« グズグズ雪は怖い | トップページ | 山の雪 »

2012年2月26日 (日)

知らない鳥 と びっくり猫

登山道近くで,やや大きめの鳥さんがいた。

224tori 知らない鳥

家の入口に猫が2匹いた。

224nya2 びっくり猫

300mmを使ったので,相当遠くから撮ったと思うが,なんでこんなにびっくりしてるんだろう。sweat01

< 吾妻耶山 >

|

« グズグズ雪は怖い | トップページ | 山の雪 »

猫さん」カテゴリの記事

コメント

アオサギですね。
やつら1mくらいあってでかいです。

きっとま〜くさんの背中付近に「何か」がいるんですよ。ばき。
殺気というか気配を感じたんでは?
お腹空いたので食べようと思ったとか?ばき。

投稿: きく | 2012年2月26日 (日) 10:20

おお,こいつがアオサギですか!
どうりで騙されそうだと思った。 (それは詐欺。)

投稿: ま〜く | 2012年2月26日 (日) 10:50

犬の散歩中によくみる。飛び立っていくところとか、恐竜を思い浮かばせまする。

投稿: Pumpkinface | 2012年2月28日 (火) 03:43

始祖鳥でも翼竜(分類学的には恐竜ではない)でもなく,恐竜なんですか。 でも,恐竜は飛ばないぞ。

日本は異常な寒さ(日本としてね)ですが,英国はいかがですか?

投稿: ま〜く | 2012年2月28日 (火) 07:12

そ~そ~、始祖鳥とか翼竜のつもりでした。恐竜には入らないんだっけ? 竜って飛ぶじゃん。

Dinosaurだと入るんだと思ってたので。というか、始祖鳥という日本語が浮かばんかった…。なんか、鳥の恐竜を指す言葉があった、とまでは思い出せたんだけど。

ちなみにdinosaurって、fearful, terrible とかいう意味のδεινοσというギリシア語からの造語なんだね~。
日本語だと恐ろしい竜だから、αυροσ (auros)は竜なのかと思ったらそうでもないらしい。
気になる…。

古典ギリシア語をやっていると、ずいぶん英語に入っている言葉があって面白いです。

投稿: Pumpkinface | 2012年2月28日 (火) 18:48

気になって調べた…。

リーダーズ英和は語源が載っていることが多いので引いてみたら、deinos+aurosじゃなくて、deinos + saurus とあった。
けど、ギリシア語ならsaurosだろうと見当つけて辞書をひいたら、Horse-mackerel…。
が、saura という単語も出ていて、そちらはLizardでした。

リーダーズでsaur-, sauro-と入力すると(電子辞書なの)、「トカゲ」「竜」の意。Gk sauros lizard,とあった。こっちを引いたほうが早かったな…。でも気になるのでどうせギリシア語の辞書でチェックしたと思う。

ちなみにHorse mackerelはマグロ、とくに黒マグロ、またはマアジ、特にニシマアジとありました。

ああ、こうして果てしなく時間をつぶす…。

投稿: Pumpkinface | 2012年2月28日 (火) 18:54

なにかやりたくないことがあって,それを先延ばしするために時間をつぶしているのでは ... という強い疑念を抱くま〜くであつた。

日本語版 Wikipedia を見れば「怖ろしいとかげ」の意味とギリシア語が,最初の行に書いてあったのに。(^x^;
竜の文字を使ったのは,日本語で「とかげ」を一文字で表すためだそうです。

投稿: ま〜く | 2012年2月28日 (火) 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/54074059

この記事へのトラックバック一覧です: 知らない鳥 と びっくり猫:

« グズグズ雪は怖い | トップページ | 山の雪 »