« ネコカミ号の寿命について考える | トップページ | コトノコ2.0a9 »

2009年11月11日 (水)

767–300 窓の無い席

鹿児島の川内まで日帰りで行ってきました。 5時に起きて,(必死に走って)21時に帰ってきたけど,打ち合わせできた時間は 2時間でした。 sweat01

JALビジネス切符というのを初めて使ったのですが,帰りのチケットを発券・チェックインする時に,通路側の20Cを取りました。 窓側はいっぱいだったので。

国際線では絶対に通路側を取りますが,国内線では窓側で雲を見られると少し幸せです。

通路側からふと窓を見ると,窓がない。 そういえば,昔も一度見たことがあるような気がする。 知らずに20Aを取った人は怒るかもしれないなー。 窓が無いんだから,窓側とは言えないし。punch

|

« ネコカミ号の寿命について考える | トップページ | コトノコ2.0a9 »

出張」カテゴリの記事

コメント

うーむ、窓がないのに窓側とはこれいかに?ですね。
圧迫感がある空間ですね。
2階建て新幹線の1階部分も若干そんな感じです。

ネコカミ号は2号へ替えが効きますが、
ま〜く1号は替えが効きませんのでご注意下さい。(ばきっ
無茶な出張してますね〜。

投稿: きく | 2009年11月15日 (日) 12:12

あのねあのね。 火曜日にね。 9時半に名古屋の某社の会議室に来い,と言われてるの。 だから,朝一番の新幹線で行って日帰りなの。 きっと余裕を持って 5時前に起きるんだ。 えぐえぐ。

投稿: ま〜く | 2009年11月15日 (日) 14:57

ご愁傷さまです。ち~ん。
無事にお帰りになることを祈ります。

投稿: Pumpkinface | 2009年11月15日 (日) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/46739138

この記事へのトラックバック一覧です: 767–300 窓の無い席:

« ネコカミ号の寿命について考える | トップページ | コトノコ2.0a9 »