« 神々の棲む嶺 | トップページ | 山ガール »

2010年10月 3日 (日)

フロントガラス また割れる

101003  端っこ
昨日関越を走っていたら,ビシッといやな音がした。
朝一番にディーラーで見て貰った。 フロントガラスの一番端で大きさが小さいので,ヒビが大きくなるまで時間がかかるかもしれないし,また石が当たる可能性だってあるので,もう少し様子を見ましょうということになった。

ま〜くの保険は,飛石によるガラスの破損は,年一回までは等級は変わらずに 交換して貰えるのだが,免責に5万円かかる。 前回のガラス破損は3月で,保険は9月末で切り替わっているので,保険の対象にはなる。

たぶん半年以内に,また5万円払うことになるのだと思う。 crying

|

« 神々の棲む嶺 | トップページ | 山ガール »

ネコカミ号」カテゴリの記事

コメント

英国では、これくらいだったらフロントガラス取替えじゃなくて、まったくわからないように修理してくれるサービスがあるんだけど、日本ではないんでしょうか。うちでも2回くらい使ったけど、ほんとうに修理後はどこだったかわからない。で、その後ひびが入ってきたということもない。車って便利だけど、なんだかんだとお金がかかるよね。ま、私の場合はほとんどが自損ですけど。

投稿: Pumpkinface | 2010年10月 3日 (日) 17:26

接着剤を圧入して修理するサービスはあります。(それでも2万円くらいかかるみたいだけど。) ても,これは高速道路の飛び石なので,かなり深い損傷らしく,ダメみたいです。

英国の高速の制限速度は 70mile/h ≒ 113km/h ですよね。 日本の高速道路の制限速度は 120km/h なので,ばきぼかげしげしげしっっっ!

日本の車関係技術が英国と同等だとしても,劣っているとは思えないので,やっぱりダメなんでしょう。

ま〜くが走るのは,高速と峠道なので,その振動と風圧あるいは車体のネジレ(これが一番効きそう)は半端ではないと思います。

車は走る消耗品だとよく言いますが,この 5年間で,実感として理解しました。

来年 4月には,大規模組織変更があるはずなので,ま〜くも,その時にネコカミ号を維持できるかどうか判りません。 心配していても無意味なので,今は,ネコカミ号といっぱい遊ぼうと思っています。 catface

投稿: ま〜く | 2010年10月 3日 (日) 22:10

う~ん、そうだね、深そうな傷だよね。5万円っていうのが厳しいなぁ~。英国だとフロントガラスの免責はメインの保険と別になっていることが多くて、50ポンドから多くて100ポンドくらいだったと思う。最近、男爵のサーブのフロントガラスを換えたけど、90ポンド払ったかな。

ちなみに、男爵のSaab9000S、もはや意地になって維持しておりまする。内装は自分で修理するとかいって、天井版はずしてボロボロになった布をばりばり剥がしてたんだけど、強風の日に天井版を持って出たら飛ばされてバキリと折れてしまった。いま、中古で部品を探しておられます…。

投稿: Pumpkinface | 2010年10月 4日 (月) 02:31

でも,車を2台維持できるっていうのは,パフ姉が高給取りとも思いにくいので,英国の方が車の維持にかかる費用が安いのかな。

でも,男爵かわいいですね。 お会いすることは無いと思いますが,よろしくお伝えください。 むかし,ま〜くが送った鎌倉土産(江ノ島土産だったかな)を喜んでくれたんだった,ような気がする。 chick

投稿: ま〜く | 2010年10月 4日 (月) 21:28

わたくし、高給取りですよ。税引き前で1ポンド=300円くらいだったら、の話だけど。税金と国民保険料で4割近く持っていかれるのですねぇ。でもって、うちには車が3台あります。合計の走行距離はネコカミ号に負けます。保険が各200ポンドくらいかな。道路税が合計700ポンドくらい。3台になってしまったのはいろいろと事情があるのだ。1台はうっぱらう予定なんだけど、なかなか。

投稿: Pumpkinface | 2010年10月 5日 (火) 18:29

保険200ポンドって,何それ? ま〜くは保険に8万円以上払っていますぞ。 対人・対物保証が無制限で,弁護士補償特約も付いてるけど。(でも,ガラスの免責は 5万円)sweat01

投稿: ま〜く | 2010年10月 5日 (火) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/49635175

この記事へのトラックバック一覧です: フロントガラス また割れる:

« 神々の棲む嶺 | トップページ | 山ガール »