« Shadow Divers / Robert Kurson | トップページ | その後の日々の生活 »

2011年7月26日 (火)

退職金の明細書が届いた

退職金 と 特別加算退職金(会社都合による希望退職のため)の金額は,賃上げが確定してから決まるので,辞める前には暫定的にしか判らなかった。 昨日,その確定金額と振り込み日の通知が来た。

振り込まれるのは
1)退職金
2)特別加算退職金
3)夏期賞与全額
所得税率が 30%sign01になっていてぶっ飛んだが,これは法律で退職時には差し当たり取っておくように決まっているとのこと。 今年中に再就職しない場合は,確定申告により還付される可能性が高いらしい。
4)年末賞与半額(4〜6月分)同じく所得税30%
5)7月の給与半額 (6/16〜6/30分)

これが一つの銀行にドスンと振り込まれるため,振り込まれたらすぐに,他の銀行に分散しに行く予定。

その他 知的財産について,特許が幾つか生きているため辞めても報奨金が出ることがあるらしい。 その確認のための文書も一緒に届いたので,必要事項を書いて郵送した。

chick

それとは別に,みずほ銀行から通知が来て,11月に大宮駅前支店が大宮支店に統合されるとのこと。普通の会社の営業所や事業所の統合ならいいが,銀行にやられると店番号が変わってしまう。punch 「一部の口座につきましては,口座番号を変更させていただきます」bombとも書いてある。

クレジットカードの引き落とし等は自動的に変更してくれるらしいが,振り込まれるお金については,振り込み人への連絡は自分でやれとのこと。 失業給付の振り込み先を みずほ銀行にしてしまったため,途中で変えなければならない。 半年くらい前に連絡して欲しかったなあ。

|

« Shadow Divers / Robert Kurson | トップページ | その後の日々の生活 »

退職」カテゴリの記事

コメント

よろしゅうございました。がっつり貯蓄、あるいは投資して将来に備えてくださいませ。

それにしても税金、30%でぶっ飛びなんですか。わたくしの月々の税金・社会保険率と比べて、思わすため息。退職金なんてもともとないけど。あ、今回のような自主退職を募る、といった場合にはでますけどね。そのような場合3万ポンドまでは無税だけど、それ以外はすべて課税で、ま~くの給料は知りませんが、普段の給料に上乗せ分はおそらく40%-50%取られるでしょう。日本でよかったね。

それにしてもこの円高はなんだ!ドルはバンクレートで80円切ったとか?ポンドは現在の旅行者レート、1ポンド120円切りそう。秋の帰国は切り詰め詰めだわ。

投稿: Pumpkinface | 2011年7月26日 (火) 16:21

でも所得税だけで 30% なんだよ。 住民税は別だよ。 そう言えば,英国はどんな税金があるんですか。 VAT も20% になったんでしたよね? 日本も消費税を上げないとダメなんだし,国民も判ってるんだけど,菅さんみたいにそれを口に出すと選挙(衆院選)に負けるんだよね。sweat01

結局,米国も日本と同じにねじれ国会になってて,決めなきゃいけないことも決められなくて default の危機になって,$が売られるわけですよね。 もともとリーマンショックも米国が作ったバブルだし,非常に迷惑な国です。 まあ,日本は(いつも言ってるように)殖民地だから仕方無いけど。

話変わって,今回の事故を見ても,中国の共産党独裁による破綻はそんなに遠く無さそうな気がする。 soft landing してくれないと,また世界的不況になるよなぁ。

投稿: ま〜く | 2011年7月26日 (火) 17:25

英国は、20%、40%、50%の三段階しかありません。ついでに、会社が定期代を出してくれることはほぼ皆無で、出てもその費用にも税金がかかります。ただし、全収入のうち、最初の7500ポンドは無税です。その後、 35000ポンド程が20%、それを超えると40%、10万ポンドを超えると50%の税率。他に社会保険料が税金とは別に12%かかります。これも、最初の数千ポンドにはかからず、上限もあり、一定額を超えると取られるのは2%です。私の給料位だと、月給にかかるのは合わせて30%強だけど、ボーナス分とかは全額42%持っていかれます。

投稿: Pumpkinface | 2011年7月27日 (水) 06:42

そ~なの、VAT20%です。食品はかかんないけどね。加工品はかかります。インスタント食品とかお菓子とか。新聞、書籍も今のところかかんないけど、なぜかアメリカと比べて高い。売れるボリュームの違いかな。

投稿: Pumpkinface | 2011年7月27日 (水) 06:46

6月の給与明細を見たら,引かれていたのは全部で 22% でした。 これは,ま〜くハハが扶養家族になっているので,所得税が低くなっているのも寄与しているのですが。 ボーナス 42% はきっついですねぇ。sweat01

その分社会保障が充実しているとか? 日本の公的年金なんて破綻しかけてますからね。(既にしているのかも知れない。)

で,英国と日本,どちらが住みやすいですか? (究極の質問shineをしてみる。)

円高どうにもならないですね。 更にリストラが増える。 (最近ニュース見てないのでよく知らないんだけど)日銀の単独介入もアリだと思うんですけどね,と言うか,他の国から文句言われても単独介入すべき。

投稿: ま〜く | 2011年7月27日 (水) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/52311403

この記事へのトラックバック一覧です: 退職金の明細書が届いた:

« Shadow Divers / Robert Kurson | トップページ | その後の日々の生活 »