« リハビリ大峰沼 | トップページ | オオイヌ君 »

2010年2月21日 (日)

誰かの言う 乗り換え情報は当てにならない

今日学んだこと。
誰かの言う乗り換え情報は当てにならない! 現地で確かめよ!

ま〜くが,チェンマイに行った時,旅行代理店からはバンコク空港でタイへ入国してから,国内線のカウンターへ行って乗り継げと言われた。

当日 成田で,荷物はチェンマイまで行く(JAL→タイ航空)ということが判った。 そうしたら,どうすればいいのか? バンコクでは入国せずに,国内線の搭乗口へ行けばいいのだ。 しかし,国内線のチェンマイへの搭乗口は空港の端で,1km 歩かなければならず,間違わずに行くのはかなり大変だった。

今回は反対で baggage は クアラルンプール発 香港経由 上海(キャセイ・パシフィック→上海航空)へ行くので,必ず Transit へ行くようにと聞かされた。

しかしH君から電話がかかってきて,荷物は香港までしか行かないと言う。 キャセイのカウンターのお姉ちゃんに変わってもらうと,一度香港で入国して baggageを受け取り,国内線の上海航空のカウンターへ行けと言う。 一人の海外出張が初めてで,英語はできないH君に,かなり複雑なことをやってもらうことになる。

と,朗報です。 いま電話が鳴って,シンセンに居るL君(中国人,英語はできる)が急遽 香港空港まで迎えに行って,上海便に乗せてくれることになった。 休みなのにありがとう。

と,事態急転直下。 L君が 上司のT部長に連絡したところ許可得られず。 T部長が,H君に電話で指示をするから大丈夫だと言う。 あの香港空港で,電話なんかで指示できるもんかー! しかもT部長,日本のT大を卒業した割に日本語がヘタクソなので,F君も困るだけであろう。 それに L君の経費は日本側が出しているのであって ...

状況をK課長に連絡。 なんとか L君に行って貰えるようにお願いの電話をしてみたが,なぜ同じ事を二回も電話するかと烈火の如く怒られたとのこと。

これでもう,営業のバイリンガルのO君に,H君をリモコンしてもらうしか無くなった。 sweat01

しかし,香港で入国しなくてはならないというのが腑に落ちず,香港空港の英語サイトを見ていると,違うような気がする。 と思っていたら,中国語サイトを見ていてくれた O君から連絡あり,やはり入国しなくて(出なくて)いいのではないかと言う。

もう,現地でしか確認できず,そろそろ飛行機は香港に着くので,H君が下りる前に電話を入れておいて,入国する前に空港係員を見つけて,聞かなければならない。

今回は旅行代理店が基本的には正しかったが,Transit の看板を目指しても行けない。 キャセイのチェックイン時か,香港空港のサイトを調べておいて,自分の乗る国内線のゲートへ行くしかない。 そこへ辿り着くまでは,上下の階に移動しつつ,電車に乗り,バスに乗り,金属探知機を通り,荷物タグを渡し,やっと辿り着いたとのこと。

旅行代理店の情報も当てにならないが,チェックインカウンターのお姉ちゃんでさえ,当てにならない。 ま〜くがチェンマイに行った時はフライト・アテンダントに聞いてもパーサーに聞いても判らなかった。

突然,行き先が変更になって,乗り換えで現地へ行かなければならない貴方,乗り換え方法は,絶対に現地の空港係員に聞きましょう。 そうでないと,大変面倒なことになる,かも知れない。

一番難しいところは通過したので,あとの上海の代理店(日本語できない)のピックアップは O君に任せて,ま〜くは今日は終わりまーす。

|

« リハビリ大峰沼 | トップページ | オオイヌ君 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

「構造的欠陥」のために現場がうまくやろうと運用対応してるのに
「構造的欠陥」がダメをしてくれてるような構図の気がしまする。
果たしてH君の運命やいかに?
荷物がどっかに行ってしまう、か、彼自身が乗り遅れる、か。
1,2日ロスが出そうな気がします。
幸運を祈ります。

マネジメント仕事も楽じゃないですねえ。

投稿: きく | 2010年2月21日 (日) 17:03

英語がわかるようになった今でも、初めての空港での乗換えは緊張します。
H君がかわいそ~ですが、それをリモート・サポートする人たちも大変でしょうね~。
この手の仕事の嫌いな私。同情いたします。
これはもう、H君に英語勉強してもらうしかありません。

投稿: Pumpkinface | 2010年2月21日 (日) 18:29

マネジメント仕事と言っても一銭も貰っているわけじゃないし,きっと国際電話料金も貰えないんだろうな。 sweat01

しかし,どうも入国しなくてはならないというのが腑に落ちず,香港空港の英語サイトを見ていると,違うような気がする。 と思っていたら,中国語サイトを見ていてくれた O君から連絡あり,やはり入国しなくて(出なくて)いいのではないかと言う。 もう,現地でしか確認できず,そろそろ飛行機は香港に着くので,H君が下りる前に電話を入れておいて,入国する前に空港係員を見つけて,聞かなければならない。

もしかして,もしかすると,この記事の題名は間違っていて,旅行代理店が今回は正しいのかも知れない。 そしたら,追記します。 crying

投稿: ま〜く | 2010年2月21日 (日) 18:53

結局,今回の騒ぎの全ては,クアラルンプールのキャセイのカウンターの,たる〜いマレーシア人のお姉ちゃんから始まったと思う。

あるいは,もしH君が英語が読めれば,baggage claim tag に,何か書いてあったと思ふ。

で,題名と現実と違ってしまったので,追記というより一部書き直し,題名も変えました。sweat01

投稿: ま〜く | 2010年2月21日 (日) 22:24

しかも、最初の情報を信じて行動して乗り遅れたりして「だって、そういわれたんです」と抗議しても、どうにもしてくれないもんね…。お疲れ様でした。H君が無事、帰国される事を祈ります。

投稿: Pumpkinface | 2010年2月21日 (日) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/47624016

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かの言う 乗り換え情報は当てにならない:

« リハビリ大峰沼 | トップページ | オオイヌ君 »