« ステーキが熱くないのは | トップページ | 駅ネットが少し便利になっていた »

2011年1月24日 (月)

どさんこ風 味噌ラーメン

藤沢で仕事して,お昼を食べる時間が無かったけど,駅まで来たらちょうど電車があったので,小田急→湘南新宿ラインで大宮まで帰る。

東口で下りて,ちょー昔からある(20年は絶対ある,30年かも知れない)ラーメンパブ コヤマで味噌ラーメンを頼む。 「どさんこラーメン」についてはいつか書いたが,あの味噌ラーメンを定着させたブームの頃の,ギトギトのラーメンを出す貴重な店だ。 隠れファンも多いらしく,水商売風のおばちゃんが「葱ラーメンの辛いの」を頼んでいたりする。

今日は巨神兵みたいな人(どんなだ!)が作ってくれた。
ラーメンを作るのを見るのは好きなのでじっと観察した。 麺を寸胴に放り込む。 挽肉を少し(手でつかめるように,軽く炒めてパラパラにしてあるようだ)と,玉葱の切ったのを半掴み,もやしの大袋からグワッと大きく2掴み,(たぶん)ラードをひいた熱い中華なべに入れる,軽く炒めて別の寸胴からスープをじゃっと流し込む。

丼に味噌だれ(と言うより固さは味噌)を入れ,中華なべの具をお玉で押さえて,適当な量のスープを入れてかき回す。 湯切りした麺を入れ,残りの野菜を載せて出来上がり。
Misolamen 味噌ラーメン ¥620
ま〜くは,感心しない味噌ラーメンにはいきなり酢をどぼどぼ入れてしまうのだが,このスープは結構うまい。 濃いきつい味では無いのだが旨味がある。 でも,(たぶん)ラードと大蒜が隠してしまっていて,スープを何で取ったのかがよく判らない。 しかし,スープ表面の固まり方はゼラチン風だ。 もしかすると,遙か昔から豚骨ベースなのかも知れない。

ここで,期待せずググってみると,驚いたことにグルメウォーカーにページがあり,宣伝文句が書いてあった。

< 以下 グルメウォーカーより引用 >
手間ひまかけたスープが自慢の本格札幌ラーメン

スープはとんこつスープを煮込むことから始まり、ラード、にんにく、挽き肉、タマネギ、もやしを軽くあおったところに煮出したとんこつスープを入れて完成。麺も硬さにムラが出ないように、ザルを使わずそのまま大鍋へ入れて茹で上げる。材料はいたってシンプルだが、作り手の惜しみない労力が旨さを引き出している。

やっぱ,ラードだったんだ。 でも,九州の豚骨スープとは違う。 骨の随まで煮出す九州風のやり方ではなく,もっと軽く煮出しているのかも知れない。

|

« ステーキが熱くないのは | トップページ | 駅ネットが少し便利になっていた »

たべもの」カテゴリの記事

出張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/50677656

この記事へのトラックバック一覧です: どさんこ風 味噌ラーメン:

« ステーキが熱くないのは | トップページ | 駅ネットが少し便利になっていた »