« 軽くて暖かい寝具 | トップページ | Down River / John Hart »

2012年2月 3日 (金)

右肩がほぼ治った

それは去年9月末の谷川岳のことだった。 濡れた岩でズルッと滑って右手をついた。 その時は指と手のひらの傷の方がひどかったので気付かなかったが,右肩も痛めていた。

医者へ行ったが,もちろんレントゲンでは見えない。筋肉の痛みだと思うので湿布してください,ということで湿布していたが,なかなか治らない。 (変な言い方だけど)肩の中にもダメージがあるようだ。 だけど効果的な治療方法は無い。

最初は,ジーパンの右後ポケットに入れた財布が痛くて取れなかった。 峠道の運転も左手を主に使ってハンドルを回し,おとなしく走っていた。 鎖場は問題外だった。 それが4ヶ月少しかかって,治ってきた。

右後ポケットの財布も取れるし,定峰峠もグリグリ運転できた。 あとは鎖場で右手に体重がかかるような場合が不安だが,たいていの鎖場はしばらく雪の下なので,雪が溶けるまでには完全に治るつもり。

|

« 軽くて暖かい寝具 | トップページ | Down River / John Hart »

心と体」カテゴリの記事

コメント

四十肩がそんな感じですよ~一年近く治んないの。 早くなおって良かったですね

投稿: エミ | 2012年2月 3日 (金) 22:33

わたしも二十肩(ばきっ)かと思って医者に聞いたんですが,明らかな原因があるし,筋肉の痛みでしょうとのことでした。 二十肩の場合は,両方いっぺんになることが多いようですし。 でも,早めに治って良かったどぇす。 山を歩いていると「あれ,こんなとこに鎖場あったっけ?」(記憶力が無いため)なんてことは良くあるので,治ったのは大変喜ばしいでありまふ。(꒪_꒪)ウルトラマク

投稿: ま〜く | 2012年2月 4日 (土) 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右肩がほぼ治った:

« 軽くて暖かい寝具 | トップページ | Down River / John Hart »