« 初雪 | トップページ | 牽引フックのフタが無くなる »

2011年12月 9日 (金)

英語の勉強3

毎回レベルが下がって行くような気がするが,折角だからまとめておこう。
TOEIC では,語彙問題でも意味を思い出すのではダメで,反射的に解答しなければならない。 だから,語彙は簡単と言っても,日本語と同じレベルで反応できないとダメ。

TOEIC形式の 200問 x 10回分の演習問題ソフトを買った。 4回分やってみて,拾った文,単語,熟語,文法など。

■ 気に入った例文
Compared to the jobs you pay income tax for, investing in stocks and property is no work at all!
皆さんが所得税を支払っている仕事に比べたら,株や不動産への投資なんて仕事でも何でもありません!

■ 文法
○ いまさら Both と Either
Both A and B ( and ならBoth, or なら Either 他には何も考えない )
Either A or B

○ since
since
(〜の時点から)完了形
(〜だから)完了形ではない

完了形と見たら since を入れる

Ever since … has been trying 「〜以来(ずっと)」なので 現在完了「進行形」

○ 不定詞と動名詞の両方を取れる動詞
remember to bring 忘れずに持って行く
forget 〜 ing 〜したことを忘れている

○ 動名詞しか取れない動詞
avoid thinking
enjoy relaxing

■ いろいろ
tomorrow will be fine 明日は晴れです( 明日で大丈夫です,ではない。)
be exhausted from 〜 (疲れるの意味では)他動詞なので受け身で使う
current subscription 現在の購読契約 → 契約が切れる方向に文意が向かいそう
carry on 続ける
in the event of 〜の場合には
look after himself 自活する
It is 「 thanks 」to (この形では thanks だけ)
puppies are now 「 being sold 」 子犬売ります
exquisite = beautiful 精妙な,みごとな
sales pitch (売り込み)製品の説明
He's giving her a ride on his shoulders. 肩車する
as per 〜 〜により
those 不特定の人々を表す 代名詞( those who ではなく,thoseだけで使う)
online =websiteから ( e-mail ではない!)
storm 暴風域(台風ではない)
bachelorette 独身女性
uphold 支持する
kitchen knife 包丁(ナイフではない)
long haul 長距離輸送
credit crunch 金融引き締め,貸し渋り
come about 起こる,生じる
butcher 肉屋(屠殺業者との会話の可能性は低い)
ground beef 牛の挽肉
antifreeze 不凍液(車の)
pound key #キー
fatty liver 脂肪肝
crosswalk 横断歩道
I dozed off 居眠りした
latte カフェラテ caffe latteの略
greenhouse 温室(温室効果ガスの話とは限らない)
grade some papers レポートの採点をする
Citizens, (演説の冒頭で)市民のみなさん
capital gain tax 譲渡益課税(株や不動産を売買した利益に対する税)
contract 契約書(文書の意味あり)
college credits earned 大学の単位も取得できる
approve a course overload 課程の人員超過を認める
bubble sheet マークシートは和製英語
Winter's coming 冬が来ると言うことは,まだ秋
She's blowing soap bubbles シャボン玉を飛ばしている
baby buggy ベビーカーは和製英語
took the minutes 議事録をとった
Easter Island イースター島
extra credit 追加の単位
it just seemed contrived to me わざとらしく思えた
refinance ローンを借り換える
differential equations 微分方程式
flash flooding 鉄砲水

|

« 初雪 | トップページ | 牽引フックのフタが無くなる »

英語」カテゴリの記事

コメント

Bubble sheet , bachelirette は初めてきいた。ground beef は英語だとminced beef かな。
後、Citizens, の呼びかけはアメリカならでしょう。

投稿: Pumpkinface | 2011年12月11日 (日) 07:17

bacheloretteですね…。bachelorからきてるんだろうけど、それこそ it sounds contrived to me なのでアメリカで70年代にでも作られた言葉かと思ったらオリジンとしては1900-05と辞書にあってちょっと驚き。
まぁ、本来 bachelor の対になっている未婚女性という意味の spinster はオールドミスのイメージが強すぎるからね。結婚した時の何かの書類で、男爵はbachelor、ワタクシはspinsterとあって、何かムカ~っときたのを覚えている。英国の法律では重婚は認めていないんだから、双方独身で当たり前だろうになぜワザワザ書くのか不思議でもあった。

投稿: Pumpkinface | 2011年12月11日 (日) 07:33

いまやってる問題集(ソフト)は米国人が作ったらしい。 とても聞き取り難いおばちゃんとか居るし。(カナダ人,英国人では,それほど聞き取り難い人はいないなぁ。)
それと,運送会社の設問で,それは州内の移動か,国内の移動かという選択肢があったけど,その問題は TOEIC には出ないと思う。米国内のローカルな知識だもん。

spinster って,辞書を引いてもオールドミス(和製英語が多過ぎて,ときどき本物の英語の言い回しまで和製英語かと疑ってしまふ)と書いてあるけど,法律用語では spinster って言うようですね。[リーダーズ]

投稿: ま〜く | 2011年12月11日 (日) 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/53443725

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の勉強3:

« 初雪 | トップページ | 牽引フックのフタが無くなる »