« 新しい医療保険を申し込んだ | トップページ | 両神山 少しだけ晴れ »

2012年12月18日 (火)

両神山 犬神様に10円ずつあげる

最初は雁腹摺山へ行こうと思っていた。 でも,大月市観光協会に聞いたら,トンネル天井落下事故の影響で大月ICがかなり混んでいるという。

各地の天気予報で,秩父を見てびっくりした。 今日は最低気温2℃だが,明日は −7℃なのだ。 急いで出かける支度をしたわけ。 夕方からは曇って風が出る。 下りで一カ所間違い易いところがあるので,そこを2時半には通過したい。

7時40分頃登り始める。 落葉で登山道が見えない。 ピンクのテープが有り難い。 中腹で20代と思われる二人に道を譲る。 後で山頂で会ったが,ま〜くより40分も早く着いたそうだ。 しかも40分前には,富士山も浅間山も見えたそうだ。 ぐやじい。

薄曇りなのに暖かすぎて,ミレーのジャケットはすぐ脱いだ。 モンベルのジオライン中厚手下着とユニクロのフリースシャツだけで登った。

清滝小屋で,パリジャンサンドと牛乳で少しだけ休憩してすぐに登る。 両神神社の犬神様には10円ずつあげた。

山頂はガスっていた。 景色はこの前見たからいいや。 すぐに下りる。 20代ふたりも下り始めたので,清滝小屋までは抜かれないように必死に下りる。 この山の登山道は渓にあるので,薄暗くならないように高速化の意味もある。

清滝小屋のベンチでお握りと漬け物を食べて,追い抜いてもらう。 昨日雪が降ったと思って,面倒だけどスパッツを付けたのに,雪も霜柱も氷も全く無い。 この時期にしてはめずらしい。 それほど特異に暖かかったのだろう。

登山道は沢を渡りながら左右を歩く,間違いやすいところは 2時半に抜けた。 最後の登り返しでは,まだ3時なのにもう「暗い」と言っていいほどだった。

4時ちょっとに,帰り始める。 道の一番細いところでバスと鉢合わせ。 バスはバックしないので,仕方無く細い道をバックしたら,庭先の空いているところがあったので,有り難く避けさせてもらう。 日向大谷口まで一日5本も走っているが,つつじや紅葉シーズン以外は乗るとしても1〜2人だろう。 よく運行していると思う。

定峰峠を通って帰る。秩父から小川町の手前まではスカスカに空いていたが,ここから混み始める。 7時半頃,北本を通って裏道を帰ったが,17号,旧中仙道は渋滞中,裏道も混んでいた。 年末は車が多い。

|

« 新しい医療保険を申し込んだ | トップページ | 両神山 少しだけ晴れ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56356987

この記事へのトラックバック一覧です: 両神山 犬神様に10円ずつあげる:

« 新しい医療保険を申し込んだ | トップページ | 両神山 少しだけ晴れ »