« TOEICの効果 | トップページ | 雪が凍った »

2012年1月24日 (火)

The Clones of Mawcett / Thomas Deprima

(ネタバレしているように見えるかも知れないけど,大丈夫。Jenettaの活躍はここからです。)

A Galaxy Unknown シリーズの3冊目。 続いているので1冊目から読んだ方がいいでしょう。

このシリーズは新スタートレックになり得るのではないか。 ぜひ,映像で見てみたいと思わせる。 主役の Janetta Carver の設定が考え抜かれている。 作者は非常に手慣れている。 脚本など書いていた人なのだろうか。

(1作目で)Janetta はで非力な輸送船で Raider(集団犯罪組織)の戦艦を破壊し,Nordakiaの殖民地を助ける。
そのため地球人では初めて,Nordakia王国の勲章を授与され,直系の王族以外では最高位の貴族に列せられる。
Janettaは 美しい三人姉妹の侍女の手によって,長い髪をリボンで飾ったお姫様にされる。 軍人としての,きれいだが女らしさを外に出さない Janneta とはまったく違う姿だ。 これも映像で見てみたい。

2万年前の遺跡を調査していたチームは,2万年の歳月にも無傷な異星人の施設を発見する。 調査に入った研究者達は,自動装置に捕まって倒れ,彼らのクローン(と言っても,記憶も持っている,完全なうり二つの人間)が作られる。 発掘チームは Space Command に救助信号を発し,Janetta が 2nd officer として乗艦している Prometheus号が急行する。

次々とクローンを作り出す,2万年前の異星人の設備に対し,戒厳令を敷いて Space Commandが調査を始めるが … 更に別のSOSを受信した Prometheus は Janetta を現場の指揮官として残し,救助に向かう。

Raider の諜報網は生きていた。 殆ど武器を持たない発掘現場を Raiderが襲う!

もうひとつだけ。
Janetta は Nordakiaの聖書である Almuth の,改変されていない原典を発見する。 それは Nordakia王朝に巨大な変革を起こすものだった。

Theclonesofmawcett

でも,SFの表紙ってひどいのが多い。 絵もヘタだし,中身も読まずに描いてるだろうと思う。 大変残念。

|

« TOEICの効果 | トップページ | 雪が凍った »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/53805093

この記事へのトラックバック一覧です: The Clones of Mawcett / Thomas Deprima:

« TOEICの効果 | トップページ | 雪が凍った »