« 疑惑の Kindle Enhanced Edition | トップページ | Fusion / XP ディスクの圧縮 »

2011年2月21日 (月)

ま〜くハハ VAIO E を買う

ま〜くハハが使っていた Lavie は,Vista が出始めて XP マシンが消えた頃のPCだった。 その後 Vistaの遅さに誰も耐えられなくなり,XPマシンがまた市場に戻ってきたわけなのだが。
そんな訳で,メモリ1GBで Vistaを動かすという,大変反応の悪いマシンになっていた。 年々アプリが少しずつ重くなり,さすがにま〜くハハも耐えきれなくなったようだ。

ま〜くがビックカメラで調べると VAIO E の2010年春モデル が税抜きで8万円を切っている。 3年保証を付けてもプラス4千円くらいだ。

仕様
Core i3 2.4GHz (サイトには Athlon Ⅱ 2.2GHz と書いてあったのでラッキー。)
メモリ 4GB
15.5型 ワイド 1366 x 768 画素
Windows7 Home Premium 64bit
MS Office 2010

Windows エクスペリエンス インデックスを調べてみたら,
グラフィックス 4.7  (Core i3 は内蔵グラフィックスなのでやや遅い)
CUP                6.7
と,なかなかの数値を叩き出してくれた。

試しに,遅いと評判(と言うか,一度はま〜くも諦めた)AVG2011 を入れてみたが,さくさく動く。 Core i3 は 2core なのだが,Hyper Threading を復活させたため,タスクマネージャーから見ると,CPU が4個に見えて嬉しい。

Vaio1 箱を開けて起動中
Vaio2 Lavie と LANケーブルでつなぐ
移行アシスタントを使ってみた。 FireFoxはきれいに移行されたが,あとは中途半端。 要らないものも移行してくれるので,使わないことをお勧めする。

現在ま〜くハハは快適です。 ま〜くのマクブクより,ずっとスペックいいもん。 (^x^;

|

« 疑惑の Kindle Enhanced Edition | トップページ | Fusion / XP ディスクの圧縮 »

できごと」カテゴリの記事

デジタル」カテゴリの記事

コメント

だいたい買い換える時期になるとアプリもデータもぐちゃぐちゃになっておるので、入れ替えのタイミングで整理せざるを得ないので移行プログラムとかは使った事はありません。

ところでMacの場合なんですが、買い替えの場合データの移行ってどうやるんでしょう。
iTunesもそうですが、iPhotoとかiWebとか、基本的にユーザーにデータを意識させない方針なので、何をどうバックアップを取ればいいのかよくわからんのです。

投稿: うし | 2011年2月22日 (火) 11:44

ま〜くの場合は,常にアプリもデータも整理されているので問題無いのですが,これが ま〜くハハのPCだと言うことを忘れていました。

移行アシスタントは,Mac が先です。 その真似をして windowsも作ったわけですが,当たり前のように出来が良くないわけです。

Mac には,昔々から移行アシスタントがありますから,それを使えばいいんじゃないでしょうか。(LANではうまくいかないとか,ネットにはいろいろ書いてありますが。)

あと,Mac にはレジストリのようなものが無いので,フォルダごと移行もできるのかも知れません。

どちらにしろ,移行は,うしさんより ま〜くが先になるので,それについての情報は一文字百円でお分けします。 十一(といち)でローンを組んで差し上げてもいいですよ。

投稿: ま〜く | 2011年2月22日 (火) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/50935104

この記事へのトラックバック一覧です: ま〜くハハ VAIO E を買う:

« 疑惑の Kindle Enhanced Edition | トップページ | Fusion / XP ディスクの圧縮 »