« Michael Connelly の電子版を発見! | トップページ | 超天気 谷川岳 »

2012年10月16日 (火)

In the Blood / Jack Kerley

Carson/Harry シリーズの5冊目。

シリーズのここまでで,最も激しい銃撃戦とローラーコースターな展開。 

早朝の海釣りをしていた 刑事 Carson と Harry は,ボートが漂ってくるのを見つける。 飛び込んだ Carson がボートの中で見つけたのは,乳児だった。Harryは必死で呼吸を取り戻そうとする。

「神の怒りで台風が直撃した」と平気で言うような,原理主義で極右の牧師=説教師が現れる。

Carson と Harry は海洋学者の協力を得て,ボートが漂いだした場所を突き止めるが,小屋は焼け落ちていた。 黒人の Harry とは目も合わせないような白人至上主義者の現地警察官が現れる。

牧師=説教師が,教会キャンプ( church camp )の中で,逆さ吊りで殺されているのが見つかる。 死体の近くには海水が溜まっていた。

乳児は,ドクターヘリを呼んですぐに対処したこともあり,驚異的な回復力を見せる。 子供好きの Harryは彼女を Noelleと名付ける。 しかしマシンガンを持った狂信者のような男が病院に押し入り,Noelleを抱えてビルから飛び下りようとする。

複雑に混血した人間にだけ興味をもつ,生物学者が現れる。
Noelleには秘密があった。

一人の歪んだ男により,白人至上主義者,特に無頼のバイカー達が組織化された。

Carson の体調がどうもおかしい。 頭の中でドラムが鳴ることがある。 攻撃的になっている。 ショットガンを持つ相手と,真正面から撃ち合う危険を犯す。

犯人/勢力の数が多く,時間,空間的に犯行が複雑で,もう一度読まないと正確に把握できないくらい,ひねって錯綜した展開になっている。 楽しめます。

Intheblood

|

« Michael Connelly の電子版を発見! | トップページ | 超天気 谷川岳 »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/55895548

この記事へのトラックバック一覧です: In the Blood / Jack Kerley:

« Michael Connelly の電子版を発見! | トップページ | 超天気 谷川岳 »