« その後の日々の生活 | トップページ | 退職金振り込まれる »

2011年7月28日 (木)

雇用保険説明会に行った

9時50分開始,9時20分開場とのことだったが,交通機関を信用していない ま〜くは,9時には「さいたま新都心駅」にいた。

段々慣れて来てしまって怖いのだが「さいたま新都心」って何?bomb 埼玉県は東京都じゃないから絶対に新都心には成れないし!

でもこの駅,最近の駅にはめずらしく,改札を出たところに座れるスペースがある。 コンビニでエビアン買って,ここで待っていた。(エビアンは硬くて好きじゃないが,小さいボトルがあるのがいい。)

会場のある「ランドアクシスタワー」へ行ったら「雇用保険説明会場」はちゃんとテナントとして入っていた。 毎日,午前午後2回ずつやっているのだろう。

現在の埼玉県の求人倍率は 0.55 で,非常に厳しい状況とのこと。 全国平均は 0.6を上回っているらしい。

説明会では,不正受給をすると絶対判るし,受給はストップされるし,もらったお金は3倍返しというのと,早く就職すると報奨金が出るという話が主だったように思う。 色んな資料を同時に渡されるので,何ページと言われても,どこを説明されているのかよく判らなかったりするのだが,もともと読めば判る話なので問題は無かった。

初回の認定日までに必要な求職活動は一回で,この初回講習がそれにカウントされるため,もう認定日までは職安に行かなくて良いのだ。shine

|

« その後の日々の生活 | トップページ | 退職金振り込まれる »

退職」カテゴリの記事

コメント

どもー、お疲れ様でしたー。
そのうち労働省の親糞ばき、お役所対応に慣れてきまふ。
何ページと言われてもよくわからないのは全国的にそです。ばき。←だめだろ労働省。

そのうち資料を読んでも判断が付かない事例が起きてくるので
その時は担当係の人に聞かないといけまへんし、
担当の人の名前もちゃんと控えておかねばなりまへん。
親糞だから。ばき。
その時はバイトじゃなくて奥の中の人がでてきまふから。わーい。

求職活動の認定みたいに親糞の解釈って
独特すぎてちっとも合理的じゃないんですよね。
求職票見た(ふりした 笑)あとはちゃんと係の人に言って
見たけどいい職なかった裏書き?票?をもらって下さいね。
バイトだと思って。
あ、週4日20時間以内ならアルバイトできたはず。

投稿: きく | 2011年7月30日 (土) 18:42

なんか大宮の職安は混みすぎていて,失業認定に行った日の待っている間に,ペラの求職の紙を眺めていると,相談一回になるようです。
辞めた会社が M井系だったので,M井業際ヒューマン汗ットメントという,意味の判らない名前の(わたくし,業際という日本語を知りませんでしたsweat01)会社が2年間専属担当を決めて相手してくれるので(といっても東京だけで,大宮はRキャリアコンサルティングが担当)そこの相談と合わせると2回になって,特に文句を言われなければ最低限の2回には足りてしまいます。 あとは,TOEIC を毎回受けるつもりなので,たぶんそれも書けば済むのではないかと ... snail

投稿: ま〜く | 2011年7月30日 (土) 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/52330480

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用保険説明会に行った:

« その後の日々の生活 | トップページ | 退職金振り込まれる »