« VMware Fusion 2.0.2 | トップページ | 北本の夕焼けなど »

2009年2月15日 (日)

変なフォルダができる

ちょうど Windows Update( 内容は .NET Framework 3.5 SP1 ) の直後に,VMware Fusion 2.0.2のアップデートをしたので,どっちが犯人なのか特定できないのだが,Windows を強く疑う。

ふと Windowsのフォルダ構成を見ると,英数文字で30桁くらい(バカらしいので正確には数えていない)のフォルダが3つできていた。

2つは消すことができた。

3つ目は中に20個以上のフォルダを持っており,その中のファイルが削除できない。

.NET Framework 3.5 SP1 を削除して再起動したが ×
VMware Fusion 2.0.2の VMware Tools を削除して再起動したが ×
Windows セーフモード コマンドプロンプトで起動して,コマンドラインから操作したが ×

コールドブートしてから,色々といじっていると,この削除できないフォルダがなんと移動できた sign02
移動は ファイルのコピー + 元ファイルの削除 という動作なので,削除できないファイルが移動できるはずがないのだが ...

移動したらあっさり削除できた。 punch

これが Windowsの凄さか。 FAT かなんか(Fusion上なので,どういうファイル管理になっているのかは知らない)がおかしくなっていたとしか思えない。 sweat01

|

« VMware Fusion 2.0.2 | トップページ | 北本の夕焼けなど »

マクブク日記」カテゴリの記事

コメント

私のFusionのうpだてではできてないので、
おそらく窓のうpだてだと思いまする。

投稿: きく | 2009年2月15日 (日) 17:30

でしょーね。 ま~くも犯人は Winだと思っていまふ。

投稿: ま~く酔 | 2009年2月15日 (日) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501616/44067884

この記事へのトラックバック一覧です: 変なフォルダができる:

« VMware Fusion 2.0.2 | トップページ | 北本の夕焼けなど »