« 健康保険任意継続被保険者資格取得受理通知書 | トップページ | ゴーヤがやって来る »

2011年7月 8日 (金)

The Burning Wire / Jeffery Deaver

何年か英語を怠けていたので,読書量が少なく Jeffey Deaver を初めて読んだ。

しかし,知らずに ボーン・コレクターの映画を見てしまったのは失敗だった。
ボーン・コレクターを見て思ったのは,アンジェリーナ・ジョリー(初めての主演作だそうだが)が完全に浮いていること。 「羊たちの沈黙」の頃のジョディ・フォスターで撮ったらよい映画になったと思う。
デンゼル・ワシントンは良かったので,デンゼル・ワシントン= リンカーン・ライムが頭の中に残ってしまい,読んでいてもデンゼル・ワシントンが出てきてしまう。 Amelia Sachs の方は,アンジェリーナ・ジョリーのイメージは消えて問題無し。
(アンジェリーナ・ジョリーが嫌いというわけではなく,Taking Lives とか SALT は良かった。 )

ま〜くは元々は電気屋(冷蔵庫を売っていたわけではない)だったので,理解し易いはずなのだが,こういう 超高高圧・大電流 は普通の電気とは別世界なので,興味深く読んだ。 しかし,生きている超高電圧線に引き出し線を取り付けることが可能とは知らなかった。

テロ(に見える)は,古い変電所から高圧線を引き出しそれを窓から出した後,北米最大の電力会社の電力グリッドのシステムに侵入し,その変電所に電気を集めてしまうところから始まる。 ブレーカーもいじられていて本来の数倍の電圧でも落ちないようになっている。 その窓から突き出した高圧線に最大の電圧がかかった時にバスがやって来る。 雷のようなアーク放電が !

その後も犯人の要求は続くが,電力会社はそれに応えることができず,次々と人々が感電死させられてゆく。

リンカーン・ライムとのその部下の綿密な調査,分析により犯人像があぶり出されて行くのだが,どんでん返しに次ぐどんでん返し。 もう好きにして,という感じだ。 でも不自然ではない。 そして犯人は,ええっ,そうなの?

とゆーことで,ま〜くはシリーズを読んでいないけど,シリーズを読んでいる人を失望させない大サービスな内容になっていると思った。

音読6冊目ということで,初見でほぼひっかかりなく読めるようになった。 単語帳も作り始めてしまった。 catsweat01

|

« 健康保険任意継続被保険者資格取得受理通知書 | トップページ | ゴーヤがやって来る »

」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

毎回言ってるけど、音読してしまうのがすごい...。

私は最近、話しながら脳内で必死で英文を作っていることがしばしばあり(つまり、無意識に英語を話せていない)、危機感が募っているので、こういうトレーニングをやったほうがいいのかも。

むかし、英国人と結婚して英国で家庭を持った日本人女性がボケて英語を忘れてしまい、日本語しか話さなくなったというような事を聞いたことがある。おとろしか。

投稿: Pumpkinface | 2011年7月 8日 (金) 20:24

ボケてしまえば英語を話せたって同じですから,英国でボケようが,日本でボケようが同じじゃないでしょうか?

この本500ページ近くあって,思ったより長く(もちろん邦訳は 上・下巻)昨日中に読むために 23:40 まで読んでいたら,さすがに声が出なくなってきました。

声の出し方も,そんなに大きくなく軽く出せるようになったので,喉が痛くなったりすることはなくなりました。 ま,音読・発音の質についてはここでは問わないことにしたいと思いますが,少なくとも口は回るようになってきました。

投稿: ま〜く | 2011年7月 8日 (金) 20:37

今度綾猫の英語の先生になってください・まる。
英語レベルは超猫級です。

投稿: あにゃこ | 2011年7月 9日 (土) 22:46

らじゃ。 punch

でも 「超猫級」 ってレベルがよく判らないのにゃ。 catsweat01

マジレスすると,ま〜くがやっているのは主に読むことなので,会話力を付けたいなら英会話学校へ行くか,ネットで英会話やった方がいいぞ。

あとNHKの英語語学講座がたくさん種類があるので,自分に合ったレベルのをやってみるのもいいと思う。

投稿: ま〜く | 2011年7月10日 (日) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/52150644

この記事へのトラックバック一覧です: The Burning Wire / Jeffery Deaver:

« 健康保険任意継続被保険者資格取得受理通知書 | トップページ | ゴーヤがやって来る »