« The Fifth Witness / Michael Connelly | トップページ | メインの英和辞典を weblio に変えた »

2012年10月26日 (金)

冬タイヤに交換

浅間山も男体山も白くなったらしい。 冬の準備をしなきゃ。

ま〜くはアパートの3階に住んでいる。 ニャゴンR の時は,何とかタイヤを3階まで上げ下ろしできたのだが,ソニャオになってからは無理。

ディーラーの鈴猫君の紹介で,ちょっと遠いけど 圏央鶴ヶ島ICを下りてすぐの 「オートショップ マーク鶴ヶ島店」でタイヤを預かって貰っている。

店内あるいはコンテナ内保管ということで,いままでま〜くの家の夏の炎熱のもとで(とにかく陽当たりがいいのだ)保管していたより,タイヤもいい状態が保てると思う。 冬タイヤ 3年目は少し滑るような気がしていたのが,改善されるかも知れない。

この店は予約等必要無く,行ける時に行って,もし混んでいたらファミレスみたいに名前を書いて待っていればいい。 空いていたので30分ほどで終了。 タイヤ4本の増し締めの確認に立ち会わされる。

保管料 ¥5,000/年 ローテーション取り付け ¥2,000 で,税金込みで¥7,350 と安いし,とても感じのいい店だ。 タイヤワックスも塗って貰って,真っ黒なタイヤでネコカミ号も嬉しそうにゃ。 catface

忘れないうちに,冬の準備に,シャベルと砂も積み込む。 できれば使いたくないものだけど。

それと夏中 車内で高温に晒された,電池を全部交換する。 電池が入っているのは,誘導棒(取っ手がついたオレンジ色の棒で,LEDが点灯するヤツ。),懐中電灯,蛍光灯付懐中電灯,目覚まし時計だ。

あれ,フロントガラスの霜を削り落とすヘラが見つからないぞ。 もいちどネコカミ号の中を探して無いようなら,買わなきゃダメだにゃ。

|

« The Fifth Witness / Michael Connelly | トップページ | メインの英和辞典を weblio に変えた »

ネコカミ号」カテゴリの記事

コメント

ま〜くさんは山にいかれるということなので質問したいのですが
高級なレインスーツを頻繁に利用して、洗濯機で洗っても撥水性は長期的(一年ほど)に保たれるものなのでしょうか?
高級レインスーツ・・・モンベル社ストームクルーザーなどゴアテックなどをつかった3~4万ぐらいのものなんですが・・

ちなみにぼくが所有してるのはMIZUNO ベルグテックEXストリームセイバーIVレインスーツで上下セットで一万円ぐらいのものです。
高級グレードを買おうとしたのですが、どの程度耐久性があるのかわからなったのでやめときました。
防水スプレーはホームセンターで安いものでも400円ぐらいしてほとんど一回分しかもたないし
洗濯した後にかならず防水スプレーを使わないいけないとなるとお金がかかるなあ・・・スポーツ店で売られてるものは1000円ぐらいだし・・・・

投稿: 七支刀 | 2012年10月28日 (日) 16:53

う〜ん。 ゴアテのレインスーツは持っていますが,レインスーツを頻繁に使うことは無いんですよ。

夏の場合
そんなもの着たら,暑くて熱中症になるので,ポンチョを持って行く。

冬の場合
冬山では温度が低いため,雪が融けないので,レインスーツの必要はなく,撥水程度でいい。

なお,ま〜くは縦走するほどの体力は無く,日帰り登山なので,その日の天気が判るため,レインスーツを着る可能性は低い。

ゴアテックスは,専用の透湿性を失わない撥水剤を塗る必要があります。
ま〜くは,NIKWAX TX.Direct スプレーというのを使ってますが,霧吹き式で,1Lの詰め替えボトルも売っていて,普通の撥水スプレーより安いです。( Amazon や ナチュラム で売ってます。)

ま〜くのゴアテックスのレインスーツは 5〜6年は使ってると思いますが,防水性は落ちてないと思います。

何故なら,いまは登山靴にもゴアテックスが多用されていて,ま〜くもゴアテックスを使った靴を履いているのですが,同じ NIKWAX の靴用の撥水剤を,毎回塗っていて,靴の防水性は落ちないからです。

投稿: ま〜く | 2012年10月28日 (日) 17:34

それと雪上を歩いていて滑落した場合,レインスーツは滑るので,積極的に避けるということもあります。
真冬は安いマウンテンパーカー(ブランド品は5万円とかするので買えない)と,オーバーパンツ(これはゴアテで高かった)を使います。

投稿: ま〜く | 2012年10月28日 (日) 17:40

なるほど~ いいレインウェア欲しいけどやっぱり維持にお金かかるなぁ。
NIKI WAX TX.DIRECT WASH-INってのためしてみようかな。
前つかってたレインウェアは防水スプレーをかけても撥水どころか水がしみてくるようになったので処分しました。手洗いで一回あたり150ml使うとして800円前後・・・洗濯3回分もつとして・・・・むーん、微妙な気もするけど、どれだけ撥水効果があるのか気になるのでためしてみます。

投稿: 七支刀 | 2012年10月28日 (日) 22:57

あ、名前いれずに送信してしまいました ↑

投稿: 七支刀 | 2012年10月28日 (日) 22:58

防水と撥水は違います。 防水スプレーと言って市販されているものは,撥水スプレーのはずです。(水をはじきやすくするだけ。)

> NIKI WAX TX.DIRECT WASH-IN

これは洗濯するときに入れると,撥水になるみたいですね。 興味はあるので,ぜひ使って見てください。(^x^)

ても,七支刀さん,そんなに雨に濡れるの?

投稿: ま〜く | 2012年10月29日 (月) 00:31

今年から自転車通勤を始めて、雨の日も自転車だからです。
もともとホイールも自分で組み立てるほど自転車に入れ込んでましたが
やっぱり雨の日の自転車は辛い・・・・もしかしたらまた四輪にもどるかもしれません。
撥水と防水って違うのですか・・知らなかった。でも生地が水を弾いてくれないとなんだか濡れてくるようで気分が憂鬱になるんだよなー。

投稿: 七支刀 | 2012年10月29日 (月) 01:10

防水は文字通り,水を通しません。 だから,機械製品のように JIS にあるかどうか知らないけど 単位面積当たり,これだけの圧力をかけても水は通りませんでした,ということを示します。

撥水は水を弾くだけなので,防水でなく撥水の生地はそのうち濡れてきます。

だから,防水だけを求めるなら,ゴム引きとか,ビニールのレインコートの方が水は通さないわけですが,汗を発散させないので,内側も濡れてきてしまいます。

ただ,ここでややこしいのは,防水なのに蒸気は通す多孔性のゴアテックスのようなコーティングです。 ゴアテックスは防水なので,撥水スプレーは要らないはずですが,やはり表面の撥水性を保っておかないと,防水性も下がってしまうようなのです。 ゴアテックスも世代毎に良くなっているようですが ...

というわけで,透湿性素材のための撥水スプレーが売られているわけなんです。

投稿: ま〜く | 2012年10月29日 (月) 07:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/55974837

この記事へのトラックバック一覧です: 冬タイヤに交換:

« The Fifth Witness / Michael Connelly | トップページ | メインの英和辞典を weblio に変えた »