« ユーロジン 2mg | トップページ | 変なフォルダができる »

2009年2月15日 (日)

VMware Fusion 2.0.2

VMware Fusion は,なかなかよいペースでアップデートされていて,えらい。

なにしろ human pillar ま~くなので,すぐにインストールする。 (VMware Tools がうまくアップデートできない場合は旧版を削除しろ,などの情報は示されていた。)

・ Windowsをシャットダウンして,Fusion をアップデート・インストール。
・ Windowsを起動すると「VMware Toolsが最新ではありません」の表示。
・ 「プログラムの追加と削除」 から 「VMware Tools」 を削除して,再起動。
・ 画面解像度が VGA になってしまったため,解像度を変更。
・ 2.0.2の VMware Tools をインストールして,再起動。

いまのところ問題無く動いています。

ただ,アクト・ツーから来たメールの 「 ● 本アップデータについて 」の中の

・ホストOSとしてMac OS X 10.5.6 に対応しました。

という記述がすこし謎。 Fusion  2.0.1 でも 10.5.6 でちゃんと動いてたけどね。 sweat01

(念のため) human pillar なんて表現はありません。

|

« ユーロジン 2mg | トップページ | 変なフォルダができる »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

Human sacrificeお疲れです。

私も10.5.6上で2.0.1が動いてました。
VMware Tools はなぜか勝手に更新されたもより。
よくわかりませんが、まともに動いています(ふりをしてます。)
ま、結果オーライです。

投稿: きく | 2009年2月15日 (日) 17:28

おっと、それから、クラシックMacOSエミュレータ、Sheepshaverも入れてみました。
MacOS X版を入れましたが、
かなーり間延びしたレスポンスしてます。
DT266+OS 10.3の仕事場のものより、
クラシックOSなのに遙かにのろい。
あ〜!歯がゆい。
アプリのテストはまだですが、
実用になるのだろうか。

Fusion上の窓の上で窓用羊の毛刈りを走らせたほうがよいかなあ。

投稿: きく | 2009年2月15日 (日) 17:37

クラシックぢゃないと使えないアプリって,まだあるのですか?( Mac使いでなかった人の素朴な疑問。)

投稿: ま~く酔 | 2009年2月15日 (日) 20:05

いや、使っているアプリがMacOS9対応なだけってことです。
買い直すと高い(ものもある)から。
それと膨大なデータがMacOS9上に残っていますから。
全部コンバートするのはちょっと無理かも。
必要時に必要なものだけするにもクラシック環境が動かないとね。

投稿: きく | 2009年2月15日 (日) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/44067159

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Fusion 2.0.2:

« ユーロジン 2mg | トップページ | 変なフォルダができる »