« しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット | トップページ | bow と prow の違い »

2012年11月 9日 (金)

単語帳の扱いに悩む

weblioの単語帳がすごい  ことは既に書いた。

従来の単語帳では,単語帳の作成と保守に時間がかかってしまって,単語帳を作る意味は殆ど無かった。 weblio はその敷居を非常に低くしてくれた。 この単語帳ソフトなら,有効に使えるのではないか。

過去に単語帳を作った経験から,出てくる全ての単語を,単語帳に放り込んでも破綻するだけだということは知っている。 だから,今回の単語帳作りは 「何回も出てきたことがあるが,その度に辞書を引いている単語 」 だけを入れることにした。

しかし,そうやって絞り込んでも,単語帳に入れなければならない単語は多い。 しかもレベル的に,ほぼ全て「英検一級以上 」の単語だ。 ( weblioのレベル付けはやや実感と異なるが ... ) それがどんどんたまって行くのは,かなり苦しい。

そして思った。 ま〜くは英語が読めるようになる 淵のあたりに来ているのではないか。 現在ま〜くは英語が読めていないと考えているが,この単語帳に放り込む単語を全部覚えていったら,かなり読解の助けになるはずだ。 単語を引く度に思考を分断されることも無くなる。

ここらあたりにある段差を越えたら,「すこし」英語が読めるようになるのではないか?

しかし,そのために時間を割いて単語帳を作って,さらった方がいいのか,それとも単語帳にかかる時間を本を読むことに費やした方がいいのか。 どっちがいいんだろう。

深く悩む。cat

|

« しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット | トップページ | bow と prow の違い »

英語」カテゴリの記事

コメント

私も使い始めた。いま、6つ入ってる。でも、そのうち2つは最初「辞書にありません」と出た。移動中に調べる事もあるので、分からなかった単語を全部放り込んである訳ではない。かといって、その日調べた単語を記録しておいて改めてWeblioで調べて単語帳に入れるというのも面倒だしなぁ。

個人的には、単語帳を見返して覚えるより、とにかく読んで、何度でも調べていく方が結局身に付くんじゃないかと思う。私自身が、単語単位で覚えるのがダメだからかもしれないけども。特に日本語と英語の場合、単語単位で訳語を2つ3つ覚えてもあまり意味ないんじゃないかと。

投稿: Pumpkinface | 2012年11月10日 (土) 06:16

そうそう、Kindle Paperwhite買うの? 値下がりしてるね。Wifiバージョンだと8000円切ってるではないですか。英国では109ポンド。14000円近いんだよ。消費税の違いを考えても日本の値段は格安。競争が激しいからかな。英国はほぼKindle独占だもんね。Sonyのリーダーとか使っている人もたま〜にはみるけど。ま、私はKindle3もあるし、あいぱどみにも注文しちゃったし、今のところ買う予定はないけど。来年の帰国時に書籍が増えてたら日本語用に買うかも。でも、英国から電子書籍を買う事自体、すごく手間がかかるんだよね〜。海外在住邦人はいい顧客になるだろうに。

投稿: Pumpkinface | 2012年11月10日 (土) 06:24

仰る通り,文脈の中で覚えないと意味無いんですよね。 でも単語帳を作ると,単語を意識するようにはなる。 だから覚えやすくなるかな〜,など悩んでおります。 パフ姉と違って,小説を読む以外は英語真空状態の中で暮らしているからなぁ。

Kindle Paperwhite 買います。これは amazon.co.jp で registerして日本語本だけ買うつもりなので,まず一台買って,母の分も買うことになると思います。 でも,いまから予約しても一月みたいです。 予約だと TMG便がやってくるので,発売されて在庫が在る状態になってからだから,2月になると思うけど。

投稿: ま〜く | 2012年11月10日 (土) 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56068973

この記事へのトラックバック一覧です: 単語帳の扱いに悩む:

« しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット | トップページ | bow と prow の違い »