« Time Machine の動作が不安定 | トップページ | 阿字ヶ浦 »

2009年2月 2日 (月)

USB外付けHDDを GUIDにする方法

発見しました。(大げさ。)

ディスクユーティリティーの「パーティション」で 「ボリュームの方式」が「現在の設定」になっていると「オプション」が選択できない。

「現在の設定」は,現在既にそうなっている設定という過去完了的な意味らしい。「現在の設定」は変えられない(らしい)からだ。

「現在の設定」を「1パーティション」に変えると「オプション」から「GUIDパーティションテーブル」が選択できるようになる。

GUID を選択し,念のためもう一度消去( Windowsで言うフォーマット)した。 これで,外付けHDD が Mac OS 拡張フォーマットされ,GUIDパーティションテーブルを持つようになった。

フォーマットとパーティションテーブルを別々に選択できるようにする意味はあるのだろうか。 何かの互換性のために必要なのか。

とにかく判りにくいので何とかせい。 > Apple

これで Time Machine でのパックアップは初めからやり直し。

今回は Windows/VMware Fusion のスナップショット( Windowsのバックアップ)をひとつにしたのと,Xcode を削除したため,初回バックアップ量は 64.73GBで,かかった時間は 2時間と非常に早かった。

その後,新らしいスナップショットを取り,古いスナップショットを消して Time Machine でバックアップすると 32.1GB あった。

2回目のバックアップを終わり「Time Machine に入る」してみたら,ちゃんと 2回分のバックアップが見える ... と,当然思ったが初回バックアップ分しか見えない。 ファインダーからは見える。

なので,状況は変わらず。 なんでだあぁぁ! crying

|

« Time Machine の動作が不安定 | トップページ | 阿字ヶ浦 »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

フォーマットやり直しを薦めようと思っていたら、
GPTは自己解決しましたね。
GUIDはパーティションの切り方のところで現れてたのか。(納得するな!
HDDの最初のパーティションのみで選択できると予想。
FATみたいなものみたいですね。

バックアップファイルが一つしか見えないってどゆこと?
なんだか、タイムマシーンの動きが怪しいですね。
うぷでーとを待ってはどうでしょう?

別記事ですが、相変わらずラーメンおいしそうですなあ。
私も今度撮ってみよう。

投稿: きく | 2009年2月 2日 (月) 20:40

ラーメンは,ま~く酔の時に見るとタクシー呼んで食べに行きたいくらい食べたくなりますにゃ~。 罪作りにゃっ☆

投稿: ま~く酔 | 2009年2月 2日 (月) 22:20

別件ですが、
Fusion(Bootcampを利用)を起動すると、
Bootcampパーティションがアンマウントして消えちゃいます。
DiskUtilityでもマウント不能なんですよ。
パーティションをNTFSフォーマットしているせいなのか?
NTFS for Macを入れてるせいなのか?
謎だ。

LaCieの外付けHDDの中身を500GBに入れ替えたんですが、
USB接続が不安定な気がする。(保証切れは覚悟の上)
別のポータブルなHDDもUSB接続にはケーブルを選ぶし。
今ひとつ動作が不安定ですので、
次のバージョンアップを待つしかないですね。

Parallels v.4.0お試し版を入れてみましたが、
立ち上がりがかなり遅い。
Fusionのほうがよいかも。

そろそろカシミールを入れてみないといけないなあ。

投稿: きく | 2009年2月 9日 (月) 23:25

PCを使っていると,不思議なことが幾らでも起こりますよね。 解決しなければならない場合もあるし,焦らずに待つのが必要なこともある。 PC は修行ですにゃ。cat

カシミールは,GPSのUSBドライバーが入ってしまえば,問題無く動くのではないでしょうか。

投稿: ま~く | 2009年2月10日 (火) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/43933806

この記事へのトラックバック一覧です: USB外付けHDDを GUIDにする方法:

« Time Machine の動作が不安定 | トップページ | 阿字ヶ浦 »