« 静かに澄んだ 神流川 | トップページ | ボリュームが壊れています »

2012年12月11日 (火)

湯気の出る穴 や ひどい標識のこと

大峰山への尾根には,暖かい湯気が出る穴がふたつある。

211yuge1 間欠温風吹き出し口

211yuge2 湯気を噴いた

レンズが曇ったのではなく,実際に湯気を噴いたところ。 この辺を掘れば,温泉が出ると思うけど,尾根に温泉掘っても仕方ないよね。

211sigin1 英語でも何でも無い

反省せよpunch 群馬県の高校! その6校の名前は武士の情けで出さないでおくが,全ての標識の英語が無意味とスペルミスって,どういうこと? 6校の関係者は誰も登ってチェックしていないと言うのか。

211sign2  ズタボロの標識

たぶん,熊さんだと思う。

211insensible 無神経過ぎる標識

谷川連峰の絶景の前になぜこれを立てる! これは みなかみ市が立てたのかどうか知らないが,担当者は発注しただけで見に来ていないのではないか。 地面スレスレにしたら,山座同定に役に立ったのに。bomb

< 大峰山・吾妻耶山 >

|

« 静かに澄んだ 神流川 | トップページ | ボリュームが壊れています »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56278500

この記事へのトラックバック一覧です: 湯気の出る穴 や ひどい標識のこと:

« 静かに澄んだ 神流川 | トップページ | ボリュームが壊れています »