« 金精道路を通って | トップページ | ラーメン由宇松本で飲み会 »

2012年6月 9日 (土)

6.8 浅間山

これだけ大人しい(火山ガスを出していない)浅間山は初めてだった。 山頂でも硫化水素の匂いはするものの,息苦しい感じはしなかった。

今回もゆっくり登ること,2本杖を使うことを課題にした。
現在,浅間山は登山地図にもルートは記載されておらず,参考時間も判らないのだが登った方のブログを幾つか見ると3時間程度で山頂まで行っているようだ。 ま〜くの最短時間は 3.5時間だったような気がするが,とにかくまだリハビリなので,登れれば時間なんかどうでもいい。

8時少し前に登り始める。 睡眠不足で調子が上がって来ない。 小浅間までの樹林帯を抜けて登山道に出ると,イワカガミがたくさん咲いていた。 いつも殺風景な浅間山だが,やっと初夏になったんだね。

2本杖は体の弱いヒト(ま〜く)には,便利な道具だということが,ずっと同じような斜度で登って行く浅間山では,特に実感できた。 4時間20分という,すぅ〜てきぃ〜な長時間で山頂に着いたが,これも2本杖のお陰だと思う。 今日は足は死なず,山頂直下で12時のチャイムを聞いて駆け登ったくらいだ,10秒ほど (^x^;

火山ガスが少ないために噴火口がよく見えた。山頂で硫化水素を深呼吸していても仕方無いので下り始める。 15℃くらいまでしか気温は下がらなかったのだが,浅間らしくかなり風が吹いていて,長袖シャツでも少し寒かった。

空気のきれいなところまで下りて来て,パリジャンサンド,林檎,牛乳の昼食を食べた。

浅間山の登山道は小砂利で,それなりの斜度があり,下りは滑って必ず転ぶ。 いつもなら下りる途中に(大げさでなく)10回くらい下りるのがイヤになるのだが,2本杖のお陰で2回くらいしかイヤにならなかった。

下りが早かったので,6時間半の山歩き。 登山口の峰の茶屋の駐車場では,ズミの花が満開だった。 木の花では,ま〜くはズミが一番好き。

これなら夕方の渋滞が始まる前に,東松山ICを下りられそうだと思って高速に乗ったが,眠くなって甘楽PAで仮眠したら結局一時間以上寝てしまい,結局いつもと同じ5時ちょっと過ぎにICを下りた。
にゃごんR に比べ,ソニャオのネコカミ号は一回り大きい分だけ,仮眠も楽だ。

chick ... 写真を m.w. にアップしました。 見てね。catface

< 浅間山 >

|

« 金精道路を通って | トップページ | ラーメン由宇松本で飲み会 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/54917919

この記事へのトラックバック一覧です: 6.8 浅間山:

« 金精道路を通って | トップページ | ラーメン由宇松本で飲み会 »