« 退職金の明細書が届いた | トップページ | 雇用保険説明会に行った »

2011年7月27日 (水)

その後の日々の生活

退職したら,長時間眠れるようになってしまった。 いつも追いかけられているプレッシャーが減ったためだろう。 それでも生活リズムを崩すと体調も崩すので,目覚ましは7時40分にかけてあり(会社へ行ってる時は6時50分だった)少なくとも8時までには起きるようにしている。

ビールはきっぱりと止めた。 コンビニやスーパーにビールを買いに行くと つまみや雑誌も買ってしまうため,結構千円くらい使ってしまう。 これで1ヶ月2万円は支出が減る計算。

山へ行く前の日は,早く寝るために(3時半に起きるので)焼酎を少し飲むが,山に行って来た日は飲まない。

食事も非常にシンプルにして,ま〜くの計算では一日 1,600Kcal 程度なのだが,もちろん体重は減ったけど,思ったほど減ってこない。 まあ,でも野菜たっぷりの生活を続けているので,少しずつ減って行くことを期待する。

何をしているかというと,英語本の音読。 これは一日やっていると,声が出なくなってくる。 喉スプレーと龍角散は必須。 あまり無理をして,声帯を痛めても仕方無いので,8月からは(もうすぐだけど)夕飯以降は BBC Learning English でリスニングをやろうと思っている。 cat

|

« 退職金の明細書が届いた | トップページ | 雇用保険説明会に行った »

退職」カテゴリの記事

コメント

そりゃよかったじゃん。でも、会社近かったわりに早く起きてたんだね。

私は通勤する日は5時15分、たまに5時少し前、在宅の日は7時くらい。起きる時間が変わるとリズムが崩れて返って疲れるのでもっと早く起きようと思うんだけど駄目です…。もともと8時間睡眠が必要なので。で、在宅の日は仕事を始める前に犬の散歩をします。健康的~。

投稿: Pumpkinface | 2011年7月28日 (木) 16:22

リーマンショック後,基本的に残業しないことになってた(トラブルで死ぬほど残業している部署もあったけど)ので,フレックスは使わず 8時に行って5時には帰ってた。

ビールが,力を入れる必要もなく,きっぱりとやめられてびっくり。 ラーメン屋とか行ったら飲むけども。 肥ってる人の多くは会社が辞められたら痩せられるんじゃないかな。

投稿: ま〜く | 2011年7月28日 (木) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/52321426

この記事へのトラックバック一覧です: その後の日々の生活:

« 退職金の明細書が届いた | トップページ | 雇用保険説明会に行った »