« 柿の葉が紅葉し始めた | トップページ | しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット »

2012年11月 7日 (水)

Logicool Z120 テレビを聴き取り易くする

うちのテレビは,2008年に買い替えたものだが,ま〜くのテレビの平均視聴時間は40〜50分のため,価格だけで選んだ。 そのため音は,ラジオ並。 (あんな薄っぺらいテレビに付いているスピーカーだから仕方無いけど。)

ある日ま〜くがテレビを見ていたら,ま〜くハハがその音量では聞き取りにくいと言う。

聴力は年齢と共に低下する。

ま〜くも聴力テストサイトで調べてみたら 12kHzがぎりぎり聞こえるかどうかまで落ちている。昔々,振動解析の実験をやっている頃は 18kHzまで聞こえた。 聞こえるというか,18kHzでも音圧を感じた。 可聴域は 20Hz〜20kHzと言われることが多いが 20kHzが聞こえるヒトはまずいない。

そんな時,ふと Amazon で,えらく評価がよくて安い,小型スピーカーを見つけた。 iPodのイヤホンジャックから直接入力できるという。 これならちょうどいい。

117sp1 ¥1,029

製造,検査,梱包,出荷 ... 千円で売れることに感心。

117sp2

並べ方が反対だった。 左側のボリューム(兼電源スイッチ)の付いたのが,右側スピーカー。

117sp3 ケーブル

USBは給電用。 音声入力はステレオミニプラグ。 USBスピーカーでは無いので注意!
USB電源は,ACに挿して使う単独のUSB電源が余っていたので流用。

117sp4 こんな感じ

テレビは26型。 黄緑の荷締めバンドは,震度5弱の時ずいぶん揺れたため。

このスピーカ−,電源を入れたばかりの時は「あれ?」と思うような高音に寄った音がするが 5分くらいで良くなり 15分くらいで安定した音になる。 低音は出ないが,(子音が少し強調されるけど)人の声の音域は十分に出て,テレビ付属のスピーカーに比べて奥行きのある音になる。

ま〜くハハは右側に座っているのだが,このスピーカーを右側に寄せて使えば,更に聴き取り易くなる。 ステレオ感はもともとそんなに無かったので問題無し。

テレビ画面が 「ニコルソンもついてきて」と言っているけど,斧を持ったジャック・ニコルソンだったらヤだな。(シャイニング/スタンリー・キューブリック参照。)

|

« 柿の葉が紅葉し始めた | トップページ | しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/56055497

この記事へのトラックバック一覧です: Logicool Z120 テレビを聴き取り易くする :

« 柿の葉が紅葉し始めた | トップページ | しゃっくりを止める新しい方法 ヒンズースクワット »