« 頭痛の原因は冷水シャワーだった | トップページ | ゴーヤの赤い種 »

2010年8月 6日 (金)

英辞朗 第5版 を導入する

ま〜くにとって,英和辞書のバイブルbook は長い間,研究社のリーダーズ+プラス v2 だった。 しかし,英辞朗が時間をかけてリニアに成長してきて,十分に使えるようになってきた。 Kindle2 に mobi版の英辞朗 ver.1.22 を入れてみて,その思いを強くした。

英和辞書としての語彙はリーダーズの方が多く,定義もしっかりしていると思う。 しかし EPWINGのインデックス方法に制限があるのか,イディオムを引くのに手間がかかる。

EPWING 英和辞書の場合,例えば zero in on を引くとすると「前方一致」ではなく「複合検索」を選択したのち

zero <Tab>
in <Tab>
on <Enter>

と入力してやらなければならない。
( Windows の DDWin でも OSX のコトノハでも,やり方は同じなので,EPWING の制約なのだろうと想像している。 しかし検索ソフトで何とかなりそうな気もする ... )

英辞朗の場合はそのまま " Zero in on " と入力すればいい。 これは,かなり大きな違いだ。 英辞朗は(株)アルクのサイトで無料で使うことができる。 しかし,ローカルに辞書があれば,一瞬で検索できる。

しかも英辞朗は安い。¥2,500 punch リーダーズ+プラス は買った時,2万円くらいだったと思う。

その上,リーダーズは英和辞書なのに対し,英辞朗はもともとが文例集であるため,非常に強力な和英辞書として使える。 英文を書かなければならない時,英辞朗が無いとかなり辛いと思う。

そんな訳で,OSX用の "DiDi for EIJIRO" と英辞朗データをローカルに置いて,ちょっと幸せな気持ちになっているところ。 cat

|

« 頭痛の原因は冷水シャワーだった | トップページ | ゴーヤの赤い種 »

デジタル」カテゴリの記事

マクブク日記」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/49077574

この記事へのトラックバック一覧です: 英辞朗 第5版 を導入する:

« 頭痛の原因は冷水シャワーだった | トップページ | ゴーヤの赤い種 »