呼ばれたことはあったが,奥さんは無かったので,一瞬日本語だと思わなかった。 oxa の音から酸素に関係ある言葉かと思った。(本当。) sweat01

英語には Ms[miz] があるが,日本語には無いので,年齢的に奥さんと呼ばれたのだろう。

これからは 「奥さん」と呼ばる心構えもしなくてはならない ... か。bomb

|

« 北本無人販売所 ドライフラワー | トップページ | Amazon トップ1000 レビュワーになった »

できごと」カテゴリの記事

コメント

わたくしなんぞは、10年以上も前からオクサンと呼ばれます。
あるとき「違います」と否定したら、「あらごめんなさい。お兄さんだったのね」と言われて以来
オクサンと呼ばれても「はい」と笑顔bombで応じるようにしておりまうすcoldsweats01

投稿: みゃる姉 | 2012年12月14日 (金) 12:13

みゃる姉は,幾ら何でもお兄さんには見えないぞ! punch

投稿: ま〜く | 2012年12月14日 (金) 19:04

…。納得できないのはさぁ〜。私たち、姉弟じゃないですか。身長も体重も同じくらいで体型的にあまり変わりがないのに、なぜま〜くは「奥さん」と呼ばれて、私はSirなんですか。色目が濃いから?

まぁ、みゃる姉でさえ「お兄さん」とかいわれるんなら、ワタクシの場合、無理ないかなとも思いますケドも。

投稿: Pumpkinface | 2012年12月16日 (日) 02:31

何故でしょうね。 本当に身長も体重も同じくらいだし,不思議ですねぇ。 でも " Sir ! " と呼ばれると,ダメージ大きいですね。 (TxT)

投稿: ま〜く | 2012年12月16日 (日) 09:00

うーん、後ろ姿や遠目が奥様やSirやお兄さんなんじゃないですか。
奥様やSirやお兄さんはこんな格好してるはず!
ってテンプレート(偏見?妄想?)を持っててそれに当てはまるとひとはそう呼ぶから。
変装の要領で身につける物のパターンを変えたらいかがでしょか?
〜らしいカッコウすれば人はだまされる。。。。。ばき。

最近初めて会う人に学生扱いされなくなったなあ。
服を変えたらまた学生に見えるかな?ばき

投稿: きく | 2012年12月16日 (日) 09:04

キクキク,まさにその通り! 人間のパターン認識って,結構いい加減なんだよね。
ま〜くの場合,その日はスノボ用のピンクのジャケット(大きい赤い文字入り)にジーンズ,水玉のショルダーバッグに,銀行で保険契約した帰りだったので,膨らんだ紙袋もぶら下げていた。 買い物帰りに見えないこともない。

パフ姉は,彩度・明度の高い色を着るのを好まないよね? 髪型も話し方もさっぱりしてるし。 その辺が handsome woman なんだけど,やや Sir に傾いて見えるのかも知れない。

キクキクは詰め襟を着ればいいのじゃ,そうすれば高校生に,ばき。

投稿: ま〜く | 2012年12月16日 (日) 10:05

にゃるほろ!

確かにワタクシはガジェットものはホワイトやカラーを好まず、全て黒かシルバー。服も、ピンクはシャツを一枚持ってるけど、ジャケット類には明るい色の物がほとんどない。手袋、帽子、マフラーのような小物はカラーを使う事もあるけど。後はやはり声の低さと話し方、歩き方かなぁ。歩き方は英国の女性はさっさか歩きますけどね。日本人女性はわりと目立つ。ちょこまかかわいく歩く人が多いから。

渡英直後は男性に間違われる事がほとんどなくて驚いてたんだけどね。←これは、当時の髪型(珍しくボブだった)が大きいかもしれない。ロンドンは雑多な人種の街だからいろんな体型の人がいるけど、日本に比べると私でも「小さい」部類だし。日本に帰ると、ものすご〜く「がさつな大女」になった気分に陥るですよ。164センチくらいなんですけどね…。

投稿: Pumpkinface | 2012年12月16日 (日) 22:48

そうでしょ。 ロンドンだったら,パフ姉でも short で skinny なんじゃないかなぁ。

日本人は大きくなったと言っても,164cmなら女子校生に混じっても負けないくらい大きいと思うけど。
ま〜くはマヂに小さくて 165.3cm って,米国だと子供みたいだった。 つーか,顔や姿から 100% female と思われていたようだつた。

そうどす。 ピンクを着るのです。 ピンクがイヤならとにかく明るい色を。 ボブも似合いそうだけどね。 (^x^)

投稿: ま〜く | 2012年12月17日 (月) 00:13

今、記憶の扉が開いた。
昔(28歳頃)、何かの催しの時に職場の女性グループで撮った写真の、ピンクのトップにジーパン姿の私を見て、ある人のお母さんが「かわいい男の子いるやん」と言ったそうだ。大学生のバイトかなんかと思われたらしかった。
いや、まだこの頃はそれでも「かわいい」がついているだけましか。

投稿: Pumpkinface | 2012年12月17日 (月) 17:53

パフ姉は,なんで男の子だって言われるんだろう。 「かわいい男の子いるやん」って,びみょ〜,だよね。
ま〜くは,少なくとも18くらいからは「女の子」と思われていたことの方が多い。 別にナヨナヨしてるわけでもなく,女言葉を使ってるわけでもなく,女装してるわけでもないのにね。 もちろん「キレイでありたい」とは思っていたけど。 (TxT)

投稿: ま〜く | 2012年12月17日 (月) 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56311800

この記事へのトラックバック一覧です: オクサンと呼ばれた日:

« 北本無人販売所 ドライフラワー | トップページ | Amazon トップ1000 レビュワーになった »