« ネコカミ号 帰る | トップページ | ドアを開けると川 »

2010年9月 3日 (金)

靴底から油が滲む

せっかくネコカミ号が帰って来たけど,山に登る元気が出ない。 痩せてはいないが夏バテしていると思う。 でも明日はどこかへは出かけるつもり。 川に入る可能性もあるので,川用の靴を天井近くから下ろした。

そしたら,入れておいたビニール袋が妙にテラテラしている。 なんじゃこりゃあぁ!(松田優作風。)  靴底を見たら,油が滲んでいる。

つまりこうだ。 最高気温 38.5℃あった ま〜くの家の気温は,天井近くでは40℃近くなるはず。 そこに置きっぱなしになっていた靴の底の合成ゴムは,ちょっと化学的に何かを起こして,元々の原料だった油が滲み出てきたのだろう。

濡れたタオルでよく拭いて,手を石鹸で3回ほど洗ったが油くさい。 それほど今年の夏はしつこく連続的に暑いのだ!

地球温暖化は,単純に夏が暑くなるような単純な現象はないと思うが,こんな夏が続いたら,もう亜熱帯宣言をして,スーツなんか禁止すべき時が来ると思う。 ま〜くは,とっくの昔に着てないけども。 catsweat01

|

« ネコカミ号 帰る | トップページ | ドアを開けると川 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/49336346

この記事へのトラックバック一覧です: 靴底から油が滲む:

« ネコカミ号 帰る | トップページ | ドアを開けると川 »