« 国民年金,市県民税を払う | トップページ | カラスアゲハ »

2011年8月25日 (木)

業務連絡 キク先輩に質問

レトロウィルスについて。

いま読んでいる本なのですが,genetic engineering が絡んだテクノスリラーかと思っていたら,昔から地球に潜んでいた宇宙人が出てきてしまい,それが人間に化けている,ややチープなSFになってきました。

ところで,遺伝子工学的に穀物(ここではコーン)にレトロウィルスを仕込んで,それに情報を運ばせて,摂取した動物の遺伝子に直接影響を与えてしまう(ここでは違う生物にまでしてしまいますが,それはさておき)ことはできるのでしょうか?

レトロウィルスは遺伝子情報の運び屋ですから,うまいこと穀物に仕込めば可能なような気もします。 例えばエイズウィルスを穀物に組み込むようなことですが ...

専門家の視点からはいかがでしょう。(遺伝子が専門でないことは存じております。)

なお,もしうまく行ったとしても,そんなの FDAが通すわけねーだろ,という問題については,副大統領やFBIまで宇宙人に抱き込まれているか,宇宙人に入れ替わられているので,通ってしまうのです。 にゃ。

なお,著者は猫好きらしく,宇宙人を真っ先に嗅ぎつけるのは,猫という設定になっています。 cat

|

« 国民年金,市県民税を払う | トップページ | カラスアゲハ »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

え〜?!かなりむずいこと聞くなあ。
感染ならするかもしれませんけど。
レトロウイルスは運び屋(ベクター)というのは間違ってません。
遺伝子治療では使われるらしいので。

何がレトロかというと、やつらのコードしてる酵素が
RNA配列を鋳型にしてDNA配列を作り出すという逆転写酵素=レトロ酵素だから。
通常の転写酵素はDNA配列からRNA配列を作り出すので。

可能性はあるけど、他の生物に変えるほど大きな遺伝子は組み込めないでしょう。
感染して病気を起こすくらいならできるかも。
レトロウイルスによる病気参照。
乳がんウイルス、白血病ウイルス、AIDSウイルスなど。

たぶん、遺伝子治療に使われる、というところからの発想でしょうが、
詰めが甘いっす。
トレハロース級。

夏への扉を開けるのも猫じゃよ。

投稿: きく | 2011年8月26日 (金) 01:12

結構長い本で,たった今読み終わりました。 盛りだくさんなんだけど,宇宙人が T2 と エイリアンを混ぜたようなヤツでねぇ。 (^x^;

病気を起こさせるくらいの(例えば)コーンなら作れるわけですね。

レトロウイルスについては,ブルーバックス読んだので,ばきっ,少しは理解しているつもりです。

トレハロースって甘いんだっけ?
最近はアスパルテームが流行り? 気付かずに買った紙パックの 「 午後の紅茶 カロリー0 」と言うのは,ちょーまずくて一口飲んで捨てた。 ノンカロリー甘味料ってわずかな苦みがあるような気がする。 コーラなら判らないけど,紅茶はダメですね。

投稿: ま〜く | 2011年8月26日 (金) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/52564301

この記事へのトラックバック一覧です: 業務連絡 キク先輩に質問:

« 国民年金,市県民税を払う | トップページ | カラスアゲハ »