« 直立する茹で卵 | トップページ | 柚子を食べる »

2010年12月 7日 (火)

AVG 2011 の削除方法 (むりやり版)

OSX /Fusion /XP の AVG2011は動いているのだが,レッツノートの方はやっぱりダメ。 昨日も書いたように,インストールファイルを起動して,アンインストールしようとしても,インストールファイル自身が起動しない。

次のような原始的,労働集約的な方法で削除した。

中途半端に AVG2011 が動いている状態なので タスクマネジャーを起動し,avg で始めまる名前のプロセスの,停止できるものは全て停止する。
AVGのフォルダから,削除できるファイルは全て削除する。
再起動する。 以上の操作を3回くらい繰り返すと,AVGのフォルダ自体を削除できる。

RegEdit を起動し,avg で検索して,消せるエントリを全て削除する。 完全に右肩が凝ったので,200エントリ以上あるようだ。 とにかく消す。
しかし,再起動すると,また100エントリ以上はできているようだ。 どこに隠れているAVG2011!  と書いていて気付いたが windows フォルダのどこかにもあるんだろう。

ここで,MS謹製の Microsoft Security Essentials を入れる。 「他のウィルス検出ソフトが入っているので重大な問題が生じる危険がある」とかいう表示が出るが,AVGは既にタスクマネジャーのプロセスを見ても見えないので,構わずインストールする。

いま,MS Security Essentials の初回のクイックスキャンが 20分ほどかかって終了した。 リアルタイム保護もかかっているので,問題無く動作しているようだ。

avg* で検索してみると,Windows フォルダの中に avg* ファイルが 36個もあった。 これも全部消した。

再起動すると,Windowsが起動する前に checkdisk のエラーのようなものがチラッと見えるので,再起動時に完全なスキャンディスクをかけてみた。 完全スキャンディスク完了後は,特に問題無し。

|

« 直立する茹で卵 | トップページ | 柚子を食べる »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/50237149

この記事へのトラックバック一覧です: AVG 2011 の削除方法 (むりやり版):

« 直立する茹で卵 | トップページ | 柚子を食べる »